目のテクニックを使う前にまだ準備が必要です。

目に見えているものについてです。
日常生活で見えているもの全てが、本当にその都度目からの情報をそのまま脳がリアルで処理しているのではないことはご存知ですよね。
蓄積された記憶から適当に補っています。
その結果全てが見えているように感じ、何も違和感がありません。

レースの世界ではそれが崩れてきます。
(もっと大変なジェット機とかロケットとかから関連情報を調べると面白そうですね)

コースの下見は重要で、いかにたくさんの情報を入れておくかで、脳の負担が変わってきます。
事前の情報量により同じ環境でも、見えているもの、脳の負担に違いが出てくると思います。
事前に入れる情報は、下見での止まっているときの情報だけではなく、実際の走行時の状態で見える映像そのものも蓄積していくことで、負担が減ることと思います。

一流ライダーは人より楽しているかも、です。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. シングルシーターはオープンコクピットであるべき
    フロントゴケ結構 セナの事故から22年の成果 フロントゴケ フロントゴケの転倒が増えたとしても、…
  2. バンキングさせようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその2)
    バンキングさせようー転倒との境目(膝すり小僧乗りその2) バンキングさせる 今回はバイクを右に左…
  3. サスセッティングは難解か? ビニャーレスはそれほど偉いわけじゃないとおもいます。 …
  4. 青木宣篤
    重量配分とセッティングとキースコード 問題は重量配分にあった! なるほど…
  5. スタートダッシュ(新解明国語辞典)
    スタートダッシュ(新解明国語辞典) goo辞書の国語辞典によるとスタートダッシュの意味は次のとおり…
  6. スタートで遅れるとグリッド順位に関係なくテンションが下がる(応援者談)。 せっかくのグリッド、…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »