リーンアウトの仕方

見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト

 

いわゆるリーンアウトにもいろいろあって、ライダーのフォームのこと、バイクと重心点の角度のこと、そしてライディングの手法のことであったりします。

フォームで言えばライダーがバイクのリーンアングルよりも起きている状態のこと、
重心で言えば重心がバイクのリーンアングルよりも外側にあること。

この二つは、単なる結果でしかなく、それぞれ特徴があるにしても、じゃあどうやってその状態に持っていくかということに関しての答えは含まれていません。
そこで3番目の手法としてのリーンアウトという物が必要になってきます。

直線のうちからそのフォームなり、重心点をシフトしておくという手があるにしても、それはそれでその時点で明確に何らかのアクションをしなければなりません。
そのアクションのことをリーンアウトのアクションとここでは呼んでみます。

よく見るのがイン側のステップを下に押す、あるいはニーグリップした膝をイン側に倒す。そしてライダーの上半身はその反動で外側に起こすというもの。
これだと、その反動をゼロにするとリーンウィズ、逆に押し付ける力、倒そうとする力以上に上半身をイン側に倒していくことでリーンインが出来上がります。

一石二鳥で結構な話ですが、ライディング的にはリーンインもリーンアウトも同じになってしまいました。
違いは上半身よりも先に下半身が動くのがリーンアウト、先に上半身がリーンインということです。

ということで最初のテクニックは膝なり、イン側の足でバイクを倒しこむことがリーンアウトの手法だということです。
特長は無理があることですね。
ライダーの重量依存なことはともかく、別のテクニックも合わせて使わないと、コーナリングが始まってくれない可能性があります。
セッティング次第ではバイクを傾けたまま直進することが可能だからです。
そうならないためにはある程度のスピードをもって倒しこむことが必要です。
適切なスピードで倒しこんだとして、それでコーナリングが始まるのにはフロントのステアリングが適切に動く必要があります。
例えば、倒しこみ初期の段階では、フロントタイヤは直進するために外側を向きます。
そしてその外側を向くためにステアリングヘッド周りに生じる慣性のおかげで外側を向きすぎたりします。
その時点でやっとバイクの進行方向、あるいは外側への回答方向と慣性モーメントがずれているため転倒が始まります(これをバンキングと呼んだりします)。
今度は転倒を避けるためのセルフステアリングが始まり、やっと適切な角バンク速度でもってバンキングし出します。
そして適切なポイントでこれ以上倒れないように何らかのアクションを行うわけです。

これでは肝心な微妙なテクニック頼りなのにそのテクニックには触れていないという初心者向けすぎの解説になってしまいます。

そしてこれは、どこからコーナリングが始まるかがつかみにくいのに加え、トラクション(フロントの面圧)が抜けやすいというデメリットがあります。

ということで、手放しで誰よりも速くバンキング出来るライダーのが登場するまでは
とにかくほかのテクニックなり手法が必要です。

ということでサル本では決して触れられることのない、ステアリングこじりまくり、が正しい手法です。
そして他の諸事情も含めたうえで、重心と上半身などの慣性物をどこにどのタイミングで配置するかがライディングフォームを含めたリーンアウトと呼ぶことにしたりすると都合が良かったりします。

こうやって分類すると、
例えば同じシュワンツのリーンアウトみたいなフォームでもライディング的にリーンインしているときとリーンアウトしているときを区別して説明できます。
例えば乗れているときと乗れていない時の原田哲也のバンキング角速度の違いを説明しやすくなったりします。
そして説明できる時点で彼らのテクニックを流量することができるようになります。

リーンアウトの仕方

ということで足腰回りはオートバイという重量物の移動を補助するためツールだと認識しておきましょう。
基本は腕で、ステアリングをコジリまくります。

コジルというのは必ずしもステアリング(タイヤ)を左右に向けることとは限りません。
上に押すのも下に押すのもコジリです。
ただし程度はフェザータッチから重量挙げ並みまで幅広くです。
上半身は置きたいところに置きます。
注意点は腕の動きの邪魔をしない事。
下半身は補助に回ります。
腰回りの柔軟性がキモでここで生み出すタイミングと緩衝率が全体の完成度を決定づけます。

具体的には、GPライダーのオンボードを参考にしましょう。
バンキング開始時や、切り返しのの時のステアリング周りの上下動やステアリングのゆらゆらと漕ぐ感じがそのすべてです。
微動だにしない時はホールドであったり、もはや次元が高すぎてステアリングしない走法になっている時です。
ステアリングしない走法はバイクではなく四輪で習得するのが近道です。

ハングオンしてリーンアウト

見た目はハングオンの体勢(フォームから)バイクだけを傾けていく乗り方もあります。
これをハングオンとかリーンインって思ってしまうと面倒です。

ライダーとしては見た目よりもテクニックで分類するほうが自分自身をコントロールしやすいと思います。

 

リーンインへの切り替え

リーンアウト自体はマシンが旋回するのを上から目線で観察する走法だと思うとよいでしょう。
そしてリーンインはマシンが追従してくれることを確信してライダーが先行することでタイムロスを減らすことができる走法だと思えば良いでしょう。
そしてその割合がジャストになるのが完成形であるリーンウィズですが。何でもかんでもそれが完成形ではなく、前後の流れや、慣性系のおつりなどを考慮して最適な状態を選択するとよいでしょう。

注意点は、いったんうまくなってしまったライダーはリーンアウトをしなくなってしまい、調子が悪い時に、最初からやり直すほうが近道だとは思えなくなってしまうことです

 

 

以上

リーンアウトというものを見た目の状態や、ライディングフォームやライダーポリシーなどと固定化せずに、一つのテクニックとして必要な時に必要なだけ使うというように考えるとライディングの幅と安全性が広がるのではないでしょうか
※書きかけを見つけたので公開しました。きっと他の投稿と内容がダブっているのだと思いますがスルーしてください。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. クイックにターンインできる方は要注意。 気を抜くとフロントタイヤへ…
  2. ニッキー・ヘイデン
    ハンドル操作と転倒率 マシンのセッティングをするにあたり、たとえば手放しでも操縦?できるようなセッ…
  3. 今回は腕を例にとり説明しましたが脚でも腰でも同じようなものです。特に伸身抜重と、屈伸抜重はタイミング…
  4. 諦めるのは… マシンの動きをコントロール下に置くこと諦めます。 他にやることがあります。 …
  5. コーナリング番長 RR>タイヤの空気圧 タイヤの空気圧を減らした場合、タイヤと地面の接地…
  6. 他人を裁く者は自身の非を認めるくらいの裁量は備えていてほしいものです。 現時点ではマルケスのパ…

ライディングフォーム, 二輪ネタ, 基本の基, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »