引き続きライントレースの前にする練習です。

スピードコントロールの練習です。

コース図を見て「よしっこのラインで行くぞ」と決めたとして、そのライントレースに必要なのはスピードコントロールです。
レースの場合はどのくらい速く走れるかが重要です。
また、安定して走れないとトレースどころか危険行為になってしまいます。

では、スピードコントロールの練習をしてみましょう。

一般道の直線で十分です。

まずは惰性で走り、設定地点で止まる練習。
まずは同じ条件で出来るように、次に、坂道でも空気圧が変わっても、車を乗り換えてもある程度の精度で出来るようにします。
うまくいかなかったら繰り返し練習し、体に覚えさせます。
コーナリング中も同様ですが、この路面抵抗による減速を頭に入れておかないと、減速しすぎることになります。

次からは止まらないので一般道でも高速道路でも出来ます。
走っている車に追いつき、同じスピードで走る練習。
段々追いつく練習、直前で同じスピードにする練習。

逆に走っている車に減速して追いつき同じスピードで走る練習。
これもフルブレーキングによる減速と、アクセルオフだけの減速とかパターンをこなしてください。
この練習はコーナ侵入時のアプローチの減速の練習と同じです。
ただし設定スピードが「自分で好きに決めたスピード」でない分、密度の濃い練習になります。

上記が出来たら今度は対象の車と同じスピードになるまで何秒かかるかを当てる練習。
これはレースで追い上げているときに何ラップめで追いつくかを感じ取るのに必要です。

さあ、やってみましょう。

これが身に付くとターンインのポイントでの、スピード調整が正確になります。
一般的にはスピードの落としすぎが多く、これは低速コーナーでは致命的なタイムロスになります。
さらにコーナリング中に、「減速しているのに気がつかない」という安心指向のさぼり気味の脳や、「加速していないのに加速している」という恐怖感からくる幻覚?から逃れられるかも、です。

次はいよいよ曲がります。。。

では・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 膝擦り走法のついでに、 かの有名な、マルケスの転倒にいたらなかった走法、ITATAWAによるとダル…
  2. ニッキー・ヘイデン by hiroの部屋
    リーンウィズとハングオフとリーンアウトの転倒率 転倒した理由がわからない 良く聞く言葉ですね。 …
  3. ノリックといえばダートラ乗りです。見た目の特徴は、コーナリング中前乗りで上半身が起きていることです。…
  4. Honda Collection Hallの閲覧室 もてぎで読書 ライディングテ…
  5. 真相が定かでない時の裁定について RR>ファイト
    真相が定かでない時の裁定について 大岡裁きとは 運営側はバランスの取れた、現状に即した最適な裁定…
  6. 進入時のテールスライドが必要な理由 その5 最速のトド復活
    進入時のテールスライドが必要な理由 その5 進入スライドの利点 進入スライドは見た目の派手さだけ…

テクニック, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »