コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。

ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。
そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、後悔(反省)して思いつくことはたいして役に立たないばかりか、その思いつきが脳に蓄積される分、正しいイメージがわかなくなると思います。

必要なことはイメージを完遂してその結果を正しく脳に記憶することだと思います。
4輪の場合のハンドル(ステアリング)でいえばイメージ通りに操作して微調整はしないってことです。

(続き必要ですか?)

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. コーナリング中にステアリン操作ではなくアクセル操作でライントレースを行うことがあります。 これを「…
  2. 形状や構造が違うのではなく単純にタイヤのコンパウンドがソフトとハードでの違いを考えてみましょう …
  3. 時速340Kmで走行中は0.1秒で9.5mも進んでしまいます。 まばたき一…
  4. 上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方
    上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方 街乗りを想定するとなかなか書きにくいので別投稿で補足しま…
  5. もし速く走るための練習中にインに張り付いたらそれは練習失敗です。そこのポイントにたどり着く前の、走り…
  6. 違いの分かる男 微妙なセッティングの違いがわかる場面には2種類あったりします。 行なったセッ…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »