コーナリングアプローチについてです。
鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた)

とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが
翌年のF1ドライバーは皆、フロントタイヤの美しくない角度と引き換えに、同じようなアプローチができるようになりました。
テクニックが不要になりました。さすがテレメトリーというか、お金というか。
シューマッハが復帰したときに負けたのは、盗まれた自分のテクニックでした。

このアプローチを普通の自家用車で体得しましょう。
四輪は割と簡単に体感できますし、二輪でうまく行ったときの角速度と安定性は驚くはずです。

キーワードは「抜重」です。
わかりますか?
ちなみにキース・コードいわくの「逆にハンドル(ステアリング)を切る」、は最近の高次元な世界ではタイムロスなのと、アクションが大きくなり、不安定なので四輪ではNGかな。

続く・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. とりあえずセナ足をやってみると、その反動というか結果がステアリングにも表れてきます。これを打ち消すか…
  2. ここでは普通のブレーキングではなくフルブレーキの仕方・効果について紹介します。 フルブレーキを…
  3. 10月3日に開催された<2014 筑波ロードレース選手権シリーズ第4戦>を観戦してきました。 …
  4. 接近することがポイント
    レースにたらればはない よく聞く言葉ですが、使い場所が違います。 結果は結果…
  5. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…
  6. 「理想的なセッティング」は各々定めたリソースを最大限活用している(した)状態のことだとして。 低次…

コーナリング, テクニック, 基礎, 応用

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »