コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。

ほとんどの人が何らかのイメージをもとにアクションを起こしていると思います。
そのアクションは最後まで完遂すべきで途中で修正すると正しい結果が見えなくなるし、後悔(反省)して思いつくことはたいして役に立たないばかりか、その思いつきが脳に蓄積される分、正しいイメージがわかなくなると思います。

必要なことはイメージを完遂してその結果を正しく脳に記憶することだと思います。
4輪の場合のハンドル(ステアリング)でいえばイメージ通りに操作して微調整はしないってことです。

(続き必要ですか?)

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. とうとう片足だらりではなく、両足だらりで結果を出す選手が現れてしまいました(スーパースポーツ世界選手…
  2. 身長がある方は「ケビン・シュワンツ」乗りでもよいが、身長に難がある場合は「ランディー・マモラ」乗りと…
  3. 周回数の間違えさせ方ライダーに優勝したと思わせガッツポーズをさせるが、実際にはレース途中のため恥と落…
  4. ノリックといえばダートラ乗りです。見た目の特徴は、コーナリング中前乗りで上半身が起きていることです。…
  5. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  6. ハンドルの開き角とライダーの言い分
    ハンドルの開き角とライダーの言い分 ハンドルのセッティングによりライディングフォームに、ポテンシャ…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »