今回はあまり一般ドライバー向けではありません、レースに役立つ練習として紹介します。
また二輪のほうが気軽に始められ、成果も実感できるので両方お持ちの方は二輪をお勧めします。
なお、練習は公道ではなく、適切な場所で行ってください。

直角に曲がる方法と言えば、
皆さんご存知のブレーキターン(スピンターン)とアクセルターン(マックスターン)です。ハイ。
侵入時はこの二つのテクニックが使われ、脱出時には通常の加速、あるいはドリフトが使われると思います。
四輪では普通に多用している方も多いかと思います。

この二つのテクニックを組み合わせた練習をしてみましょう。
アスファルトよりダートのほうが財布にやさしいと思います。
エアーターンは省きます(二輪はありですが四輪では難しいため)。
侵入時のドリフトも今回は省きます(直角は難しいため)。

これを、なるべく停止しないで、なるべく直角になるように練習してみてください。
通常のスピンターンを利用したコーナリングやドリフト走行とどこが違うかというと、ブレーキのリリースポイントが明確になるというメリットがあります。
さらに「アクセルをどこから開けるか」でかなり楽しめます(奥が深い)。※1
前回練習した?ヒール&トゥーも多用してください。

二輪でも同じことができます。
足を着いてもいいですが、着かなくてもできます。
フロントタイヤの軌跡が直角旋回、リアタイヤの軌跡が直角旋回、どちらも可能です。

フロントタイヤの動きに注目して練習しましょう。
フロントタイヤが曲がりたい方向に向いた時点、たとえば左90度を向いた時点でフロントタイヤが前進するようにブレーキをリリースする感じです。
走法によりフロントタイヤが90度方向に進みだすタイミングに特徴があると思います。

直角にはこだわってないので、フロントブレーキのリリースポイントの練習に切り替えましょう。

この練習でなるべく直角に、かつ速く走り、そして挙動が安定するベストなタイミングをつかみましょう。

ここにはコーナリングについてのエッセンスが詰まっているいると思います。

次にフロントタイヤではなくリアタイヤに注目して走りましょう。
リアタイヤを直進状態のままで90度横を向かせます。
こちらのほうが慣性的に完成度が高く芸術的だと思ってます。
その後の加速の方法は状況次第です。
さらにリアタイヤを直進から進行方向に向けて行きます。
いわゆるドリフト走行に近づいてきますが、フロントの入りと慣性処理がちょっと違うと思います。
このちょっとでライバルより先んじられるかもしれません。

では……

 

軌跡がわかりやすいの図 これを足を着かず、止まらず直角に曲がります

軌跡がわかりやすいの図 これを足を着かず、止まらず直角に曲がります

 

※1
もう、ほとんどジムカーナです。
実際の走り方についてはジムカーナの走法について書かれたサイトなどを参考にしてください。
とても詳しく書かれています(と思います)。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ドライビングテクニックという、うまく運転する方法はすでに世に情報があふれてます。 しかしならが確信…
  2. 往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか?こちらはフロン…
  3. アウト・アウト・アウトを見直す(ミドル・ミドル・ミドルの勧め)
    アウト・アウト・アウトを見直す 世の中アウト・イン・アウトが全てじゃありません。 仮にアウト…
  4. レースは慣性と戦う競技ともいえます。 慣性に逆らうだけでなく、利用したものが勝利します。 慣…
  5. レースの観客というのは非情なもので、高度な技術だけではなく、適度な失敗を楽しみにしていたりします。 …
  6. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »