シューマッハの鈴鹿のS字の走りは有名ですよね。

コーナリングのスピードコントロールをアクセル全開はままで、ブレーキでコントロールしたそうです。
と簡単に言いますが、実際にそれを鈴鹿でやってみろと言われたらどうでしょうか。

ただでさえ侵入がハイスピードで、ラインも限られている鈴鹿でそれをやってのけることの能力は何ともいやはやです。
アクセル踏んだままブレーキすること(逆もです)の踏力との違和感、トラクションの違和感をものともしないスピード感覚があればこそでしょう。
その辺に関してはTCSは何の手助けもしていないと思います。

シューマッハのこのことについての何か発言は残っているのでしょうか?
練習はどのくらいしたのでしょうか?
点数つけたら何点だったか?
ぜひ知りたいですね。

見た目の凄さより、細かい基礎能力にこそ目を向けるべきではないでしょうか。

では

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステ…
  2. この例が実践に役に立つかはともかく、走行中の頭脳は平時よりおバカです。 その場の判断ではなく、机上…
  3. アクセルとブレーキの踏み間違い
    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  4. トラクション vs.フリクション
    多用する割にあまり正しく理解できていないトラクションのことを、フリクションと対比することで正しく理解…
  5. マシンセッティングの出し方それぞれ 今年は、レギュレーションも変わり、ライダーも移動があり、マシン…
  6. どこをとっても凄いというのには耳にタコができました。 では、マルク・マルケスのどこがどう凄いの…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »