コーナリングアプローチについてです。
鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた)

とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが
翌年のF1ドライバーは皆、フロントタイヤの美しくない角度と引き換えに、同じようなアプローチができるようになりました。
テクニックが不要になりました。さすがテレメトリーというか、お金というか。
シューマッハが復帰したときに負けたのは、盗まれた自分のテクニックでした。

このアプローチを普通の自家用車で体得しましょう。
四輪は割と簡単に体感できますし、二輪でうまく行ったときの角速度と安定性は驚くはずです。

キーワードは「抜重」です。
わかりますか?
ちなみにキース・コードいわくの「逆にハンドル(ステアリング)を切る」、は最近の高次元な世界ではタイムロスなのと、アクションが大きくなり、不安定なので四輪ではNGかな。

続く・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 前回の記事が片手落ちなので補足します。 前回の補足 補足するのは、以前の走法はどうだったのか? …
  2. 新ハイスピード・ドライビング ポール フレール (著), Paul Frere (原著), 小林…
  3. コースや状況に合わせて、まずはタイヤが最適な状態になるようにバンク角を適切なところに合わせ、ライダー…
  4. 同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステ…
  5. トップライダーたちは「絶妙なバランス感覚で暴れるマシンを押さえつけて神業的なハンドル操作を加えている…
  6. カメラとレンズの接触不良です レンズの接点を清掃してください
    一眼レフカメラのレンズエラー99の一時的回避方法 最近のカメラは精密機器なので、故障時には直すとい…

コーナリング, テクニック, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »