見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。
少なくとも考え方としてそう思わない方が良いと思います

目線をかえただけでそちらに向かってしまった場合、今までの方向に行きたくない何か要因があるはずです。
「今までの方向に比べたら目線の方向の方がまし」と脳が判断したのでしょう。

やはり目から入る情報と脳に蓄積されている情報は大事です。
目線を移動(固定も含む)することで何かしら良いことがあるのなら、それを積極的に使わない手はないです。

「肩の角度が変わるから」とかの物理的な動きも非常に大きな要因ですが、知識がないのでここでは省きます、他の情報源から入手してください。

で、何を見て、何を脳にためていくかですが、続く・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ABS?
    ブレーキング時だけでなく、コーナリングでも軋み音(スキール音)を鳴かせてみましょう。 そのため…
  2. まあ、テレビを見ながらご飯を食べるようなもんです。視線の途中に、障害物や気になるものが出てきてもそれ…
  3. 旋回とラインとバンキングにおけるクリッピングポイント 役立たず クリッピングポイントというとコー…
  4. 青木宣篤
    重量配分とセッティングとキースコード 問題は重量配分にあった! なるほど…
  5. 個々のライダーのライディングを動画や写真で分析するのは、ある意味危険です。 同様にメーカーによ…
  6. もし速く走るための練習中にインに張り付いたらそれは練習失敗です。そこのポイントにたどり着く前の、走り…

メンタル, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »