目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。

目に見えているものについてです。
日常生活で見えているもの全てが、本当にその都度目からの情報をそのまま脳がリアルで処理しているのではないことはご存知ですよね。
蓄積された記憶から適当に補っています。
その結果全てが見えているように感じ、何も違和感がありません。

レースの世界ではそれが崩れてきます。
(もっと大変なジェット機とかロケットとかから関連情報を調べると面白そうですね)

コースの下見は重要で、いかにたくさんの情報を入れておくかで、脳の負担が変わってきます。
事前の情報量により同じ環境でも、見えているもの、脳の負担に違いが出てくると思います。
事前に入れる情報は、下見での止まっているときの情報だけではなく、実際の走行時の状態で見える映像そのものも蓄積していくことで、負担が減ることと思います。

一流ライダーは人より楽しているかも、です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …
  2. ノーブレーキ走法を極める(四輪)
    ノーブレーキ走法を極める(四輪) 二輪のノーブレーキ走法 以前に紹介したキース・コードが勧めてい…
  3. 頂点に立とうと思ったとき、習得しなければいけないことが山ほどある場合、それに勝ち残れるのはエリートで…
  4. 二輪のライディング書のバイブルといえば、キース・コード (著), 小川ヨーコ (翻訳) の「ハイスピ…
  5. コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その4 そろそろ立ち直って欲しかったの…
  6. ハングオンの始まりは、ブレーキとともに上体をガバっと起こす一連の動作から始まります。 このガバ…

メンタル, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »