少なくとも「ライントレースの練習」中は、自分で走りやすいラインを考えて作るのはやめましょう。
なぜかというと「楽ができる」から、練習にならないのです。

コーナリングは、上達すればすればするほど楽になってきます。
ちょっとしたラインの違いで雲泥の差が生まれ、
初心者に比べると明らかにそれは「ちょっと切って適当に戻す」という感じになってきます。
スプーンなどの複合だろうが、ヘアピンだろうが皆同様です。
それがドライビングテクニックということなのかもしれませんがここでは発揮しないでください。

なのであえて練習中はそのコーナー(ゾーン)で、走りにくても決められたライン(たとえば車線の真ん中)を通るようにしましょう。
練習していること以外にも、忘れていた、あるいは新たな発見などがあるかもしれません。

では・・


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3
    ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3 陸上ハイジャンプ? ハイサイドは陸上のハイジャン…
  2. カメラとレンズの接触不良です レンズの接点を清掃してください
    一眼レフカメラのレンズエラー99の一時的回避方法 最近のカメラは精密機器なので、故障時には直すとい…
  3. ロードレースにおけるハングオンは実はブレーキングのためにあります。 どこがって、唯一ブレーキン…
  4. 目で入った情報に脳が応え手足に伝える。 これしかないと思います。※ ここでコントロール項目と…
  5. 前回の記事が片手落ちなので補足します。 前回の補足 補足するのは、以前の走法はどうだったのか? …
  6. いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け
    いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け最初からそういうレギュレーションにしておけば一連のトラブル…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »