ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1)

ステアリングしようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその1)

転倒との境目

バトルしていて、自分だけ転ぶか、周りが転倒する中自分だけ生き残るか

その違いは、例えばこういうところにあったりします。

セルフステアリング?

オートバイのステアリングはジオメトリーだかジャイロだか慣性だかなんだかでライダーが特に何もしなくても勝手に動いてくれます。

それをいいことに、たいていの場合ライダーは、タイミングを与えたり、ホールドしたりとかは意識したりしますが、肝心のステアリングを切ること自体にはさほど関心を持っていないのではないでしょうか。

フロントタイヤのステアリングは、崩れたバランスの補正という形で成り立っています。

これを日本語で言うと、「追随」ではないでしょうか。

ここには時間差と、動かすのに必要な反力みたいなものが必要です。

もう少し速く走れて、もう少し、タイヤか地面か慣性に優しく走れるかもしれません。

膝すり小僧乗りを極める

当初の意図とは異なり、どうもバイク初心者の方もいらっしゃっているみたいなので、ここで膝擦り小僧乗りをマスターすべく必要なテクニック?を紹介していきたいと思います。
道交法上もOKで、近隣の迷惑にもならない専用施設などでガンガン練習してみてください。

実際にはほとんどジムカーナのフォーム違いと思っていただいた方が話は早いでしょう。

 

では、初歩の初歩から行きましょう。

とは言っても、初歩の初歩で手を抜くと、大事なところで足をすくわれてしまうかも知れません。

 

ステアリングしてみる

普通のレーサー、特に最近のミニバイク上がりの方などは、意識してステアリングするなんてことはまるで意識したことはないのではないでしょうか?

ところが、ジムカーナの場合は、その速度の遅さや、無理やり力任せでバイクを振り回したりすると、このハンドル周りやジャイロ的な感性などを感じることができます。

とは言ってもこれも初心者には難しい話でしょう。

もっと簡単に実感できる方法があります。

ステアリングしてみる

次のようにします

  1. フロントブレーキでフルブレーキしてフロントフォークをフロボトムさせます。
    目的はフルボトムさせることです。
    フルボトムして、安全に停止できるスピードで構いません。
  2. 停止して、フルボトムしていたファークが伸びきる前にハンドルを右か左にステアリングします。

これだけです。

フルボトムしたフォークが伸びきる前にステアリングのフルロックを完了させます。

フルブーレーキにこだわる必要はなくやりやすい適当な速度で行えばいいし、何なら停止した状態で力任せにボトムさせてやっても同じことです。

そして伸びきる前に完了させていたフルロックをもっと早い時点でステアリングしていくようにします。

これで面圧の違いによるステアリングの重さを感じることができるでしょう。

このロードレースの場合には、この重さにさらにジャイロ効果や慣性やらが加わった力分が、タイヤと地面で消費されるというか、何らかのロスに繋がったり、転倒につながるような負荷になったりしそうな気がしてきませんか?

 

まずはこれを徹底的に体に覚えさせましょう。

ジムカーナで例えると、フルブレーキしてフルロックして旋回するときの一部分になります。

停止するまでフルブレーキするのではなく10Kmぐらいのところでこの操作をします。

ボトムしたフォークが伸びるのに合わせて、ハンドルを切ってバンクさせるとまんまジムカーナです。

 

ハンドルをステアリングすること自体に慣れてくると、その腕の動かし方や体の使い方が気になってくると思います。

クイックに行おうとすればするほど結構な腕力が必要だからです。

そこでついでに腕力ではなく、脱力と、慣性を生かしたステアリングの勘どころをつかんでおくと、より将来幸せになれることでしょう。

 

マシンによるセルフステアではなく、

ライダーによるセルフステアも自然に加えることで転倒予防につながっているかもしれず、またより次元の高いライディングができるようになることでしょう。
目指せロレンソ!

では

膝する小僧乗り第一回目は、「ステアリングしよう」でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. フィジカルトレーニングやメンタルトレーニングはオフシーズンにかぎらず欠かせませんね。 各々、取…
  2. 例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。見…
  3. 「レインコンディションは、順位ではなく、自分の走りをすることのみに専念すれば良い」 なんて耳に…
  4. やっとテクニック編。 タイトルは今まで書いてきたことと逆みたいですが逆ではなく「ひたすら準備せよ」…
  5. その3です。 レース目的でのラインの話題では、一般的な「理想のライン」は、そのゾーンをより短時…
  6. 減速し過ぎに注意。 オーバースピードのリカバリはガッツを試されますが、 減速しすぎた場合のリカバ…

ジムカーナ, 二輪ネタ, 基本の基

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »