やっとテクニック編。
タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」です。
目と脳を信じて乗っているだけでは無駄に失ってしまう時間があるということです。

何をするにも時間がかかるって書いてきました。
アクセル(スロットル)を開ける(踏む)こと自体にもタイムロスが存在します。
さらにスピードが落ちすぎてしまうことや、スロットルオフからオンにするときのエンジンの状態がよろしくないという問題もあります。

具体的にはブレーキングが終わったらできるだけ早くパーシャル状態にする。
(ここで言ってるパーシャルはエンジン的なパーシャルです。)
これだけで劇的にタイムが縮む(場合もある)と思います。
アプローチの恐怖感は同じままタイムアップします。

ブレーキング終了と同じ流れで処理できれば一番です。
ダラダラ回っている途中でやるのは意外に時間がかかってしまいます。
開けたい(踏みたい)ポイント前に完了しているだけでもまあましだと思いますが・・。

乗ってるマシンによってパーシャル状態でも減速していく場合や加速もあります。
加速してしまう場合は感覚的には怖いものがありますがまあそういう状態を体に覚えさすことは必要でしょう。
乗り方がかわると乗り物のセッティングにも影響がでます。
主にいい状態になるように思いますがそれはいったん後回しで。

町乗りでの効果は・・
まあスムーズになりますし、四輪の場合アクセルにもブレーキにも足をのせてないというのは気分的に好きじゃない。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. コーナリング中にステアリン操作ではなくアクセル操作でライントレースを行うことがあります。 これを「…
  2. 体当たり攻撃と、耐当たられ攻撃と、対当たり攻撃 実力発揮 インディアナポリスのようなバイクメーカ…
  3. アクションを起こすタイミングにも、その準備が必要なのはお分かりでしょう。 さらに、それら全体を含め…
  4. 我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。 雪道、あるいはアイスバーンの走り方…
  5. タイミングの説明として多用されているのに、 肝心のタイミングがあやふやなまま使われている、 荷重…
  6. 基本の基:ロードレース>コースアウト
    基本の基:ロードレース>コースアウト 危険を好き好んで選んで人生を謳歌している…

テクニック, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »