コーナリングアプローチについてです。
鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた)

とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが
翌年のF1ドライバーは皆、フロントタイヤの美しくない角度と引き換えに、同じようなアプローチができるようになりました。
テクニックが不要になりました。さすがテレメトリーというか、お金というか。
シューマッハが復帰したときに負けたのは、盗まれた自分のテクニックでした。

このアプローチを普通の自家用車で体得しましょう。
四輪は割と簡単に体感できますし、二輪でうまく行ったときの角速度と安定性は驚くはずです。

キーワードは「抜重」です。
わかりますか?
ちなみにキース・コードいわくの「逆にハンドル(ステアリング)を切る」、は最近の高次元な世界ではタイムロスなのと、アクションが大きくなり、不安定なので四輪ではNGかな。

続く・・

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 半眼を学ぶ
    はんがん【半眼】 外界からの情報を少なくすることで脳の能力を視界以外に回せる。 また視線が特定の…
  2. アウト・アウト・アウトを見直す(ミドル・ミドル・ミドルの勧め)
    アウト・アウト・アウトを見直す 世の中アウト・イン・アウトが全てじゃありません。 仮にアウト…
  3. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…
  4. バイクが旋回してくれない時にすることの考察バイクが旋回してくれない時にライダーが行っていることを考察…
  5. 基本の基:キース・コード的>抜重 プロになるためには、勝つためのテクニックはもちろん手に入れる…
  6. レース後の会見で、「セッティングがうまく行かなかった」とよく聞きます。 この発言で誰が幸せになるで…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »