少なくとも「ライントレースの練習」中は、自分で走りやすいラインを考えて作るのはやめましょう。
なぜかというと「楽ができる」から、練習にならないのです。

コーナリングは、上達すればすればするほど楽になってきます。
ちょっとしたラインの違いで雲泥の差が生まれ、
初心者に比べると明らかにそれは「ちょっと切って適当に戻す」という感じになってきます。
スプーンなどの複合だろうが、ヘアピンだろうが皆同様です。
それがドライビングテクニックということなのかもしれませんがここでは発揮しないでください。

なのであえて練習中はそのコーナー(ゾーン)で、走りにくても決められたライン(たとえば車線の真ん中)を通るようにしましょう。
練習していること以外にも、忘れていた、あるいは新たな発見などがあるかもしれません。

では・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ラインをトレースする練習法が他で山のように紹介されています。 それぞれ上達するようにと様々なアプロ…
  2. 違いの分かる男 微妙なセッティングの違いがわかる場面には2種類あったりします。 行なったセッ…
  3. ブレーキング時のバイクの挙動が、ライディングフォームに及ぼす影響は大きいと思います。 同様に、ブレ…
  4. MotoGPではブレーキディスクの素材にカーボンが認められています。※ 大変手間もかかり1枚作…
  5. 少しでも優位に立ちたかったら自分の視界の周りには余計なものを置かず、ライバルの視界には余計なものを置…
  6. ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2
    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2 ライディングの極意 前置…

コーナリング, テクニック, メンタル, ライン, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »