脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。
(どこかに正確な情報があれば教えてほしい)

私の場合、スピードが上がるにつれ、視界のすべてが段々劇画調になってきます。さらに進むと白黒です。
最後はあきらめて失神ですかね(転倒時にはあるが、走行中にここまで行ったことはない)。

単純に加速Gや相対スピードによる物理的な脳力低下は、目をつぶっていても同じです(と思います)。
それとは別に目から入る情報により脳力が落ちる場合は、処理が大変な場合と、目から入る情報に恐れおののいて脳力が低下する場合、さらに恐れおののきへの対応で低下する場合があります。
あるいは目から入る情報そのものが処理できていない場合とがあります。

実際はともかく物理的なものを除いた処理能力の低下は、実は処理能力の低下ではなくプライオリティを下げられたと思った方が良いと思います。
脳は通常以上の処理をしてくれているかもしれません、そうだとしたら脳がかわいそうです。

だからどうした、どうする。

だからこそすることを考えないといけません。

目をどう使うかですね・・・続く・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ライダーのセッティングノウハウについて タイトルからして想像がつくと思いますが、例えトップライダー…
  2. バンキング時のタイミング兼アクションに「イン側ステップを踏みこむ」というのがあります。 これは…
  3. 下り坂番長 RR>タイヤと空気圧 登り坂はマシンパワーで制すのに対し…
  4. ドゥーハン式ハングオン、というかコーナリングのコンセプトは、いわゆるスライド走法とはある点で一線を画…
  5. ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3
    ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3 陸上ハイジャンプ? ハイサイドは陸上のハイジャン…
  6. エアロダイナミクスは最先端のテクノロジーかと思えばさにあらず といっても「枯れた技術」なのではなく…

その他, メンタル, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »