混戦になると走りがせこくなります。
身に覚えのある人!。

そうならないような練習をしましょう。

ライントレースの練習の中で視線を遠くに置く練習をしたかと思います。
その視線の位置を変えない練習をしましょう。

まあ、テレビを見ながらご飯を食べるようなもんです。

視線の途中に、障害物や気になるものが出てきてもそれに神経を使わなくて済むように練習をします。
対象により、それは無視していいもの、仕切り直しをしないといけないもの、集中しないといけないもの、様々でしょう。
これは経験としてインプットしていくことになると思います。
その中でも集中しなくてもいいものに変えていく努力をしましょう。
それはコースを覚えることだったり、周辺の風景を覚えることだったり、車両感覚をつかむことだったり。

この練習はベストの走りをキープするのに有効だと思います(たくさんの中の1つです)。

不安だから近くを見ると遠くを見れなくなり、結果的にさらに不安が募り走りの質が落ちる。ということです。

視線の話はまた別の機会にも触れます。

では……

 

2013年 第15戦マレーシア

2013年 第15戦マレーシア

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. コーナリングはそのアプローチですべて決まるって話です。 ほとんどの人が何らかのイメージをもとに…
  2. タイヤの空気圧とセッティング いたって素朴な質問 「場面の違いに合わせてタイヤの空気圧を変えるべ…
  3. それでは、勝つために、「神」になってみましょう。 最初にお断りです。 これから述…
  4. 膝擦り走法をするにあたって RRビギナー
    膝擦りをしそうなときには、自ら進んで膝を出すことが大変有用になります。いわゆる「膝擦り小僧走り」です…
  5. 接近戦・決勝に強くなる スパーリングとクリンチ 決勝でズルズルと順位を落としてしまうのは、歯がゆい…
  6. ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2
    ナンバ走り⇨常歩⇨Feldenkraisに見るライディング進化論その2 ライディングの極意 前置…

コーナリング, メンタル, 基礎, 応用

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »