不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。
「無意識のうちにブレーキングポイントが早くなった。」、これは間違いです。
脳が決めたブレーキングポイントでは間に合わないと、身の危険を感じてた別の脳が、手前でブレーキしようと決めて、その通りに実行しているのです。
問題は、一見それは安全なようで、アプローチの準備が足りてない場合があるのでかえって危険かもしれないことです。
恐怖感も増してしまうので失敗に失敗を重ね、ますますできると思っていたことが、できなくなります。
レースをしている人なら経験のある「俺は才能のないだめ人間だ」状態に陥ります。

何をどう見るかは、これも必要に応じたテクニックなので改めて・・・

コメント

  1. It’s an remarkable piece of writing in support of all
    the web visitors; they will take advantage from it I am sure.

  1. 2018年 6月 13日
    トラックバック:auto taxi


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 基本の基:ロードレース>コースアウト
    基本の基:ロードレース>コースアウト 危険を好き好んで選んで人生を謳歌している…
  2. 第5戦のマルケスが弱点を見せました。 第5戦のマルケスと第1戦のマルケスが戦ったら第1戦のマルケス…
  3. イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ)
    前回の続きです。 イン側からでもアウト側からでも転ばれることの脅威(ライダーを守れ) もしも、自…
  4. ミシュランとブリジストンとの違い
    ミシュランとブリジストンとの違い 早々にレースタイムで走れることを証明してしまったミシュランですが…
  5. 神になって見ましょう。 今回、神は、自身を含めたレース現場を上から見てみます。 アイルトン・…
  6. 見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。 少なくとも考え方としてそう思わ…

メンタル, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »