前回までの練習に加え、道なりに合わせスロットル(アクセル)を開け閉めしましょう。
普通の道を、普通に走る感じです。
ブレーキは出来れば使わないでやってみましょう(もちろん使ってもよいです)。

ラインの半径に見合ったスピードで走る、という目的のほかに減速とステアリングの切り込み、加速とステアリングの戻し、についての関係を体にしみこませたいところです。
減速と慣性による切り込みの時間差、スロットルオンとエンジンレスポンスとの時間差、その他いろいろ時間的なもの、慣性的なものなど複数の項目について、低次元な環境で十分感じとり、高次元な環境でのベースにしましょう。

この練習でヒールアンドトゥの必要性があるなあ、と感じてくれたらこちらの思惑通りなのですが……

 

adrenaline_junkie

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 優れたライディングはたいてい美しい。 したがって昨今流行の足ぶらライディングは…
  2. ステップワークを行うための準備、それこそがライディングテクニックです。オートバイの醍醐味は、バランス…
  3. 峠の下りコーナーで曲がりきれなさそうでヒヤリとしたライダーに朗報です。 ダートトラックのブレー…
  4. 誰もセナを超えようと思わないのか? セナには成れなくとも、セナを超えることは可能です。 …
  5. 今年のF1日本グランプリの放送予定 今年から身銭を切れない人を打ち切ったF1ですが、さすがに母国グ…
  6. リアルに勝ちたい人はご一読ください。 見慣れた光景のテールトゥノーズの接近戦、抜く気がないのなら良…

コーナリング, テクニック, メンタル, ライン, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »