目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。

目に見えているものについてです。
日常生活で見えているもの全てが、本当にその都度目からの情報をそのまま脳がリアルで処理しているのではないことはご存知ですよね。
蓄積された記憶から適当に補っています。
その結果全てが見えているように感じ、何も違和感がありません。

レースの世界ではそれが崩れてきます。
(もっと大変なジェット機とかロケットとかから関連情報を調べると面白そうですね)

コースの下見は重要で、いかにたくさんの情報を入れておくかで、脳の負担が変わってきます。
事前の情報量により同じ環境でも、見えているもの、脳の負担に違いが出てくると思います。
事前に入れる情報は、下見での止まっているときの情報だけではなく、実際の走行時の状態で見える映像そのものも蓄積していくことで、負担が減ることと思います。

一流ライダーは人より楽しているかも、です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. この例が実践に役に立つかはともかく、走行中の頭脳は平時よりおバカです。 その場の判断ではなく、机上…
  2. 同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステ…
  3. トラクション vs.フリクション
    多用する割にあまり正しく理解できていないトラクションのことを、フリクションと対比することで正しく理解…
  4. 宮城光はただの「関西人」ではありません。「目にも留まらぬ関西人」なのです。…
  5. どりふと【ドリフト】 タイヤが横に滑っているその様の呼び名。 スライドとほぼ同義だが、自慢す…
  6. トラクションを駆動力の意味と訳すと誤解が生じるのでトラクションをかけることを「もう一仕事してもらう」…

メンタル, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »