アクションを起こすタイミングにも、その準備が必要なのはお分かりでしょう。
さらに、それら全体を含めたアプローチにも準備が必要なことも、認識していた方がよいでしょう。
アプローチのアプローチといえばいいのでしょうか。
特にレースの場合は、準備次第で冷静な対応や疲れ方に影響が出るので重要です。

これは、ひたすら目からくる情報ですね。
アプローチを開始する場所や、予定通り実行していいのか修正すべきか、ほかにもいろいろな判断を加えた上でアプローチに入ります。
それにも時間が必要です。入手する情報量や脳の状態などにより一定ではありません。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 広〜いランオフエリアで最後に失速ゴケ。とても残念ですね。ランオフエリアの走り方は、そう、全開で駆け抜…
  2. ジムカーナの旋回・立上りは他の競技と違いぬるくありません。 グイグイ曲がって、ドピュッと立ち上がり…
  3. レースの勝敗はパーシャルで決まる! 思ったよりラップタイムが良かったり、逆に悪かったりする時の…
  4. スタートダッシュのコツは重心?腕?感性?それとも… (キースコード的)
    ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリで行われた、 第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ…
  5. とうとう片足だらりではなく、両足だらりで結果を出す選手が現れてしまいました(スーパースポーツ世界選手…
  6. 不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。 「無意識のうちにブレーキングポ…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »