なんとなくサーキット走行に恐怖感がある方。
数字を読むのをやめて観るようにしましょう。
サインボード、コーナーの看板、計器類などをレース中に見てると思います。
これらを注視した途端、恐怖感は増しているはずです。
理由は、
注目視をした途端周辺視ができなくなるからです。

数字や文字を読むために見るのではなく、記号として観るだけでこの恐怖感は薄らぐかもしれません。
そしてその分安全性が高まっているはずです。

今まで読んでいたものを観るだけに変えることで走り全体が変わる場合も・・・

この辺のメリット・デメリット、詳細は周辺視、中心視とかでググってください。

※この辺
福田 忠彦教授の論文とか。
抄録:
運動刺激に対する網膜各部位の機能差を最小刺激条件および最大刺激条件から検討した.その結果, 中心視における最小刺激条件は空間分解能により支配されるが, 周辺視では空間分解能以下の運動でも動きの知覚が成立すること, また, 運動を知覚しうる最大速度は周辺視の方が中心視より勝ることなどを明らかにした.

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. アタックラップの走り方 マルケス式アタックラップ マルケス選手の予選のアタックラップでとってもア…
  2. ダートトラックでは進行方向に対してのリアタイヤのオフセット(角度)でライダーが何をしているかがわかり…
  3. ライダーの役割はどこまでバンキング角速度をあげられるかにかかっています。このバンキングのスピードが早…
  4. 前乗りと後乗りの実情 フロントスライドができるとマシンセッティングがはかどりますよ!と前回フロント…
  5. トラクション vs.フリクション
    多用する割にあまり正しく理解できていないトラクションのことを、フリクションと対比することで正しく理解…
  6. 少しでも優位に立ちたかったら自分の視界の周りには余計なものを置かず、ライバルの視界には余計なものを置…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »