遠征と温泉とウォーミングアップと運動能力アップ

なんと予選・決勝の2〜4日前に40〜42度くらいの熱を体に与えておくと運動能力がアップするそうです。

宿泊にしても車中泊にしてもレース遠征に温泉はつきものです。

この効果を利用しない手はありませんね。

 

ウォーミングアップ

無知な私は、予選・決勝前のウォーミングアップといえばストレッチをやることだと思っていました。

これは大きく誤りだったようです。

ウォーミングアップとは、(競技や個人差がありますが)5~10分の有酸素運動か持久運動を、実際に使用する筋肉に対して重点的に、なおかつ適度に行うことだそうです。

ストレッチは、そのウォーミングアップ後か、本来の運動の後に行うという位置づけだったようです。

こんな話は、そもそもトレーニングメニューをこなしている方や、トレーナーがいる方には不要でしょう。
しかし私のような、「そんな隙がない」と言い訳したり、無精だったりする方には『ながら筋肉トレーニング』とかがお勧めです。

紹介されている中の、腹筋の代わりになる「チェアー・シットダウン」とかの椅子ものと、通勤中にもできる「ワンハンド・スタンディング・プッシュアップ」とかならだれでも出来そうです。

そもそも「腹筋は足を曲げて、足を抑えずに行うこと」という正しい腹筋の方法は、胴長短足の私にはハードルが高く、まるでスポーツ不適格者の烙印を押されたような敗北感を味わされたものです。

そういった正常な人の道から外れている方は、「正しいトレーニングの仕方」みたいな本ではなく、こういう「ながら本」とか高年齢者向けの「体にやさしい本」も手元においておくとよいです。
普段はそんな必要がない方でも、故障を抱えている時には有用ですよ。

普通にフィットネスなら「フィットネスのすすめ」などが参考になります

 

ここでさらに、何もしなくてもウォーミングアップにつながるお手軽な方法を紹介します。
ヒートショックプロテインを増加させるという方法です。

 

ヒートショックプロテイン

ヒートショックプリテイン(HSP)というタンパク質があることをごぞんじでしょうか

ヒートショックプロテインとは、傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質のこと。
また、免疫細胞の働きを強化したり、乳酸の発生を遅らせるなどの力も持っています。つまり、カラダにとってはとてもありがたい存在で、HSPが増えることは、「カラダを元気にする」ことにつながっているのです(引用:バスクリン)

手元にある書籍『運動能力アップの新手法』では、
遠赤外線サウナの効果がオリンピックで実証された、と著者(オリンピック・トレーニングドクター)は述べています。

オリンピック参加選手で遠赤外線サウナによる「予備加温選手」全員の成績が上がったとのことです。

その根拠がHSPであり、HSPは加温することで増加するため、

「ミネラル水」と遠赤外線装置による「加温」でのプレコンディショニングで、筋肉疲労を防止する事ができたというのです。

その効果は、本番の2〜4日前に実施した場合に顕著で、直前のコンディショニングではその効果は認められなかったそうです。

 

そして、わざわざ遠赤外線の装置を使わなくても、お風呂で十分その効果を発揮できるとのことです。

 

方法は簡単

  1. ミネラル食塩水(食塩濃度0.1〜0.3%)を飲む
  2. 温める(42度程度を数回)
  3. ミネラル水を飲む
  4. 2〜3日後に優勝する(体が軽いのだそうだ)

実験では期間中のHSPの増加量は初回のみ顕著で、その後の増加量は対したことがなかったそうです。

 

レースウィークの遠征中、あるいは遠征前に温泉とか入浴で、きっちり体を一度温めると体調良く本番を迎えることができるということです。

これは本番直前のウォーミングアップとは別の、2〜4日に前におこなうウォーミングアップです。

日頃、有り難くつからせて頂いている温泉さまさまを有効に遣わせていただきましょう。

 

 

HSP

HSPと言うと残念な事故で閉鎖となってしまったサーキットを思い浮かべてしまいますね。

こんなのがありました。

  • HSP(北海道スピードパーク)(2012年に閉鎖された)
  • Hot Soup Processor(ホットスーププロセッサー)(プログラム言語)
  • Highly Sensitive Persons(敏感すぎる人)(精神科で「過敏性症候群」と呼ばれたりしている)
  • Hansen solubility parameter(ハンセン溶解度パラメーター )
  • heat shock protein(熱ショックタンパク質 )
  • hereditary spastic paraplegia(ヒト遺伝性疾患 )
  • host signal processing(ホストサイン処理 )

では。

 

手元の書籍は古いものばかりなのでネットや書店で最新情報を入手してください。

ビシッと鍛える“ながら”筋力トレーニング

中古価格
¥196から
(2017/7/7 17:47時点)

運動能力アップの新手法―オリンピックで実証された

中古価格
¥658から
(2017/7/7 17:48時点)


ミネラル水は当時は汗と同じ成分の「コントレックス」がベストだと思っていましたが今どきはどうでしょう?(不明)

日頃から安いディスカウントショップとかを見つけておくと良いですね。

ポッカサッポロ Contrex (コントレックス) 旧モデル1.5L×12本 [正規輸入品]

新品価格
¥1,680から
(2017/7/7 17:48時点)

EGS(イージーエス) バランスボール アンチバースト仕様 ポンプ付き ブルー 65cm EG-3062

新品価格
¥999から
(2017/7/7 17:48時点)

ヒートショックプロテイン 加温健康法

新品価格
¥1,296から
(2017/7/7 17:49時点)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 街乗りでの停止の仕方です。 特に同乗者がいるときには有効です。 ほとんどのドライバーは車を停…
  2. GPマシンをマシンセッティングするためのライディング 最終的に自身が乗るマシンなので、それなりに納…
  3. ブレーキ装置のついていないダートトラッカーではまさしく右手一本にすべてが託されています。 ここ…
  4. ライダーのセッティングノウハウについて タイトルからして想像がつくと思いますが、例えトップライダー…
  5. 祝! 2015 MFJ 全日本ロードレース選手権筑波ラウンド復活!? 10月3日(土)に開催さ…
  6. ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更で…

コラム, フィジカル, メンタル

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »