本当に可夢偉みたいかはさて置き、
思いもよらず一所懸命考えてくれたみたいなので引き続きヒントを。

ぼやくパターンです。
・前のコーナの前のストレートでぴったり後ろについてぴったりブレーキしてぴったりコーナーを回る。
 抜けそうで・・・抜けない

・立ち上がり重視で行こうといつもより小回りしてワイドオープンする。
 抜ける時もあるでしょうね。
 でも小回りしている時に失われる時間は想像以上です。

訂正というか補足です。
数値情報はあれで一組です。二組以上必要でした。
実際には関連の細かい数値情報が必要になるかもですが、これはそもそも「計算上行けるかどうか」の参考値なのでそんなに重要視視しなくてもいいと思っています。

ただその結果出てくる数値は、たったそれだけで! って感じです。

これでどうでしょう?

そういえばケニーロバーツが抜く時の極意を書籍で言ってましたね。
拍子抜けするような普通のことを言ってました。
このサイトも普通のことしか言ってません。

予想では年内に100まで行かないと思ってます。(右メニューのアンケート いいね)

そういえばシューマッハ足を書かなくては、でしたね。

では。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典
    腰を入れると腰入れと転倒率 新解明国語辞典 前回マルケスを腰抜けといってしまったので「腰を入れる」…
  2. MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニック
    MotoGPパフォーマンス・ライディング・テクニックの読み方 『Performan…
  3. ダートトラックでは進行方向に対してのリアタイヤのオフセット(角度)でライダーが何をしているかがわかり…
  4. その心地よい響きとともに、ひとたびそのエリアに入り込みさえすれば幸せが舞い降りると思われているスリッ…
  5. スライド走法はリヤタイアのパフォーマンスを下げることで、フロントタイヤのパフォーマンスを存分に発揮さ…
  6. 基本の基:ロードレース>コースアウト
    基本の基:ロードレース>コースアウト 危険を好き好んで選んで人生を謳歌している…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »