脳は高速で走行すると処理能力が落ちるといわれます。3割とか。
(どこかに正確な情報があれば教えてほしい)

私の場合、スピードが上がるにつれ、視界のすべてが段々劇画調になってきます。さらに進むと白黒です。
最後はあきらめて失神ですかね(転倒時にはあるが、走行中にここまで行ったことはない)。

単純に加速Gや相対スピードによる物理的な脳力低下は、目をつぶっていても同じです(と思います)。
それとは別に目から入る情報により脳力が落ちる場合は、処理が大変な場合と、目から入る情報に恐れおののいて脳力が低下する場合、さらに恐れおののきへの対応で低下する場合があります。
あるいは目から入る情報そのものが処理できていない場合とがあります。

実際はともかく物理的なものを除いた処理能力の低下は、実は処理能力の低下ではなくプライオリティを下げられたと思った方が良いと思います。
脳は通常以上の処理をしてくれているかもしれません、そうだとしたら脳がかわいそうです。

だからどうした、どうする。

だからこそすることを考えないといけません。

目をどう使うかですね・・・続く・・・

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ノーブレーキ走行 その2
    平均時速1~2Kmの違いでラップタイムが秒単位で変わってくるレースにおいてはスピードコントロールが重…
  2. フロントタイヤの動きに注目して練習しましょう。フロントタイヤが曲がりたい方向に向いた時点、たとえば左…
  3. ノリック乗りをしてフロントタイヤを一定のキャンバー角で旋回しましょう。そしてその時のコーナーの状況に…
  4. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…
  5. ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) 
    ライダーを守れ!(マルケスの憂鬱) ライダーを守るのがチームの役割です(その2) この記事は…
  6. 四輪はともかくとして、バランス感覚を求められる二輪において、 耳栓(イヤーパッド)の装着ってどうな…

その他, メンタル, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »