不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。
「無意識のうちにブレーキングポイントが早くなった。」、これは間違いです。
脳が決めたブレーキングポイントでは間に合わないと、身の危険を感じてた別の脳が、手前でブレーキしようと決めて、その通りに実行しているのです。
問題は、一見それは安全なようで、アプローチの準備が足りてない場合があるのでかえって危険かもしれないことです。
恐怖感も増してしまうので失敗に失敗を重ね、ますますできると思っていたことが、できなくなります。
レースをしている人なら経験のある「俺は才能のないだめ人間だ」状態に陥ります。

何をどう見るかは、これも必要に応じたテクニックなので改めて・・・

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ハチ擦り走法
    転倒の仕方と峠の膝擦り小僧乗り 転倒の仕方の練習 GPライダーに限らずロードレースのライダーは(…
  2. 抜きたい時の攻略法 アウトインアウトとインインアウトとオーバーラン 抜いちゃいましょう 世の中、…
  3. まあ、テレビを見ながらご飯を食べるようなもんです。視線の途中に、障害物や気になるものが出てきてもそれ…
  4. 抜きたい時の攻略法 アウトインアウトとインインアウトとオーバーラン 其の2
    抜きたい時の攻略法 抜けそうで抜けない場所 抜けそうで抜けない場所があります。 その場所と…
  5. マルク・マルケスが前傾している理由は「バンク角が足りないから」だけではありません。 昔はともか…
  6. 「理想的なセッティング」は各々定めたリソースを最大限活用している(した)状態のことだとして。 低次…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »