ターンイン時のライダーのアクションには大別して、頭を中心とする頭脳系と、頭を振り子にする愚系とがあり、そしてそれぞれにバイク任せの依存系と、先導してバイクを誘う率先系とがあります。

安全な状態ではないという意味で骨頂的 少なくとも旋回中にアウト側の腕を伸ばしきっていたらGPまでたどり着けないでしょう。

 

頭脳系の場合はアクション中に脳(頭)を振り回すようなことは行いません。
より正確に状況を判断できるよう、必要なアクションに集中できるほうを選ぶからです。

その結果、例えばスラローム走行のような場面では、脳に対しての最小限な動きは上下運動となるでしょう。
当然、その状況における遠心力とか慣性とかの均斉や構造上の制限による追加アクションなどの必要な動きが加わります。

まとめると、
コーナーのターンイン時にライダーの頭の位置をバイクの中心からなるべく離れないように、また不要な動きがないようにと工夫したライディング。
これがハングオンです。

マルク・マルケスに代表されるような頭を大きくイン側に入れるライディングフォームにしても、実際にマシンのバンク角不足や、タイヤの都合による追加アクションが必要になるまでは、最小限のアクションにとどめ繊細なコントロールが行えるようにしていると見受けられます。2段階で行われています。
実際のターンインのアクションには依存系と、率先系とがあります。
率先系ではライダーが準備してから行う都合上、ターンイン自体はクイックに軽やかに行えるかもしれません。
ライダーの能力内で状況に合わせた操作を行えるのでライダーの腕の見せ所なのが特徴でもあります。
反面、スリップなどの有事にはかい離率が高そうなので、ハイサイド時には不利なのではないでしょうか。

依存系はその名の通りバイクに依存します。
バイク先導でライダーは乗っているだけな感じです。

同じ依存系でもバイクに対して操作が必要なタイプと、バイクが勝手に曲がってくれるタイプがあります
いわゆる見ただけで曲がる、勝手に曲がってくれるタイプは、
セッティングが出ていれば本当にそのままお任せで楽にライディングできることでしょう。
反面依存だけに頼っているとセッティングを外したら修正の余地が残されていないかもしれません。

重要なことはそれぞれの反応時間というか加速度というかタイミングというか、初動時期というかがそれぞれ違うということです。
同じような充て舵でもライダーの依存か率先化の体勢で挙動が大きく変わるということです。

ライダー自信で明確に区別し使い分ける必要があります。

それぞれマシンセッティングは異なるのでマッチングの問題も出てくるでしょう。

イメージとしてはHONDAが依存系のライディングを望み、YAMAHAは率先できるライダーを望んでいるような。

 

セッティングの状態をつかめず、使い方を間違えると歯車が合わないスパイラルに落ち込むので、どちらのライディングもできるようにしておくべきでしょう。

特に依存系のセッティングのバイクにおいては率先系のアクションは邪魔者でしかありません。

たとえば「足ぶら」は単に腰に荷重をのせるためのアクションととらえるとよいでしょう。
ステップに足を載せていると、シート加重も重心を下げることもできないと自らの非を認めてしまっている状態です。

ライダーが自力で「シートに荷重をのせる」ことができないので足をわざわざ外している、と言えます。

それよりも、そもそも、ステップから足を放したり乗せたりする時に、ハンドルに加えている不要な力の悪影響が心配です。

理由さえわかれば足をステップから外さなくてもできるでしょう。
加えて、依存するか率先するかは、ライディングの完成度のほかに、再現性や、疲労の問題など、運用面についても十分考慮して採択すると、より効果的になるでしょう。

 

 

93marquez_gp_9872_slideshow

 

頭を振り子のようにしてのライディングはお勧めしません。

理由は安全面で分が悪そうだからです。

ナノで特に説明は省きます。

ただしそのメリットデメリットを十分理解したうえで武器として使う分には仕方がないでしょう。

 

 

さてどうやるかはともかくせっかくの日本GP!依存系と率先系の見分け方です。

前回のページでも触れましたが、依存系は、ブレーキングからターンインが蛙のつぶれた感じです。

どちらかというとダート育ち系でしょうか。

率先系は、ブレーキングからターンインで足回りとかに硬直が見られるカマキリな感じです。

こちらはミニバイク系でしょうか。

 

では

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 違いの分かる男 微妙なセッティングの違いがわかる場面には2種類あったりします。 行なったセッ…
  2. 目線に学ぶ ジムカーナ>目線 (二輪限定) 目線に学ぶ ジムカーナにおける「目線」はとても特徴的…
  3. おぬしもワルよの~
    トップライダーたちが「あり得ない行為」だという。 マルケスのように様々な攻撃パターンを持っている経…
  4. 例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。見…
  5. 小林可夢偉のオーバーテイクだけがなぜ目立つのでしょうか?今時は「誰が乗ってもクルマなりのタイムしか出…
  6. 一輪車に乗れない方はセグウェイに乗ってみることをお勧めします。 セグウェイには左右の二輪構成な…

ハングオン, 二輪ネタ

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »