やっとテクニック編。
タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」です。
目と脳を信じて乗っているだけでは無駄に失ってしまう時間があるということです。

何をするにも時間がかかるって書いてきました。
アクセル(スロットル)を開ける(踏む)こと自体にもタイムロスが存在します。
さらにスピードが落ちすぎてしまうことや、スロットルオフからオンにするときのエンジンの状態がよろしくないという問題もあります。

具体的にはブレーキングが終わったらできるだけ早くパーシャル状態にする。
(ここで言ってるパーシャルはエンジン的なパーシャルです。)
これだけで劇的にタイムが縮む(場合もある)と思います。
アプローチの恐怖感は同じままタイムアップします。

ブレーキング終了と同じ流れで処理できれば一番です。
ダラダラ回っている途中でやるのは意外に時間がかかってしまいます。
開けたい(踏みたい)ポイント前に完了しているだけでもまあましだと思いますが・・。

乗ってるマシンによってパーシャル状態でも減速していく場合や加速もあります。
加速してしまう場合は感覚的には怖いものがありますがまあそういう状態を体に覚えさすことは必要でしょう。
乗り方がかわると乗り物のセッティングにも影響がでます。
主にいい状態になるように思いますがそれはいったん後回しで。

町乗りでの効果は・・
まあスムーズになりますし、四輪の場合アクセルにもブレーキにも足をのせてないというのは気分的に好きじゃない。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 洋書のKindle本を全文Google翻訳する方法 ※本記事を書いてから数年たち、事情が変わってき…
  2. 2015全日本ロードレース第5戦ツインリンクもてぎ
    [caption id="attachment_3976" align="alignnone" wi…
  3. 普段特に意識などせずに何事もなくコントロールできているとしても、たまにその役割を分析しておいても損は…
  4. リーンアウトの仕方 見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト いわゆるリ…
  5. まあ、テレビを見ながらご飯を食べるようなもんです。視線の途中に、障害物や気になるものが出てきてもそれ…
  6. 大したことではないことが長引くことがあります。 こういうのは当事者ではなくチームが擁護すべきで…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »