ノーブレーキ走法を極める(四輪)

ノーブレーキ走法を極める(四輪)

二輪のノーブレーキ走法

以前に紹介したキース・コードが勧めているノーブレーキ走法はお試しいただけたでしょうか?

ライダーが頑張りすぎるあまり、いかに無駄に減速しすぎていたか、いかに無駄な挙動の乱れが生じていたかということを実感できたかと思います。

その結果として実際にタイムアップや転倒率の低下につながったのではないでしょうか?

 

実はこの走法は、表面だけではなく、もっと重要な効果をもたらせてくれます。

もっとも、そのためにはこの練習をもっともっと継続的に練習することが必要とされます。

 

しかしながら、この走法にはあまり時間を割けないのが実情ではないでしょうか

思うに、その走法による練習が効果的なのはわかったとしても、その練習にさほど時間を割けない理由があるのではないでしょうか。

それは、サーキット以外の場所にはそのような走行を試せるような場所がないことと、サーキットでその練習に時間を割くほどの練習時間がないからではないでしょうか。

そもそも、オートバイは他車の流れよりも速く走る分には安心して走れるのに対し、流れに逆らったり他車よりも遅く走るのは「怖くてやってられない」と思いませんか?

実際、四輪車に乗ると「流れに乗っていない二輪車」は邪魔な存在でイライラしたりしてしまいますね。

しかし、効果があるとわかっていても、思うように試せないということは、誰かに遅れを取ってしまうということにつながってしまいます。

 

四輪のノーブレーキ走法

それでは、ということで四輪車で試してしまいましょう。

それも、一般道で、普通車で。

これで、練習時間は好きなだけ作れるし、普通免許のない若造や、一般道を運転する必要のないボンボン達より高い次元に立てるかもしれません。

 

その上、四輪車でしか会得できないテクニックも合わせて練習してしまいましょう。

それは、コーナリング時のステアリングの視覚化です。

二輪車では判りにくいステアリング量を数値化、視覚化することで自身のライディングに適切に反映することができるということです。

どの程度の角加速度でどの程度操舵しているかを明確にし、それを二輪に置き換えるのです。

さらにその操舵具合と周囲の状況とかもあわせて視覚化・数値化しておくことで、より実際のレースで高次元な走りができるだろうという目論見です。

走法としては次の三つです。

  • ノーブレーキ走法
  • ノーステアリング走法
  • ノールック走法

この三つの走法の大局的な目的は「速く走る」ではなく「スムーズに走る」ということです。

速く走れるようになるのではなく、速く走っても大丈夫なようになっておくのです。

基礎の基礎です。

 

飛び抜けるための基礎

基本と基礎は違います。

基本とは、万国共通のスタンダードで初心者から熟練までに必須な項目だとしても、基礎とはそういうものではなく素養です。

基本があれば飛びぬけられるのではなく、飛びぬけるための素養が身に付いていて初めて飛び抜けることができるということです。

 

脱線しますが、ことレースも単に速ければいいだけではなく、芸術的、言い換えるとファンを魅了するということも必要とされてくることでしょう。

最終的にはショービジネスですからね。

この芸術点も競う競技としてフィギュアがあります。

単にぐるぐる高く飛べば良いのではなく、アプローチや飛び方や見栄えまでが競技の対象です。

例えば、羽生結弦で言えば、飛び方を真似るのではなく、彼の練習方法を注意深く見ると、その中のどれかが彼をあのポジションに立たせてくれる効果的な練習がありそうです。

スピンやジャンプそのものではなく、その前の体制やバランス感覚やリカバリー力などについて、彼の練習法のうちのどれかが今の好成績につながっているかもしれません。

彼を追いつき追い越すためには、そのための基礎練習に目をつけ、いち早くその中で特に効果的な練習を特定し、より重点的にその練習に取り組むことで、彼に追いつき彼を追い越す可能性が高まるのではないでしょうか。

ライディングに芸術性が不要だと思われるとしても、アクションがシンプルになればなるほど、ロスタイムや転倒率の削減につながる可能性が高まります。

成果物のライディングではなく、そのラインディングが生まれる基礎の方に目を向けてみましょう。

そしてその基礎を身につけること、身につけることの練習方法の効率化を極めることに重点を置いてみましょう。

 

スムーズな走行を身につける

タイムトライアルというかレースでは、最終的には見た目の速さだけではなく、無駄に時間を費やすようなアクションをなくしていくことも要求されてきます?

アプローチを短時間でできるようにすることは、メリハリのあるアクションだけではなく、例えばその直前の加速区間、ストレート区間を長くすることができるでしょう。

バンク角速度を早められることでのコーナリングの実質半径を大きく取ることも可能になってきます。

さらに、スムーズな動きができるようになることでライダー自身の体力消耗だけではなく、路面との余計な抵抗を減らすことにもつながります。

 

そしてスムーズなライン。

レコードラインやらコーナリング論やらも良いのですが、優先すべきはフィニュッシュタイムやライバルに競り勝つことです。

思い通りの走りができてる時はまだしも、そうでないときにはその時点でのベストを選択すべきです。

 

思い通りのラインから外れたからって、リカバリーとして本来のラインに近づけようというアクションは、無駄な動きによって挙動が乱れたり、ロスタイムが生じてしまったりします。

F1などを見ているとコーナーでイン側にクリップしないのをよく見ます。

これはタイムアップに有効なラインは机上とは異なるし、想定ラインを外れたからってそれが失敗かどうかは分からないことを表しています。

F1に限らずラインに関係なく、どこを走っても早いという人のその時の頭の中にはリカバリーなんて言葉はないことでしょう。

スムーズなラインとは、想定通りの走りはもちろん、想定外の状態になっても無理なリカバリーをしないラインとも言えると思います。

これが実際には、どの程度かというのが四輪の方がわかりやすいのです。

二輪の醍醐味みたいに言われるコーナリングですが、実は二輪で練習するよりも四輪で練習したほうが効果的なのです。

ライン、言い換えるとハンドルを切ること、ステアリングすることなのですが、これが二輪だとどのくらい操作したのかがわかりにくいのです。

さらにそれがどのくらいの腕力や、外部からの反力がどのくらいかというのが四輪のほうがわかりやすいと思います。

 

ノーブレーキ走法、ノーステアリング走法、そしてノールック

ノーブレーキ走法は二輪の時に話した通りブレーキを極力使わないで走ってみる走法です。

ノーステアリング走法はもちろん一切ステアリングを切らない走法ではありません。ここではステアリング操作を最小限に済ますことを指します。

最小限に済ますことを極めると、以前書いた通り、その操作は必要な操作を必要なだけ、そしてその様はステアリング操作などまるでしていないかのように見えるから、ノーステアリング操作と、そう呼んでみます。

そしてノールック走法も、目をつぶって走るわけでも何も見ないわけでもありません。

実際にやってみるまでもなく、ノーブレーキ走法も、ノーステアリング走法も、足元を見ていたのでは実現できません、いかに適切に、遠くというかいち早く情報を入手しておくかがポイントと言えるでしょう。

そしてコレを極めると、どこかを見るということが、意識的ではなく無意識下でも行うことができます。

それは、通常の歩行と同じような感じにまで、生活の一部のようにすることもできるでしょう。

何かをわざわざ見るのではなく「すでに見えているものでレースを組み立てる」という感じです。

そこまで出来れば、世間でよく聞く「集中」というフレーズは「わざわざ集中するのではなく別のことに脱線しすぎない」という、より扱いやすいフレーズとして使うことがあります。

こうすれば「集中のしすぎ」という行き過ぎをしなくて済みます。

この三つの走法を極めれば心身ともにベストな走りができること、素養が身につくことでしょう。

そしてこれは世間では、簡単に身につくことではない、いわゆる「経験」と言われていたものでしょう。

 

肝心の走り方

走法事態はこのサイトでなんども書いたとおりなので「それらを参照してください」で済まそうかと思いましたが、舞台が街乗りなので、事故られても困るので改めてまとめてみます。

もちろん、制限速度内で周囲にも迷惑をかけない程度の走り方で、危険走行とかの類ではないです。

また夜明けとかの道路の空いている時間帯とかではなく、逆に混雑時の方が練習効率が上がるような練習法です。

それでは、次回に。

ノーブレーキ走法を極める(四輪)

混み具合に合わせてバリエーションが身につきます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 二輪の話です。 とうとうリーンアングルが64度と遠心力(加速度)が2Gを超える時代になりそうです。…
  2. バイクライディングの基本の基ネタをしばらく投稿します。 いままで、1年間に…
  3. 理想のラインを理想的にトレースしている時はこんな感じです。 ・視線でラインをトレースします…
  4. コーナリングにおける左右の手(腕)の役割について考えてみましょう。 自身の重力をステア…
  5. ラインをトレースする練習法が他で山のように紹介されています。 それぞれ上達するようにと様々なアプロ…
  6. 「進入リアスライド」ではなく、街乗りでも使える「スペンサー乗り風」を紹介します。 だって、街乗…

コーナリング, ブレーキング, 基本の基, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »