てっきり代役はトニー・ボウかと思っていたのに…

てっきり代役はトニー・ボウかと思っていたのに…

日テレG+様様

今回マルチスクリーンでロレンソとロッシとマルケスのオンボードが堪能できましたね。

で、その切り返しですが、明らかにロレンソの切り返しは芸術的でした。

三者の特徴としては

  • ロッシ:遅い
  • マルケス:雑
  • ロレンソ:芸術的

ということで、

ロレンソの切り返しの方法

見たまんまなのですが、素早く、スムーズに行うことです。

やり方としては、一言でいうと水平移動です。

目的に向けて最短距離で、余計なおつりを残さないようにズバッとやります。

勘所は実際に、その気でやってみれば、すぐにわかると思います。

肝心なのは日頃のトレーニング。

 

トニー・ボウの脚

8連覇に向けてまい進中のトニー・ボウですが、

トライアルって、バランスとテクニックがメインの競技のようですが、
勝敗の分かれ目は、最後の粘り、足腰の差です。

一度生目で見てみましょう。

トニー・ボウの生脚は必見

トニー・ボウの生脚は必見

 

勝負の分かれ目

微妙、というより見た目でわかるぐらいのスピードとスムーズさの差は、
これを実力の差と呼んでしまったら、まだまだ大きく開きがあったり、体力の衰えが心配だったりします。

でもこのくらいは、集中的に鍛錬すれば挽回できるでしょう。

では。

G+さまさまでした。

 

トニー・ボウのバックフリップ

シートストッパー再考

このまえ褒めたばかりのホンダのシートストッパーですが、かえって邪魔な気がしますね。

このせいで挙動が大きくなってしまっているかもしれませんよ。

 

不親切と突っ込まれたので…

水平切り返しの仕方

  • 切り返す前に上体を少しマシンより浮かし気味にします。
    (浮かす量は次のアクションで必要な分です)
  • 遠心力の方向(すなわち水平)に上体(主におしり)を切り返す方向に移動します。
  • 移動した上体(おしり)を切り返す側のシートの角にぶつけます。
  • ぶつけた勢いでマシンの切り返しを行います。

実際にはシンクロする部分も、微妙に円弧かもしれませんが、とにかく反対側のシートの角めがけて移動させます。

通常の切り返しとの決定的な違いは、これは抜重移動だということです。

最初はアクションが大きくてもかまいません。

慣れてくると、腰とか背中のちょっとした抜重、荷重、猫背などで十分にそのタメは作れるようになるでしょう。

うまく決まれば、今回のロレンソ選手並みに瞬時に切り返しが完了します。

 

この切り返しの方法はすでに説明済みかと思っていたら、まだ説明していませんでしたね。

やることは一緒ですが、この走法のメリットの説明や、見た目の格好よさを含めて後日改めて投稿します。

RR>切り替えし

 

では

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 目指すはフルボトムな切り返し! 切り返しの具体例を紹介します。 いき…
  2. 進入時のテールスライドが必要な理由 その3 脚出し走法 テールスライド(侵入スライド)の前に、改め…
  3. フロントゴケが止まらないー後ろ乗りと逆操舵 状況の悪化は賢者にとって朗報である フロントタイヤが…
  4. 第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケス…
  5. 同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステ…
  6. 上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方
    上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方 街乗りを想定するとなかなか書きにくいので別投稿で補足しま…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »