フロントゴケが止まらないー後ろ乗りと逆操舵 

フロントゴケが止まらないー後ろ乗りと逆操舵

状況の悪化は賢者にとって朗報である

フロントタイヤが信用できないと、いわゆる後ろ乗りに傾向します。

そしてますますフロントゴケる。

フロントタイヤのグリップが不足するとメカニックに訴え、フロントのイニシャルを抜くことで改善したとします。

それは有効な情報を得たのであって決定打ではありません。イニシャルはそんなことに使ってはいけないからです。

そもそもフロントタイヤのグリップが不足していると感じた時には、メカニックに症状を伝えるのではなく、状況を確認する場面でしょう。

問題はタイヤの形状と空気圧と、ついでにグリップ力だからです。

断言しているのはそう思った方がマシだからです。先回初期はセッティングではなくライディングの問題だからです。

タイヤを思い通りに作れないのであれば、自分のライディングではなく、タイヤに合わせたライディングをするしかありません。

ここは腕の見せ所です。

(このネタは、GPライダーがどうのこうのではなく、自分はいち早く切り抜けましょう、という意図です)

後ろ乗りの傾向

フロントタイヤが信用できないと、自然とリヤタイヤへ頼る割合が増えがちです。

例えば、比較対象の以前のタイヤに比べて、前後のトレッド(幅?形状?)の差が大きくなった場合だとなおさらその傾向が強くなるでしょう。

で、そのまま、以前と比較するわけですが、後ろ乗りに傾向するとますます、切り返しや倒し込みはトロク感じられてくることでしょう。

そう感じる原因はバンキングの中心点の問題です。これは数字的に理解し、反復練習で感覚をつかむことです。

そして、問題の、フロントは、後ろ乗りに傾向すればするほど、逆操舵の傾向が強まります。

 

そして逆操舵の欠点である、遠回りすることでトラクションが弱まることと、タイミングの遅れがフロントゴケの傾向を強めます。

これをセッティング的に解決しようとすると、余計にはまることでしょう。

手遅れ状態からの素早い追随は、そのまま行き過ぎることも懸念されるからです。

 

じゃあどうすれば、ということの、一例を。

例えばウイリーしながら切り返す時のフロントのセッティングを出すようなものです。

一見無茶なようですが、答えはちゃんとあります。

答えは、ニュートラルを体に覚えさすことです。

 

より後ろ乗りにした時とか、リアタイヤが以前より太くなった時、あるいは逆にフロントタイヤが細くなった時には、先の中心点の問題で言えば円錐的なバンキングをしなければいけないのですが、そのことを理解していないと、バンキングイコールフロントのトラクション抜けになりがちということを忘れてはいけません。(もちろんそれをマシンセッティングで対策するのは主に間違いです)

そのためには、リアタイヤの1G時とフルバンクジのバンキングの中心点と、同じくフロントの中心点、そして円錐の頂点をタイヤメーカーから聞き出すか、自分で測ることです。

そして正しいバンキング時のマシンの軌跡を体に覚えこませることです。成果は切り返しやバンキング時のマシンの軽さに現れます。

「MotoGPマシンは体力が必要※」なのであれば、より有利に働きます。
※どうか「旋回させるのに体力が必要」ではなく「加減速度に耐えるのに体力が必要」になってほしいものです。「機械のロッシ」に先にを越されるとかなり恥ずかしいことです。

 

 

肝心なことは、無駄な挙動を減らすことです。

無駄なセッティングをしないことです。

そしてその上で手持ちのライディングテクニックで、適切なフロントのトラクションを与えることです。

 

とりあえず、バンキングしてフルバンク付近でのフロントのスリップダウンは「下手くそ」と呼ぶのが適切です。

 

ということで、レース中や直前にタイヤ交換でリヤタイヤが太くなったり、グリップしすぎるとろくなことがないという話でした。

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  2. 2016年式MotoGPライディング
    2016年式MotoGPライディング 2016年ロードレース世界選手権MotoGPクラスのライディ…
  3. スライドは、加速には利点はなく、方向を変えることができる、さらにジオメトリー的にも何らかの影響を及ぼ…
  4. GPマシンをマシンセッティングするためのライディング 最終的に自身が乗るマシンなので、それなりに納…
  5. またまたダルマ走法 またまた、マルケスがマレーシアGPでフロントスリップからスリップダウン…
  6. ライディングフォームとタイミング
    ライディングフォームとタイミング アクシスローテーションとニュートラルスタンス たとえば、つま先…

基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »