車が誰かに曲がらせられるポイントと、車が自ら曲がりたいポイントは異なることがあります。
同様に車が曲がらせられるポイントは、ステアリングを切ったタイミングとも、ドライバーが曲がりたいと思った時とも異なることがあります。

次は車が曲がりたい時を感じましょう。
分かりやすい例ではステアリングに一定の力を加えた時に切れ込むポイントがあります。
分かりにくいときは直線で、ちょっとだけどちらかに切ってすぐ戻し、そのまま待ってて見ましょう。
タイヤのヨレや、慣性的な遅れ、その他の、とにかく折り合いがついたときに、車がステアリングにその時を伝えてくれます。

セッティングや様々な状況でそれらは異なってきます。
ラインをトレースしたいと思った時、そのタイムラグ分を見込んで先に操作する。

のは、よろしくなくて、
そもそも遅れて操作するつもりだったステアリング操作の遅れを少し早めます。※1

ターンイン時以外にもそれらの事象はおきています。
そのポイントを利用するか、無視するかは・・・

では・・・

こちらは自動操縦の空飛ぶ自動車  (2014年2月のニュース)

こちらは自動操縦の空飛ぶ自動車  (2014年2月のニュース)

 

※1
「ライントレース その1」参照
視線の先のラインに対して遅れて操作する練習です。
もちろんギャップとかの対応はリアルに対応します。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 下り坂コーナーが苦手な理由 RR>下り坂
    下り坂コーナーが苦手な理由はライダーの錯覚によるものです。全てはイリュージョンです。全ては本人の思う…
  2. レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿…
  3. 真相が定かでない時の裁定について RR>ファイト
    真相が定かでない時の裁定について 大岡裁きとは 運営側はバランスの取れた、現状に即した最適な裁定…
  4. フルブレーキ、奥が深いと思います。 簡単に「フルブレーキした」とかよくいいますが、一度その発言を捨…
  5. トラクションをかける トラクションというキーワードについては以前説明しました。(トラクションVSフ…
  6. 目で入った情報に脳が応え手足に伝える。 これしかないと思います。※ ここでコントロール項目と…

コーナリング, テクニック, ライン, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »