前回までの練習に加え、道なりに合わせスロットル(アクセル)を開け閉めしましょう。
普通の道を、普通に走る感じです。
ブレーキは出来れば使わないでやってみましょう(もちろん使ってもよいです)。

ラインの半径に見合ったスピードで走る、という目的のほかに減速とステアリングの切り込み、加速とステアリングの戻し、についての関係を体にしみこませたいところです。
減速と慣性による切り込みの時間差、スロットルオンとエンジンレスポンスとの時間差、その他いろいろ時間的なもの、慣性的なものなど複数の項目について、低次元な環境で十分感じとり、高次元な環境でのベースにしましょう。

この練習でヒールアンドトゥの必要性があるなあ、と感じてくれたらこちらの思惑通りなのですが……

 

adrenaline_junkie

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 面圧とトラクションとライダー
    面圧とトラクションとライダー より速く バランスが崩れるということは、さらに速く走れる可能性を示…
  2. 第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケス…
  3. 参考グラフです。 ラインを道なりにして、横Gを一定にしたS字カーブの例です。 通勤中なのでゆっく…
  4. 特に街乗りレベルにおいてリーンウィズのままでのライディングは、オフロードバイクのタイヤでは低速なほど…
  5. 「ソーイング」する事で車体に関するセッティング関連の変化と傾向はつかめたでしょうか ステアリン…
  6. イメージトレーニングがもてはやされていますが逆効果という結果も報告されだしてます。 イメージトレー…

コーナリング, テクニック, メンタル, ライン, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »