リーンウィズ? リーンイン? ライディングフォームの基本の基

ライディングフォームの基本の基

今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。

今更ですがこのサイトはレース向けなので視線はタイムと安全性に注目しています。
人の目は気にしていませんことを…。

すべてはリーンアウトから

バイクに乗ったことのない人とか、速く走れない人はともかく、実際に乗ってみて、正しく理解するとたどり着く結論があったりします。

それはリーンアウトで使うテクニックを他のライディングでも使っているということ。

リーンアウトのやり方に関する記述ではまともに説明できているにもかかわらず、その他の走法に関する記述では、微妙にあやふやな部分が目立ちます。

それらは、その他の走法の説明にもリーンアウトのやり方が必要なことに起因しているからだと思います

リーンアウトなライディングの方法を学び、その後にその他の走法に発展させるのが正しい近道と言えると思うのですが、基本はリーンウィズだとか、それらの走法が単独で成り立つように説明しようと試みていることに無理があると思うのです。

結局のところリーンアウトがライディングテクニックのすべての基本の基といえると思うのです。

もちろん、通常の走行でリーンアウトを勧めるのではなく、テクニックの説明がリーンアウトから始まるということです。

要するに、ほとんどのライディングの手順を含んでいるのがリーンアウトでその他のフォームはリーンアウトの手順(テクニック)の応用でしかないということです。
街中はともかく、ことレースの世界ではその基本の上に他のフォームがあると思えばよいでしょう。
因みに巷でよく聞く「路面のグリップが悪い時とか、雨の日にはリーンイン」。
これは大間違いで、そういうときこそバイクの中心に重心をまとめるのがセオリーで、腰を曲げたりリーンアウトしたり、腕に余裕を持たせたりとか別のテクニックを優先させることの方が大事で、そういうときにフォームを気にすること自体が間違いです。
リーンウィズはすべてのテクニックを駆使するのに一番良いポジションではあるにしても、多様なテクニックを保持していてなおかつそれが重要なことになるほどの高次元な走りをしているときに限られるとおもうのです。

うまく説明できていませんが先に進みます。

マシンセッティングはリーンアウトから始まる

先に、ここで言っているリーンアウトはフォーム的ではなくタイミング的なことで、要はバンキングがライダーではなく、マシンが先行するときのことを指しています。

それは見た目では判断しにくいということですが、最近はオンボードカメラ当たり前なおかげで、マシンの挙動が手に取る等にわかるので、どうやってアプローチしているかが手に取るようにわかりようになりましたね。

 

例えばマルケスの例で、

練習走行でそれなりにセットアップしたマシンで、予選でマルケスアタックで、暴れるマシンを押さえ込んでスーパーラップを出していたりしますがあれは、リーンアウトでマシンの状態を把握し、対応し、そして予選では、リーンアウトの欠点である、タイムロスが多いことへの対応として、リーンイン(ライダー先行)するわけです。

それでマシンが暴れるのは、本番向けのセッティングができていないということの証なのですが、別にそれはワイルドな走行だというわけではありません。

単にリーンアウトからリーンインに変えただけです。

当然、タイムロスの削減が見込まれるので、ブレーキング開始位置も、バンキング開始位置も遅らす必要があるので、見た目的にはすごく頑張っているように見えるのですが、練習の時も予選の時も実はどちらも同じくらいの頑張り具合だったりしたりします。

そして、その結果をもとに、メカニック、クルーはジオメトリー的なマシンセッティングを決勝に向け作り直すわけです。

それは、微調整ではなく、一から作り直しに近いので、決勝で大失敗に陥る可能性が出てきます。

そういう意味で、決勝でうまく走れないのはライダーが悪いのではなくメカニックたちのせいです。

ライダーのマシンセッティングへの仕事は練習と、予選までです。

 

リーンアウトのメリット、デメリット

リーンアウト(バイク先行)のデメリットは、バンク角の確保の問題ではなく、微妙にタイムロスがあるということです。

メリットは、その他のライディングのデメリットである、マシンセッティングがわかりにくい、余計な挙動が発生しやすいことなどへの優位性です。

そしてタイムロスと引き換えに、より最終的な求める次元での走行に近いレベルに取り急ぎ近付くことが容易です。

例えばライダー先行型は、マシンのセッティング変更の良し悪しがわかりやすいのがメリットのように思われますが、走りが低次元なうちはそもそも無意味な情報だったりするのに、そこで立ち止まってしまッたりします。

(その他、思いついたら追記します)

 

リーンアウトの得意なライダー

ということで、説明を省きすぎで申し訳ないのですが、マシンセッティングは、リーンアウトから行うのが手順ということを説明しました。

ここで問題になるのは、リーンアウトの得意なライダーと不得意なライダーがいるということです。

得意なのは、大柄なライダー、のリック乗りが好きな人、な人たちです。

そういう人たちは、若干のタイムロスと引き換えに、安定したセッティング能力を発揮できるのです。

それが決勝に結びついていない場合はチームのせいということです。

じゃあ向いていない人は?というと、

そうでないライダーこそ、ダートトラックとかの練習をおろそかにしてはいけないということです。

 

ライディングフォームの基本の基

ということでライディングフォームの基本は、

いわゆるリーンアウトです。

そしてリーンアウトができたら、次にやりたい走行に合わせた、見た目のフォームを取れば良いということです。

いわゆる、リーンウィズやいわゆるリーンインなどはわざわざ学ぶ必要はどこにもありません。

ハングオフもリーンインも必要があれば自然にそうなります。

最近目にするハングオンだけどリーンインみたいなフォームもロッシぐらいの次元で走るときっと必要になることでしょう。

何より、マシンセッティングをする際はリーンアウトありきです。

結果的に他のフォームのみで始めるよりは時短になると思われるからです。

 

さて、

めでたくリーンアウトでマシンセッティングを始めたとして・・・

やっと、マシンセッティングにおけるリーンアウトと、リーンインとかのフォームの違いによる、インプレッションの注意点みたいなことの説明ができそうです。

続く。

もはやリーンインといったほうが適切?


リアがスライドしているときの、一番安全なフォームがこれ!
予想以上に滑っても、予想より滑らなくてもトラクションが抜けない。
さっさとリーンアウトを卒業しないとこのフォームにはたどり着けない。

ロッシはマルケスのフォームをまねたみたいに言われてますが、こちらのほうが上を行っている気がします。
怖いけど転ばない的、そして決定的に違うのが脳内、たぶん何も見ていない!。

無事にレース人生を終えられたビアッジ


引退することになったマックスビアッジのライディングフォーム。
ストーナーともまた違うタイプの天才。
実のところ、バイクフリークではないアスリート&ファイターのマックス・ビアッジにとってはライディングフォームなどというめんどくさいキーワードはどうでも良い事だったでしょう。
最近の、恵まれた環境と恵まれた経験で生まれるエリートとは別の次元の天才って、彼以外に浮かばないのですが。

 

(この記事もいつもの通り手抜きが目立つので、都度修正、加筆させていただきます)

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ジムカーナの旋回・立上りは他の競技と違いぬるくありません。 グイグイ曲がって、ドピュッと立ち上がり…
  2. 他人を裁く者は自身の非を認めるくらいの裁量は備えていてほしいものです。 現時点ではマルケスのパ…
  3. どこをとっても凄いというのには耳にタコができました。 では、マルク・マルケスのどこがどう凄いの…
  4. マルク・マルケスが前傾している理由は「バンク角が足りないから」だけではありません。 昔はともか…
  5. 実は、一般的な鉄則である「クリッピングポイントを奥にとる」は、 低次元な状況と、低次元なライダーに…
  6. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…

セッティング, ライディングフォーム, 二輪ネタ, 基本の基, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »