不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。
「無意識のうちにブレーキングポイントが早くなった。」、これは間違いです。
脳が決めたブレーキングポイントでは間に合わないと、身の危険を感じてた別の脳が、手前でブレーキしようと決めて、その通りに実行しているのです。
問題は、一見それは安全なようで、アプローチの準備が足りてない場合があるのでかえって危険かもしれないことです。
恐怖感も増してしまうので失敗に失敗を重ね、ますますできると思っていたことが、できなくなります。
レースをしている人なら経験のある「俺は才能のないだめ人間だ」状態に陥ります。

何をどう見るかは、これも必要に応じたテクニックなので改めて・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 今回は腕を例にとり説明しましたが脚でも腰でも同じようなものです。特に伸身抜重と、屈伸抜重はタイミング…
  2. 優れたライディングはたいてい美しい。 したがって昨今流行の足ぶらライディングは…
  3. リーンアウトの仕方 見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト いわゆるリ…
  4. 前回の記事が片手落ちなので補足します。 前回の補足 補足するのは、以前の走法はどうだったのか? …
  5. 目線に学ぶ ジムカーナ>目線 (二輪限定) 目線に学ぶ ジムカーナにおける「目線」はとても特徴的…
  6. 前回は雪道の人の歩き方でしたが、今回は四輪。 というか自分にとって、驚きの事実が発覚したので、…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »