少なくとも「ライントレースの練習」中は、自分で走りやすいラインを考えて作るのはやめましょう。
なぜかというと「楽ができる」から、練習にならないのです。

コーナリングは、上達すればすればするほど楽になってきます。
ちょっとしたラインの違いで雲泥の差が生まれ、
初心者に比べると明らかにそれは「ちょっと切って適当に戻す」という感じになってきます。
スプーンなどの複合だろうが、ヘアピンだろうが皆同様です。
それがドライビングテクニックということなのかもしれませんがここでは発揮しないでください。

なのであえて練習中はそのコーナー(ゾーン)で、走りにくても決められたライン(たとえば車線の真ん中)を通るようにしましょう。
練習していること以外にも、忘れていた、あるいは新たな発見などがあるかもしれません。

では・・

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 誰もセナを超えようと思わないのか? セナには成れなくとも、セナを超えることは可能です。 …
  2. マシンセッティングのためのステアリング操作一覧 マシンセッティングを行う上で欠かせないことに、ライ…
  3. MotoGPの決勝ライブを日テレG+で無料放送
    ライダーの為 vs. レースの為 vs. 誰かの為 2016年ロードレース世界選手権MotoGP開…
  4. ハングオフからハングオンへ 一周回ってスペンサー ハングオフからハングオンへ 時代は移り変わり、…
  5. 基礎を学ぶには4輪がお勧めです。 2輪は未知な部分が多く相手にも自分にも納得のいくインプットが…
  6. ライダーのセッティングノウハウについて タイトルからして想像がつくと思いますが、例えトップライダー…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »