バンク角をマシンギリギリまでリーンしている時の、トレッド面への荷重配分はイン側に設定します※。

理由はそのほうが速くて安全だからです。

 

マルケスに代表される最近のライディング、というよりオートバイのバンク角が足りなくてライダーが補っちゃっている走法の解説です。

この走法は、もっともっと曲がりたいとき、フロントタイヤにさらに仕事をしてもらいたいときにより効果的です。

荷重ポイントをイン側に設定することで、更に加重や負荷を増やす方向に、ライダーなりマシンなり慣性なりをさらに加えることができるからです。

負荷をを加えた結果、荷重ポイントをトレッド面内に納め続けることに成功すれば、トラクション増大により、あるいは直接切り増すことで、さらにコーナリングフォースを発生させることができ、さらなる旋回が見込まれます。

その結果グリップの限界を超え、スライドしだしたとしても、タイヤを内側に向けることへの反応速度が速い、イコールリカバリーが速いという特徴もあります。

バランスを失った時の挙動が、更にバイクがリーンするのではなく起き上がる方向に向きやすいという、フルバンク向けの挙動でもあります。

さらに、ライダーの腕で引く方向で力をかけることでよりこの走法が万全になります。

外側の腕で押す方法はおすすめしません。

この、内側の腕でのハンドルの引き具合が、強すぎる場合はハイサイド崩れ、反対に弱い時や逆に押してしまった場合はフロントゴケとなります。

実際の荷重配分のコントロールは、キャンバー角と実質バンク角と慣性、加減速、ハンドル操作など、ありとあらゆるものを組み合わせておこないます。

 

 

話途中ですが、

会社のファイルサーバーの冗長構成のHDDが複数台同時に壊れるという、ありがちなトラブルのため今回はここまでで。

 

イン側荷重を勧める根拠と詳細と、トレッド面への外側荷重を選択する場面とその特徴についてなどは次回以降にお話いたします。

 

では


ここで言うトレッド(接地面)への荷重配分は、ステップ間の荷重配分、外足荷重とか内足荷重とのつながりはありません。

そして瞬間的な荷重配分ではなく、継続的な荷重配分の時のお話です。

因みにスキーのコーナリングは外足荷重ですが、接地面での荷重配分的には内側荷重です。

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 普通にできていることも、見直してみると意外と奥が深いことがあります。 頭と体で分かっていると思って…
  2. とうとう片足だらりではなく、両足だらりで結果を出す選手が現れてしまいました(スーパースポーツ世界選手…
  3. あて舵 あて舵の逆操舵は全盛期には皆普通に行っていたテクニックでした(何の全盛期?) その逆…
  4. 街中バトルでオーバーテイクの感性を磨きましょう。 練習方法はひたすら抜くことです。 ただし、車で…
  5. しゅうちゅうりょく【集中力】 精神安定剤のように頻繁に使われるが、実際には有用なようでさほど有…
  6. ホームポジション 盤石な走り オンボード映像は時にレース結果よりも残酷ですね。 ザクセンリ…

コーナリング, 二輪ネタ

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »