自身のライディングの参考としたい場合、以下の場面のライディングはどうとらえるべきでしょう?

 

右手首、左手首の角度や右肩の状態からしてこのライダーはステアリングを右側にプッシュしているでしょう(充て舵)※1。

この状態を称して「このライダーは充て舵をして、よりクイックに曲がろうとしている」とよく解説されます。

トップライダー自身もそのようなコメントをしたりします。

しかし実際にやってみると(もしも正しく舵角、充て舵をしたら)、それは逆効果であることが判明します。

四輪ならいざ知らず、
二輪では旋回方向にステアリングを切ることは、長期的に見ると肝心の旋回力が失われてしまうことになるからです。

 

写真のライダー(バレンティーノ・ロッシ)の、自身のライディングの役に立つような解釈としては、次のような感じです。

・あわよくばもっと旋回してほしい

・さらに旋回させるためにステアリングを外側に切る(正しい意味の充て舵)勇気はない

。外乱によりマシンの挙動が乱れるときは、スリップダウンよりはマシンが起き上がるほうがよい

・リアに比べ、フロントが倒れようとしているように感じる

 

これは、必ず、より曲がれるわけではないということを表しています。

あくまで希望としてとらえるとよいということです。

 

では、このように思った時の表れ(アクション)としてみてみましょう。

 

この時の両腕は、左回転方向にはステアリングダンパーとして、右回転方向にはステアリングスプリング(引っ張ってますが)として機能しているとみるべきです。

たとえ本人が本当に切り続けようと思ったとしても実際にはステアリングを切り続けることはできないので、上記のような感じでしょう。

 

解釈の響きはあまりよくありませんが、効果は絶大です。

通常は、フロントタイヤがいったん切れ込んだらバランスをとるために逆方向に戻ります。

この戻るときの挙動を抑えるのです。

利点としては一発ドカンとくるのではなく細かく振れているので、様子を見ながら調整することができるということです。

 

そうして、
もしも、マシンがもっと旋回したいと欲していた時であれば、
めでたくより旋回することができベストな操作、ライディングとなるでしょう。

そうではなかったとしたら、
何事も起きない場合もあれば、たちが強くなったり、若干スライドしたりとかしたりとかの挙動になって表れることでしょう。

状況次第ではグリップの限界を割と安全に探ることもできたりします。

ともあれ、どのような状態であれステアリングは常に細かく左右に振れていると考えておいた方がよいでしょう。

 

 

総じて、
これらはマシンのセッティングに加えて、ライダーが若干の補正を行った状態といえるのではないでしょうか。※2

正しくセッティングできていたら、どこにも余計な力をくわえていない、
タイヤにも体にも優しいニュートラルなフォームに落ち着くことでしょう。

ただし逆のフォームをダメとは言っておりません。

セッティングが必ずすべてのコース、コーナーに合うとは限らないですし。

 

ステアリングが切れ込みすぎて素早くバンキングできない時には両腕の力加減は逆になります。

わかりやすい例ではリーンアウト系のフォーム(の時)のライダー、(たとえばノリック乗り)がよくそういう状態になっていると思われます。

マシンの自然な挙動を待つのではなく、自身のタイミングで素早く倒しこみたいときには、アウト側の腕でステアリングを引く感じになります。

通常の充て舵とは異なり引き続けるのが特徴です。

 

しかし、この場面が旋回中ではなく、バンキングの途中の場面だとしたら、

素早いバンキングに追随できないステアリングに対して、加勢をしている状態になります。

これはまさしくステアリングを切ろうとしていることになります。

この場合は想定したバンク角になったら、腕のアクションは一旦解除されるでしょう。

 

この「素早いバンキング」を邪魔しているのが、前回触れた「ステアリングダンパー」です。

ステアリングダンパーは、バンキングそのものに多大な影響を及ぼしているといえます。

そして問題は、ステアリングダンパー自体は主にストレートや、緊急時の安全装置のようなもので、バンキング専用ではないことです。※3

そのセッティングは、ストレートでの状態如何でレース半ばでも変更することがあるということです。

バンキングのセッティングの一部として見積もるのは、あまりよろしくないということが言えると思います。

なので、前回の、じゃあどうすれば? の回答は、「できる限りやわらかくする」が最適解だと思われます。

ことレースにおいての役割は共振防止に尽きると思われ、共振ポイントをずらすためには固い方に振りたくなるところですが……

乗り心地よりタイム優先で……

ちなみに、フロントが暴れた時には、上から押さえてしまうのが常でしょうが、結構手首を痛めることが多いです。

体に優しい「引っ張り癖」を検討してみてはどうでしょうか。

 

とにかく、ライダーは体をフルに使ってライディングしています。
そしてその時々のアクションによって、サスペンションとかダンパーとか荷重とか馬力とかに置き換えて考える必要がありそうですね。

 

サスといえば。

某オーリンズのHPを拝見して……街中でのステアリングダンパーについて、微妙に消極的だったので一言。

 

クイックなマシンにステアリングダンパーをつけると穏やかな特性になります。

そもそも暴れないし、倒し込みもゆっくりでよくなります。

オートバイは「アンダー気味のセッティングを力ずくで曲がる」くらいが一番安全・安心なような気がします。

対して装着していないライダーではクイックな挙動に対し、
フロントを腕で抑え込むような、カチコチなライディングに陥りやすいような気がします。

もしも、通常な路面でも、コーナリング中ふわふわして怖いと感じている場合には効果があるかもしれません。

いかんせん高価なので装着するのではなく、マシン自体のクイックさを控えてセッティング的に乗りやすくする方がおすすめです。

しかし、今はどうだか知りませんが一昔前の、全開走行するとフレームがしなりストレートでハイサイドしてしまうようなマシンには、必須のパーツですね。

 

もしも購入するのならビギニング特製のよいものを選ぶことと、ネットではなくメンテナンスのできるショップやサービスを見つけてそこで購入するとよいでしょう。

ハズレや粗悪品やエアーの混入したステダンは目も当てられません。

 

 

ということで、トップライダーは押したり引いたりパーシャルだったり、適材適所で使い分けているということで。

一枚の写真でそのライダーやマシンの特徴を、判断するのは失礼だったりします。

全部のコース、コーナーで、充て舵していたら、「セッティングが出ていないか、そういう特徴のライダー」といえるかもしれませんが。

 

 

以上

旋回中の腕(充て舵) RR > セッティング

でした。

結果は同じでも正しく認識、あるいは前向きな解釈することで、応用時には雲泥の差が出ることがあります。

 

 

次回はステアリングダンパーがもっとも邪魔くさい、「切り返し時」の腕について

 

OHLINS(オーリンズ) ステアリングダンパーキット ストローク63mm YZF-R6(03-05) SD163

新品価格
¥85,320から
(2017/7/7 18:04時点)


 

 

※1
左腕で押して、右腕で引いています。そして空間的な理由により右腕を引くために右肩を前方に突き出すような感じになっています。

※2
これを極めると、四輪でいうところの「ソーイング」だったり「ハンドルを切らずに曲がる」に発展したりします。

※3
電子制御じゃない場合の話です

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. マルケスの憂鬱(チームのふがいなさ)
    マルケスの憂鬱(チームのふがいなさ) だれが悪者 歴史的な年にケチをつけてしまったことはロッシに…
  2. 外足荷重のその瞬間(正しい外足荷重の解釈)
    外足荷重のその瞬間(正しい外足荷重の解釈) 外足荷重という言葉を避けているわけ このサイトでは外…
  3. イメージトレーニングがもてはやされていますが逆効果という結果も報告されだしてます。 イメージトレー…
  4. トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱)
    トラクションと逆操舵と順操舵(マルケスの憂鬱) トラクション抜け イケイケの時のライダーのアクシ…
  5. 同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステ…
  6. 二輪のレース関係者は以下のように定義すると用語の実用性が上がります。 すりっぷ【スリップ】 …

コーナリング, セッティング, ロードレース, 二輪ネタ, 基本の基

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »