コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。

ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。
そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、後悔(反省)して思いつくことはたいして役に立たないばかりか、その思いつきが脳に蓄積される分、正しいイメージがわかなくなると思います。

必要なことはイメージを完遂してその結果を正しく脳に記憶することだと思います。
4輪の場合のハンドル(ステアリング)でいえばイメージ通りに操作して微調整はしないってことです。

(続き必要ですか?)


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ジムカーナはバイクの基礎練習にすごく適していると思うので万人にお勧めします。 ジムカーナそのも…
  2. アイルトン・セナ走法【あいるとんせなそうほう】 四輪レースにおいて、マシンと肉体の弱点を補い最大限…
  3. セッティングとライディング(マルケスのアプローチ)
    マルク・マルケスはいつだってアグレッシブな走りをしているわけではありません。 彼はアグレッシブ…
  4. バイクライディングの基本の基ネタをしばらく投稿します。 いままで、1年間に…
  5. 理想のラインを理想的にトレースしている時はこんな感じです。 ・視線でラインをトレースします…
  6. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »