目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。

目に見えているものについてです。
日常生活で見えているもの全てが、本当にその都度目からの情報をそのまま脳がリアルで処理しているのではないことはご存知ですよね。
蓄積された記憶から適当に補っています。
その結果全てが見えているように感じ、何も違和感がありません。

レースの世界ではそれが崩れてきます。
(もっと大変なジェット機とかロケットとかから関連情報を調べると面白そうですね)

コースの下見は重要で、いかにたくさんの情報を入れておくかで、脳の負担が変わってきます。
事前の情報量により同じ環境でも、見えているもの、脳の負担に違いが出てくると思います。
事前に入れる情報は、下見での止まっているときの情報だけではなく、実際の走行時の状態で見える映像そのものも蓄積していくことで、負担が減ることと思います。

一流ライダーは人より楽しているかも、です。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。見…
  2. タイミングの説明として多用されているのに、 肝心のタイミングがあやふやなまま使われている、 荷重…
  3. オートバイやタイヤが倒れずに自律走行してしまう仕組みは方々で説明されていますね。 スリップアン…
  4. 二輪の話です。 とうとうリーンアングルが64度と遠心力(加速度)が2Gを超える時代になりそうです。…
  5. マルケスのバンク角70度
    バランス能力? マルケスが転倒しにくいことの評価はバランス能力ではなく、ホンダとマルケスとでおこな…
  6. 二輪、四輪ともリアステアという状態・感覚があります。 実際には以下のように様々な状態を指していると…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »