ライバルを抜こうと思ったときに必要なのは?
いくつかの選択肢の中から選ぶと思います。
そう、引き出しの話です。

このときにやったことがない方法を選ぶのは「自分の今までの人生を否定」し、「ライバルのこれからの人生を危険にさらし」ます。
引き出し中から選びましょう。

引き出しの中身は。

失敗例とか、聞いた話とかの、ガラクタが多いと「正しい選択を選べない」ばかりか、「良い方法がないから止める」ことも出来ません。

いろいろな意味で周辺のレース人生が短くなると思いませんか。

ガラクタを捨てておくことが必要です。
ガラクタとは役に立たない情報のことです、
それを役に立つように整理すればそれはもうガラクタではないです。
正しく受け止めることです。

ということでヒントは、
引き出しの中に方法が見つからないと思った(思いつかない)ときには、

だめな方法を列挙します。
残り物の中に、実は使える方法があるかもしれません。
ニュートラルに見直すことです

それでも見つからないときにはあきらめることも必要です。
それか、いったん保留して引き出しに新しい物を入れるか。

では。。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 参考グラフです。 ラインを道なりにして、横Gを一定にしたS字カーブの例です。 通勤中なのでゆっく…
  2. ストレートエンドでのオーバーテイクは、「するしない」の判断に様子見の余地はありません。 どちらかは…
  3. フロントゴケが止まらないー後ろ乗りと逆操舵 状況の悪化は賢者にとって朗報である フロントタイヤが…
  4. 「ターンインは、ブレーキングの開始とともに始まり、ブレーキングが終了する前に終わる」の続きです。 …
  5. 何のことはない、昨今はコーナリング中の転倒はフロントゴケだけ想定していればよいらしい。 リアのスラ…
  6. ロードレースにおけるハングオンは実はブレーキングのためにあります。 どこがって、唯一ブレーキン…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »