まっすぐ走ることがテクニックだとしたら、疲労とともにテクニックは落ちていきます。
長い直線を、一発でステアリングを微動だにせず走れる人でも、疲労とともにそれが怪しくなってきます。
コーナリングもそうです。だんだんふらふらしてきます。
ぜひ疲労度チェックがてら試してみてください、一般道で十分確認できます。
高い次元で走れている人こそ分かりやすいと思います。

集中力をあげると何とかなりそうですが、消費する集中力の割に効果はいまいちな気がしました。

このことから分かるのは、疲れている時には自身のポテンシャルは発揮できていないし、練習にもならないことです。

上述のステアリング操作がふらふらしてくるのは、体力的な疲労ではなく脳の疲労です。
脳が判断力の低下や、必要な情報を収集しきれなくなってくるからです。

疲労もそうですが配分も重要です。
レースでたとえますと、
国際レベルの方は、1時間程度は普通に持たせられる体力(配分)が備わっているので、スプリントはもちろん耐久レースでもスプリント並みのペースで走れてしまいます。
私はローカルレベルな人間なので20分しか持ちませんでした。
なので耐久レースでは途中で転倒します。(悲しいかな100%に近い)
違いは歴然です。
鈴鹿でミック・ドゥーハンに中指突き立てられるのも当然です。

実践で鍛えている一流の人と、そうでない人とは脳力が天と地ほど違います。

そこで、
疲れない体力と脳を作るのもよいですが、目を疲れさせないことがテクニックの質を保てることになります。

目を疲れさせない練習(方法)にも気を使っていきましょう。
方法は後々・・

では・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. リーンアウトの仕方 見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト いわゆるリ…
  2. ツインリンクもてぎのwebサイトの観方 ツインリンクもてぎの公式webサイト(公式名称:モビリティ…
  3. マルク・マルケスのコーナリングのポジション移動は、一つ前のコーナーを回り切る前に完了しています。 …
  4. ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。オートバイの醍醐味は、バランス…
  5. イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ)
    前回の続きです。 イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ) もしも、自…
  6. もともとは四輪のドライビングねたなので広く誰でも、と思っていましたが、やはり内容がピンポイントすぎる…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »