カメラとレンズの接触不良です レンズの接点を清掃してください

一眼レフカメラのレンズエラー99の一時的回避方法

最近のカメラは精密機器なので、故障時には直すというよりも交換するという手法が一般的になってきました。
これは手元に対象の交換パーツを持っていなければ手の下しようがなく、後日修理に出すしかないということを意味しています。

そしてほとんどの場合この悲劇は環境変化のせいか出先でおこります。

エラー99(err99)

「エラー99」と聴いてピンとくる方はキャノンユーザー。
というか一眼レフを所有している方は皆知っているキャノンの有名なエラーコードですね。
このエラーコードが出ると大抵お手上げで一切の操作が出来なくなるというほとんどフリーズ状態で、出先ではお目にかかりたくないエラーメッセージとなります。

 

それって、キャノンのカメラが壊れやすいのかというと少し事情が異なります。
対するニコンはどうなのかというと同じような異常事態でのエラーメッセージは「err」。
この情報だけではネットで盛り上がりようがないというのが実情だからです。
(家庭内の統計ではnikonのほうがサポートに出すしかないというお手上げな故障の回数が多い)

キャノンが初心者向け、ニコンはプロ向けというわけではないのでしょうが、ニコンのほうが圧倒的に不親切です(エラーコードに関して)。
対してキャノンはユーザーに親切であるというように見えますが、実は気休めでしかなかったりします。
ニコンはカメラ付属の仕様説明書で警告メッセージ一覧を載せていますがキャノンはネットでも公開しています。
さらにこのerr99に対してファームウェアのアップデートで改善するとうたったことがありました。
そしてその結果は次の画像です。

カメラとレンズの接触不良です レンズの接点を清掃してください
原因がレンズ周りにあることはわかったものの、清掃ぐらいで治っためしはなさそうです。

バージョンアップしないユーザーもいることから結局レンズが要因のエラーで、err99とerr01のどちらかが表示されるだけのことです。

結局ユーザーへの気休めで治るわけではありません。

因みに「接点の清掃」というと「アルコールで拭く」が一般的なように見受けられますが実際にはアルコールで拭くのは多くの場合NGです。
良い場合があったとしてもプラスティックを溶かしてしまったりゴムの劣化が進んだりなど致命的な場合もあるのでとりあえずはNGです。
単に脱脂が目的であれば成分不明なアルコールではなくクリーンな無水エタノールで拭きましょう。
それよりも、逆なイメージですが皆さんご愛用のワコーズのラスペネのほうがはるかに効果的です。
ラスペネは浸透性・潤滑性のほかに防錆性や水置換性があるのでよっぽど接点復活します。
プラスティックやゴムへの影響が心配ですがメーカーサイトでは、パーツクリーナには使用不可と明記していますがラスペネには明記されていません。
接点復活材の出番といいたいところですがレンズの場合10年ぐらい使ってしまうので微妙ですね。拭き残しをなくすことや別の箇所に付着させないことが一番ですね。
結局カーボンペン(鉛筆)が最強?

参考までにエラーコード一覧はこちら↓
http://cweb.canon.jp/e-support/faq/answer/eosd/45467-1.html

 

ユーザー目線としては、

無理を承知で言えば、「エラーメッセージはわかったから、とにかく写真を撮らせてくれ。写真さえ撮れればいいんだよ!」ってところなのですが。

 

二つのエラー99

エラー99には大きく分けて2種類あります。

カメラのボディが原因の場合とレンズが原因の場合です。

両方同時にとか、相性の問題も考えられますが、とりあえずレンズとボディが分かれているレンズ交換式カメラ音場合、エラー99が起きて操作出来なくなった場合にどちらかだけが悪い場合があり、運よくスペアーを持ち合わせていたら撮影を続けることができるのです。

そしてもしも原因がレンズだった場合には、そのままあきらめるのではなく絞り固定のマニュアルフォーカスでなら何とか撮影ができるかもしれません。

とはいえボディのスペアを持っていてレンズが1本というのはあまり現実的ではないので今回は対象外にしてもよいでしょう。

 

レンズ不調の場合

このエラーメッセージが表示されてうんともすんとも言わなくなってしまう場面でも試してみることがあります。
まずは異常な個所の特定です。
一眼レフやミラーレス一眼などのレンズ交換式カメラの場合はまずレンズを脱着したり、別のレンズと交換したりして様子を見ます。

思いつく限りでレンズに要因がある場合のエラーの出方を列挙します。

  • 電源ONしたらエラー
  • 普通に使えるがレリーズ後にエラー
  • ズームを動かすとエラー
  • 不定期にエラー
  • AFにするとエラー
  • 特定の絞りでエラー
  • 絞りを変更するとエラー

要因としては、

  • 絞り機能のエラー
  • 基盤の故障
  • モーターの故障
  • 絞りの故障
  • ギアの破損
  • 断線
  • ズームなどの機械的動作不良
  • 接触不良
  • その他

メッセージとしては

  • err01:レンズとカメラの通信不良です
  • err :とにかくエラー
  • err99:その他の致命的なエラー

今時のCPU内蔵レンズは、レンズ内に電子部品が組み込まれており、カメラからの給電が必要ですしレンズとボディ間で複雑なやり取りもしています。
時代的なバージョンの違いや非純正メーカーなどの仕様の違いなどによる動作不良や局所的な異常などがあったりします(あったりすることが想定されます)。
そのためエラーになる要因がカメラ本体側だけとかレンズ側だけとか限らず、組み合わせによる不具合の場合もあり得るということになります。
もしもエラーの原因がレンズ側にあったとして、そして正常に動くことを確認したレンズをそのまま使用することで目的が果たせるのでしたらラッキーです。
その場での一件は落着ですね。

また絞りのエラーで其処を避けれるのであれば取り敢えずそのようにしてその場はしのげます。

 

たとえレンズが原因だとわかったとしても、あるいはそもそも1本しかレンズを所有していない場合は、やっと本投稿の出番です。

※もちろんそもそもミラーが下りないとか上がったままとか液晶に何も映らないとかのボディエラーはお手上げです。

一眼レフカメラのレンズエラーの一時的回避方法

正しくはレンズ交換式カメラのエラーのうち、レンズが原因の場合に一時的にエラーを回避する方法ですかね

このエラー99(err99, err01,err その他)などのエラーメッセージのもと、うんともすんとも言わなくなったカメラに対して次のことを試してみましょう。

試すのは「レンズの電気接点を無効にする」ことです。
この方法は使用しているカメラがレンズを装着しなくてもシャッターが切れる(レリーズ)タイプのカメラに限ります。
現状でレリーズできなくても設定の変更で可能になることがあります。

先に確認しておきましょう。

 

無効に方法は次の通りです。

その1:配線を外す

カメラとレンズとの接点とレンズの内部基盤につながっている個所の配線を外してしまおうという方法です。
通常この部分はフィルムケーブル(フレキケーブル、フレキシブルケーブル、プリントケーブルなど呼び名はさまざま)で接続されていますが、その接続にコネクターを利用している場合はコネクターからケーブルを抜いてしまうという安易な方法です。
ケーブルの抜き方、というか止め方にはふたのようなものを上げ下げするタイプと、ケーブルと同じ方向に押し引きするものとか、コネクター側には何もなくケーブルが頑丈になっているなど様々なタイプがあります。わからない場合はいきなり適当に試さずに虫眼鏡で観察することをお勧めします。
配線が双方とも半田付の場合はこの方法が取れません。

フレキシブルケーブルがハンザ付けで止められている例

フレキシブルケーブルがハンザ付けで止められている例 コネクターで接続されている画像はまたあらためて・・・

配線を切ってもいいというのであれば引きちぎればいいのですがお勧めしません。
双方が半田付の場合や、そもそもここまで分解できないばあいは次のその2の方法をとります。

因みにズームレンズの場合このフィルムケーブルの動きの激しそうなところががパッキリと切れている場合があります。ついでに点検してみましょう。

 

その2:接点を奥に押し込む

取り急ぎはこちらが簡単なのでおすすめです。
ただし元に戻す時にはその2と同等の手間がかかります。

方法は、接点の箇所のパーツを押し込んでボディ側の接点と接触しないようにするだけです。
押し込むにあたって方法は二通りあります。
まずは、

パーツを止めている2本のネジを取り外して押し込む
レンズの接合部を固定しているネジ2本を取り外します

レンズの接合部を固定しているネジ2本を取り外します

接合部を押し込んでボディと接触しないようにします

接合部を押し込んでボディと接触しないようにします

 

これで完了です。

外したネジは大事にしまっておきましょう。

この状態でカメラに装着してエラー表示にならないかを確認します。

この状態ではレンズ側のAF,Mのスイッチはマニュアル(M)でや手振れ(IS)などの切り替えはどちらでも変わりません。

 

 

押し込めない場合は2本のネジの箇所の間に位置固定のための3つ目の穴がある場合です。
この場合は2本のネジだけでは足りません。

もう少し分解します。

パーツの部分の蓋は装着するときには押し込めば入るのですが、取り外す時には側を外して中から押し戻す方法が確実な方法になります。
この蓋を外すとパーツが外れるのでパーツの突起が邪魔にならないところまで押し込んだ状態にしてふたを閉めなおして元に戻します。
レンズの構造は本当に様々なのでこの箇所の分解だけでも紹介しきれないし知らないのですがこの箇所の分解は割と簡単な部類でしょう。
もしも、そもそも捨てるつもりな位に思っていたのであれば、その1の配線を切断するほうが手っ取り早いです。

セロハンテープは避ける

簡単な方法としてせってにテープを張ってしまえばよいのではとお思いでしょうが、たぶん失敗します。
セロテープは最初は良くてもすぐにボロボロになり、カスがボディの内部に入り込んでしまうのでやめておいた方がよいでしょう。もちろんビニールテープやガムテープは厚さの点でNGです。

とはいえ自己責任でよければ、一番手っ取り早いです。

レンズ側にいくつかある接点のうち長い接点、これはカメラとレンズのやり取りのほかにカメラ側の接点をショートさせる目的もあります。

ショートすればレンズが装着されているとカメラが認識して、スイッチが入る仕様のカメラでは、ここがショートしないようにすると、結果的にエラーにならないかもしれません。

薄くて強い素材と言えばクリアファイル、これをうまく間にはさめばうまくいくかもしれませんね、コツは全体を覆うように大き目にカットすれば、カメラ・レンズを炒める可能性は低くなると思います(自責で)。

 

これでとりあえずエラーにより操作できなくなることは回避できましので、マニュアルフォーカスで手ぶれなしの状態で使えることでしょう。
もちろんフォーカスは「置きピン」で。

 

必要な工具

精密ドライバー

とりあえず試すのであれば100均でよいですが、壊すのではなく直して使い続けるのであればネジの頭を痛めない精度の高いやつをお勧めします。
たいていのカメラの場合プラスのNo.0があれば分解できてしまいます。
セットを買うよりサイズを確認してから単品を買うのがおすすめです。
ご存じのように同じサイズでも実際には形状が双方とも様々なので同じサイズで異なるメーカーのものが数本あると便利だったりします。

有名なのは高儀やアネックス、HOZAN、とかですかね。スナップオンの必要はなさそうです。

参考:http://kit.freelab.jp/t_driver.html

レンズペン

無水エタノール+シルボンにしても、レンズクリーニングティッシュにしても拭きむらが気になるので、結局出先ではこれが便利。
ただし内部のクリーニング後はエアーブロアーでかなりしつこく吹き飛ばさないとカーボンの黒点がレンズに張り付いてしまいますのでご注意を。

 

エアブロアー

もってますよね。

 

 

 

一時的ではなくずっと使う

一時的とうたってますが、マニュアルフォーカスでよいのであればこのまま使い続けることも可能ですね。

実際、動くものでなく、静物であればマニュアル(+三脚)で困ることはほとんどありませんよね。

もちろん絞りが固定なので実際に移してみてのカメラ側の設定の調整が必要ですが・・・

これでヤフオクのジャンクの投げ売りに出さなくて済みます。

 

もちろんサポートセンターに修理してもらうのが一番です。

その際にはできれば元に戻してから持ち込んだほうが良いのは言うまでもありません。

 

まとめ

旅先でレンズ交換式カメラがエラー表示の元操作することができなくなった時に、その要因をボディかレンズかの切り分けをして、もしもレンズに原因があるようだったら、簡単な作業でもしかしたらレンズを装着しても操作できるようになり、マニュアルフォーカスでよければそのまま使い続けることができますよ!というお話です。

 

今回この記事を書くきっかけとなったのは写真に写っている『Canon EF 50mmm f/1.8 II』というまき餌として有名なレンズで起こりました。

 

まき餌なので長く使えても困るので時限タイマーだったのかもしれません。ちょうど一年過ぎたころでした。

AFは正常に動作するのですが、シャッターをレリーズすると撮影されて保存もできているのですが、エラーでフリーズするという症状でした。

この症状だと今回のように全部の機能を停止するのではなく、特定の配線だけを無効にすればAFが効いた状態でフリーズしないようにも出来たかもしれませんが、何せ情報不足でかないませんでした。

これとは別のオートフォーカスが機能しないけれどエラーにはならないとか、オートフォーカスを無効にできないカメラとか、オートフォーカスのピントが狂って使い物にならないとか様々な症状があるかと思いますが、今回の接続を絶つことで楽になることもあるかもしれませんので、そういった時にはぜひ試してみてください。

そもそも手動で操作できないレンズには意味のない情報でごめんなさい。

 

 

 

 

モータースポーツにかかわっているものとしてはこのひとたびエラーが見つかったらすべての作業を中止してメーカーに修理を依頼しましょうという旧態依然とした構造は非常にもどかしいものがありますね。
レースの世界では壊れたら短時間で修復する、それもかなわない場合は別の方法で対応するというのが当たり前で、何か異常を感じたからってそれだけでお手上げにするのは非常にレース界にふさわしくないと思うのですが…
特にレースとカメラは切っても切れない密接な関係にあるわけですし。
オーリンズのように出張サポートがあってもおかしくないですよね。
ボディの修理・交換は無理があるにしてもレンズのみであればその場で修理できてしまうこともあることでしょう・
まあプロカメラマンは予備のカメラやレンズをいっぱい持ち込んでいるからその必要もないのかもしれませんが素人には・・・・

 

以上

一眼レフカメラのレンズエラー99の一時的回避方法

でした。

 

 

HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】 ブラック KMC-LP12B

HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】 ブラック KMC-LP12B
2,554 円 (税込) 送料込
商品名HAKUBA メンテナンス用品 レンズペン3 【レンズ用】 ブラック KMC-LP12BJAN4977187325928品番gmktB00TTD5HDE重量商品仕様外寸法(収納時突起含まず) : L 約112×φ約17mm重量 : 約16gヘッドスペア付材質本体 : ABS, ブラシ : 上質山羊毛, チップ面 : セーム革+カーボン粉..
楽天ウェブサービスセンター CS Shop

 

参考までに

キヤノンの一眼レフで不良事故が多発する理由、製造請負依存の死角(上)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. シートストッパーでわかるライダーの前向き加減 ストレートで空気抵抗を減らす工夫 シートカウルから…
  2. イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加…
  3. ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) 
    ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) ライダーを守るのがチームの役割です(その2) この記事は…
  4. 今年のマルケスに勝てると思っている人は少ないのではないでしょうか? (負傷していないマルケスのこと…
  5. アイルトン・セナ走法【あいるとんせなそうほう】 四輪レースにおいて、マシンと肉体の弱点を補い最大限…
  6. MotoGPの決勝ライブを日テレG+で無料放送
    ライダーの為 vs. レースの為 vs. 誰かの為 2016年ロードレース世界選手権MotoGP開…

コラム

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »