何のことはない、昨今はコーナリング中の転倒はフロントゴケだけ想定していればよいらしい。
リアのスライドは、最適なスリップ率に正確にコントロールされているらしいからです。

であれば転倒時のダメージを考慮したなら、上半身は限りなく地面に近づけておくのが得策でしょう。
それらのフォームは単なる転倒対策のようにも取れます。

リアタイヤのスリップ率のみならず前輪との中心軸のズレまで考慮して制御できているのでしたら、未だ使いきっているとは思えないリアタイヤにもっとトラクションを掛けるべく、
後乗りしたほうがより高次元な領域に踏み入れるということでしょう。

しかし

リアタイヤをコントロール下に置くためにはアクセルオンが望ましいので、逆にリアのトラクションが十分ではないうちからスライドさせるお手軽なライディングにはしっているのでしょう。転ばないし。

加えて膝擦りはともかくとして、ひじ擦りはスリップダウンしかかりの時にフロントタイヤを強制的に切り込ませる効果があります。
そのうちだれか(多分マルケスですが)が肘擦りでリカバリ―する場面が見れると思います。

膝はというと・・ここまでバンクしているとどうでしょう? 昔見たくバイクが起き上がるわけでもなく、トラクションが抜けていくだけで・・(積極的に使えるかどうかの知見不足でわかりません)。

彼らに対しバンク角がすごいといわれていますが、逆に40度ぐらいでスライドさせるほうがはるかに難しい気がしたりします。
彼らのすごいところは別のところに山ほどあります。

 

そんなわけで、あくまでコーナリング最速のロレンソに一票!

そして後乗りをやりやすい、デッカイ人達に一票!

次元はまだまだ上げられるでしょう。

c91b1b3005

99lorenzo__gp_2779_slideshow

 

93marquez__gp_4018_slideshow

 

rm-k-b52-5

E38389E382A5E383BCE3838FE383B3

 

次回あたりに、ぜひとも取り入れてほしい、ドゥーハンのリアブレーキ乗りを紹介の予定

 


もおひとつ

隙間があると入られてしまいまうs

隙間があると入られてしまいます

 

インディアナポリス決勝のロッシのタイヤ痕(ライダーはこの中に入っていません!)

インディアナポリス決勝のロッシのタイヤ痕

 

なんにせよ、マルケスのライディングは百戦錬磨的ですね。

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3
    ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3 陸上ハイジャンプ? ハイサイドは陸上のハイジャン…
  2. ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) 
    ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) ライダーを守るのがチームの役割です(その2) この記事は…
  3. YAMAHAはHONDAに比べ、トリガーに加重をより必要としているのではないでしょうか?効率のよいト…
  4. レースは慣性と戦う競技ともいえます。 慣性に逆らうだけでなく、利用したものが勝利します。 慣…
  5. 感覚と実際のずれは、認識することと、調整することが重要です。 旋回中、自分がどこにいて、どちらを向い…
  6. 形状や構造が違うのではなく単純にタイヤのコンパウンドがソフトとハードでの違いを考えてみましょう …

コーナリング

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »