不安要素があれば、脳が決めたことを実行できなくなることがあります。
「無意識のうちにブレーキングポイントが早くなった。」、これは間違いです。
脳が決めたブレーキングポイントでは間に合わないと、身の危険を感じてた別の脳が、手前でブレーキしようと決めて、その通りに実行しているのです。
問題は、一見それは安全なようで、アプローチの準備が足りてない場合があるのでかえって危険かもしれないことです。
恐怖感も増してしまうので失敗に失敗を重ね、ますますできると思っていたことが、できなくなります。
レースをしている人なら経験のある「俺は才能のないだめ人間だ」状態に陥ります。

何をどう見るかは、これも必要に応じたテクニックなので改めて・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. もし速く走るための練習中にインに張り付いたらそれは練習失敗です。そこのポイントにたどり着く前の、走り…
  2. 2007年鈴鹿のケーシー・ストーナー
    マシンセッティングを効率よく行うためには、マシンの素性を知り、ライダーの素性も知り、ベーシックなコン…
  3. ライダーのセッティングノウハウについて タイトルからして想像がつくと思いますが、例えトップライダー…
  4. コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その4 そろそろ立ち直って欲しかったの…
  5. ステアリングダンパーの功罪 RR > セッティング
    レーシングマシンには欠かせないステアリングダンパーですが、使い方を誤ると手痛いしっぺ返しが待っていま…
  6. 通常の切り返しでは、ステップに対し踏ん張ることで、上体(腰回り)の移動を行うきっかけとしています。切…

メンタル, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »