目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。

目に見えているものについてです。
日常生活で見えているもの全てが、本当にその都度目からの情報をそのまま脳がリアルで処理しているのではないことはご存知ですよね。
蓄積された記憶から適当に補っています。
その結果全てが見えているように感じ、何も違和感がありません。

レースの世界ではそれが崩れてきます。
(もっと大変なジェット機とかロケットとかから関連情報を調べると面白そうですね)

コースの下見は重要で、いかにたくさんの情報を入れておくかで、脳の負担が変わってきます。
事前の情報量により同じ環境でも、見えているもの、脳の負担に違いが出てくると思います。
事前に入れる情報は、下見での止まっているときの情報だけではなく、実際の走行時の状態で見える映像そのものも蓄積していくことで、負担が減ることと思います。

一流ライダーは人より楽しているかも、です。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3
    ハイサイドの回避策 (新解明国語辞典) その3 陸上ハイジャンプ? ハイサイドは陸上のハイジャン…
  2. ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。 …
  3. いうまでもなく理想は「立て直す」ですが、その前に実現すべきは「スリップダウンに持ち込む」ことです。「…
  4. スライドは、加速には利点はなく、方向を変えることができる、さらにジオメトリー的にも何らかの影響を及ぼ…
  5. アクセルとブレーキの踏み間違い
    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  6. コースや状況に合わせて、まずはタイヤが最適な状態になるようにバンク角を適切なところに合わせ、ライダー…

メンタル, 基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »