「スペンサー乗り風」 #3(RR>ハングオン>倒し込み)

「スペンサー乗り風」 #3(RR>ハングオン>倒し込み)

切り返しから学ぶ

切り返しの練習からコツをつかみましょう。

目的は、切り返し自体を素早く行えるようになることと、
固いリアサスと柔らかいフロントサスのメリットを感じ取ること、
なぜスペンサーがそうしたかを感じ取ること、です。

とりあえず、前後のリアサスのダンパーなりイニシャルなりを適当に変更して違いを感じましょう。

固いリアサスのメリットは、パワーの伝達スピードが速いのと、リアの車高を低くできれば切り返し時の角速度が速くできることです。

ともに前々回に練習した、アプローチから抜重して着地するまでの時間をバンキングに割り当てて、有効に使えるようにするために効果があります。

この確保した短い時間内にバンキングを終わらせることがスペンサー乗り風の成功の秘訣です。
間に合わないと、それはつけとなって現れ、たいへん低レベルなバンキングになってしまいます。

いったん素早い切り返しができるようになると、前乗りの時でも、サスが伸びていたとしても、
素早い切り返しができるようになったり、セッティングを変更する指針になったりします。

とはいえバンキングは、ライダーの腕やフロント周りの状態でも角速度は変わってしまいます。
とりあえずここでは、リアのサスのセッティングにより、バンキングの角速度が変わることを感じ取ってください。

柔らかいフロントサス

次にフロントはというと、ここではフロントサスは固さではなく柔らかさを選んでみます。
柔らかいことのデメリットにフルボトムしたり伸びきったりしてしまうことがありますが、
伸びきってしまい切り返しのスピードが遅くなるように思えても、ライダーのコントロール範疇なので問題ないでしょう。
それよりも、状態を把握しやすいことと、物理的な安全と、精神的な安全性を得られるメリットを優先します。

フロントサスの状態を、次のような感じで切り返しを行ってみてください。

まず旋回中のフロントサスはともかく、
切り返し直前のフロントサスをフルボトムさせます。
手段は、アクセルでも、ブレーキでも、当て舵でも、加重でも何でもよいです。
そして、フルボトムさせながら切り返しを始めます。
ここでは直立したときに一度止める二段式ではなく、一気に切り返します。
切り返し中のフロントサスは、少なくとも直立地点を超えるまではフルボトムをキープさせます。

直立地点を超えた後に、フロントサスが伸び上がるようなアクションのバリエーションをたくさん蓄えます。
手段は、ブレーキリリース、アクセルオンオフ、単純に素早い切り返し角速度による遠心力、同様の慣性力、当て舵など様々な方法をお試しください。

この時の注意点はフロントを路面から離れないようにすることです。

そして旋回方向への向心力や、ポジション的な感覚や、フロント周りを柔らかくすることや、ライダーが柔らかくなることや、当て舵の必要性などに注目してみましょう。

フロントタイヤの取り扱いに慣れてくると、切り返しのスピードを上げて反対側への着地が乱れても、何とか収束できるようになります。
反対側に切り返しが終了した時の体勢に幅が持てるようになり、フロントの状態を気にせず切り返しスピードに専念することができるようになります。
言い換えるとと、以前より素早い切り返しができるようになります。
さらにいうと、それは比較すると安全であるといえると思います。

ここまでやってからフロントをガチガチにすると、同じスピードでの切り返しが不安定になることがあります。
切り返し終了後の体勢の乱れや、スリップダウンの恐怖心などが増したりするからでしょう。

全日本選手権A-125で、無敵を誇ったマシン。フロントにダブルプロリンクを装着し、完成の域に達した。('81年全日本選手権第8戦 北海道優勝車 No.2 東福寺保雄)

全日本選手権A-125で、無敵を誇ったマシン。フロントにダブルプロリンクを装着し、完成の域に達した。(’81年全日本選手権第8戦 北海道優勝車 No.2 東福寺保雄)

フロントサスを柔らかい状態で、さらに次の段階の練習をします。

それは切り返しの終了間際に、いろいろなタイミングでアクセルをガツンと開けてみるのです。
開け方は、状況や、エンジン特性次第なので具体的には言えません。いろいろ、やってみてください。

ベストなタイミングでは、回頭性が増し、一気に真横を向くような感じになるときがあります。
そしてもちろん、一番のメリットは前進することです。

ついでに、左右での自身のテクニックの差と、精神的な得手不得手と、実際の得手不得手を分析しておくと後で役に立ちます。

切り返しはこんな感じでいろいろ習得しておきます。

次回は、まとめてみましょう。

マジでリアはカーボンサスペンションのほうが動力性能よさそうですが…・・・

マジでリアはカーボンサスペンションのほうが動力性能よさそうですが…・・・

 

以上

「スペンサー乗り風」 #3(RR>ハングオン>倒し込み)

でした。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. イエローカードの憂鬱(トライアル世界選手権)
    イエローカードの憂鬱(トライアル競技) 鈴鹿の全日本ロードレース選手権ではなく、もてぎの2016 …
  2. ハングオンは、実はほかのどの乗り方やフォームよりも、安全性が高く、無駄なアクションも少なく、路面やバ…
  3. 何のことはない、昨今はコーナリング中の転倒はフロントゴケだけ想定していればよいらしい。 リアのスラ…
  4. サスセッティングは難解か? ビニャーレスはそれほど偉いわけじゃないとおもいます。 …
  5. ジムカーナはバイクの基礎練習にすごく適していると思うので万人にお勧めします。 ジムカーナそのも…
  6. マシンセッティングのためのステアリング操作一覧 マシンセッティングを行う上で欠かせないことに、ライ…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »