前乗りと後乗りの使い分け マシンセッティング(頑張れヘイデン)

前乗りと後乗りの実情

フロントスライドができるとマシンセッティングがはかどりますよ!と前回フロントスライドの仕方を書きましたが、

きっと、マスターするところまではいっていないと思うので、中休みを。

 

フロントスライドの練習をすると気がつくことがあります。

それは、フロントをスライドさせるような走り、練習をする時には、フロントサスのセッティングなんて、どうでも良い!ということです。

突きだし何ミリとか、ダンパー何ノッチとかのレベルではないもっと強力なフォースが必要だったりするからです。

しかも、バンク角だのマシンのヨレ具合だのに合わせて全然別のモーメントの強力なフォースがです。

そして、それなりにフロントスライドができるようになってから、後ろ乗りをすると気がつくことがあります。

それは、まずはフロントスライドどころじゃない、ということに気がつきます。

後ろ乗りの弱点は腕力が使えないこと、使えたとしてもクイックじゃないということです。

後ろ乗りの特長は押さえつけるのではなく、コントロールして乗りこなす様な上から目線な感じと言えるでしょう。

そしてこの時点で初めてマシンの素性の大切さに気がつきます。

ニュートラルにセッティングされたマシンであれば、何とかコントロールできるものが、どちらかに偏ったセッティングでは思うとおりにはできそうにないことに気がつきます。

後ろ乗りして尚且つ速いということはセッティングができているという証です。

 

 

前乗りありき

ということで、

前乗りすればできる高い次元の走りが、後ろ乗りではできないことがあります。

下手をすると前乗りで100だったポテンシャルが後ろ乗りでは80とかになってしまうということです。

前乗りではまるでリアタイヤを当てにしていないことからも、後ろ乗りが上手くできれば、絶対ポテンシャルは150とか200とかに高められそうと思われるのにもかかわらずです。

この状態でのベストな選択は、前乗りでポテンシャルを確認し、後ろ糊でセッティングだしを行うのが正解だということです。

タイムが出るからと前乗りでセッティングを進めると行き詰るかもしれません。

後ろ乗りが私のライディングスタイルだからって、後ろ乗りだけではポテンシャルを引き出せませんよ。

逆に前乗りだったとしてもセッティング出しやセッティングの確認のために後ろ乗りができるようになっている必要があります。

ということです。

 

という観点からライダーを見渡してみるとこんな感じになります。

ノリックの憂鬱

ノリックはご存じ前乗りでした。

前乗りの特長である条件が悪い所ほど優位に立てるという強みを生かし極みに立つことができました。

そこでもっと速い走り、もっと安全な走り、もっと安定して成績を残せる走り、ということで優等生的なライディングを学ばされるわけですが、ノリックはそこに適正はありませんでした。結局それは人並みに成り下がれということでした。

 

マルケスは前乗りじゃあない

マルケスは後ろ乗りだよ と言っても反対意見のほうが多い事でしょう。

マルケスはセッティングの出ていない時に前乗りして、セッティングが上手く出ているときには後ろ乗り系です。

スゴイのは前乗りしているときにフロントスライドしてこけられるのはもちろんのこと、もてぎの時のように後ろ乗りの時にでもフロントスライド(両輪をきれいにスライド)させて停止させることができるということです。

バランス能力はもちろんセッティング能力も高いからこそできることでしょう。

セッティングが出てくると、それにつれてストーナーに似てくるように見えるのが格の違いかもしれません

 

 

長身の強み

弱点のように思われる時もある中、結局のところ、カウルの中にもぐりこみ小っちゃくなることも、長い胴体のせいで前乗りも後ろ乗りも、それぞれの特長を生かしたライディングが自然に出来てしまっていたりします。

ワイルドに見えて実はセッティング能力にたけているのかもしれません。

 

 

 

 

 

因みに、

後ろ乗りと前乗りの違いなんですが、たとえばまるで同じフォームで腹筋背筋の力の入れ方や、ひじの角度1つで切り替えることができたりします。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 人間だけに白目があります。 白目があるから感情が読まれるのだそうです。 他の動物は生き残るために…
  2. ニッキー・ヘイデン
    ハンドル操作と転倒率 マシンのセッティングをするにあたり、たとえば手放しでも操縦?できるようなセッ…
  3. その心地よい響きとともに、ひとたびそのエリアに入り込みさえすれば幸せが舞い降りると思われているスリッ…
  4. レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿…
  5. この例が実践に役に立つかはともかく、走行中の頭脳は平時よりおバカです。 その場の判断ではなく、机上…
  6. アクセルとブレーキの踏み間違い
    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »