バイクが旋回してくれない時にすること

バイクが旋回してくれない時にすること

バイクが旋回してくれない時にすること

ライダーが「バイクが旋回してくれない」と言ったらクリッピング付近、あるいはパーシャルからアクセルオンに切り替える付近でのこと、だとして、

要は「モット旋回してくれる」、「回頭性が出てくれる」、「アクセルを開けやすくする」、「楽にライディング出来るようにする」とかとかを実現したいわけでしょう。

このような時に、一流のプロが寄ってたかって対策するにもかかわらずそれが一向に解決しないということはどういうことでしょうか?

そして、どうすればよいでしょうか?

きっと、様々な要因が重なり合ってにっちもさっちもいかないとか、そもそも、能力不足とか、予算がないとか、複雑な事情があることでしょう。

それでも、整理してみることには一定の効果があります。

クリッピング付近で旋回してくれない理由

ここではクリッピングとは、アクションとアクションのはざまのことと定義します。

羅列します。順不同で、重要度も不動です。

  • ジオメトリーがおかしい
  • ライディングがおかしい
  • 慣性が邪魔している(直線的な)
  • 慣性が邪魔している(ジャイロとか)
  • リアタイヤが邪魔している(ブレーキとか)
  • 気持ちの問題

そして、続いて解決しない理由も羅列が必要です

クリッピング付近で旋回してくれない事象を解決できない理由

羅列します。順不同で、重要度もランダムです。

  • ジオメトリがおかしい
  • ライディングがおかしい
  • 慣性処理がおかしい
  • ジャイロ効果が邪魔している
  • リアタイヤのセッティングはいじれない
  • 気持ちの問題
  • セッティングで解決できると思っている
  • ライディングで解決できると思っている
  • 状況を間違えている
  • 変更した結果をうまく理解できないs
  • 原因がわからない
  • いじるところがない
  • 方向性が統一できない
  • 意思決定がかみ合わない
  • 頭が悪い
  • 時間がない
  • お金がない

…などなど

羅列してみると考えるべき要素が多すぎて改善しないのも仕方がない気がしてきますね。

それでは一個一個、というか思いつくままにこれらをいい方向にいじってみましょう。

まずは本命のジャイロ効果から

 

 

ジャイロ効果対策

(現状をよく知らないのですが)結局のところエンジンのクランク回転方向はタイヤの回転方向とは逆回転に落ち着いているのではないでしょうか?

ホイールは仕方がないとしてもエンジンのクランク逆回転でいくらかジャイロ効果が相殺できバンキングがクイックに出来る効果があるからです。

回頭性の向上ですね。

 

クランク逆回転のメリットは加速時のウイリー抑制にもつながるらしいです。(もはや理解できません)

だとするとこれは、クリップ付近の回頭性には貢献しないことになります(ただしこれの影響は微々たるもののような気がしますが)。

フロントタイヤとエンジンクランクが同回転の場合と、逆回転の場合のハンドリングの違いですが(もちろん体感したことはありません)、直進安定性の違いになって表れると思います、

同回転の場合は割と収束する方向に働くのに対し、逆回転では助長するような気がします。

更にアクセルオンでフロントが上がらないピッチングの傾向があるのならなおさら不安定と言えるでしょう。

いわゆるクリッピング付近はコーナリングの安定期とも言えますが、逆にその前後は不安的期でもあります。

強力な減速やバンキングなどとは違う微妙なバランスが求められるというか、敏感に反応する時期と言えるからです。

なのでクリッピング付近ではその不安定さが助長される傾向にあるといえると思います。

不安定気に時間差が生じていたら安定期は訪れないかもしれません。

本来マシンの基本となるべく設定されたコーナリング時のジオメトリーが一瞬たりとも訪れないという不条理。。。

 

そのようなことを敏感なライダーほどその兆候を察知してしまうことでしょう。

そしてそれは旋回してくれているかどうかはともかく、アクセルオンのタイミングには影響があることでしょう。

 

もしも、他の部分には問題がなく、この逆回転のクランクが原因だったとしたらどうすればよいでしょう?

とりあえずキャスターをねかすなどサスセッティングを変更してみたくなるところですが、いきなりこれは避けたいところ。

なぜなら、それは「基本ジオメトリーとはなんのこと」問題になるからです。

最初から様々な要因を鑑みて導き出された基本ジオメトリーをいじるということは、確認事項が膨大になることを意味しています。

自分用ではないマシンを与えられて、それをいじるのならともかく、いったん自分用にセットアップされたマシンをいじる場合にはよっぽどのことだと思ったほうが無難だと思うからです。

というかクリッピング付近の挙動をサスセッティングで修正するとバランスが大きく崩れるリスクがあります。微妙なセッティングの変更をしても挙動の変化は大してないと思われるからです。

 

最初にすべきは、やはりライディング中に色々なアクションを起こしてその結果をスタッフに伝えること、そしてその中でとりあえず役に立ちそうなライディングをして根本的な対策を待つ、というのが手順でしょうか。

まずは解決ではなく、対策ですね

 

 

こうなると、やはり決め手はリヤのドリフト、フロントに頼らないとかのライディングになってしまいがちです。

あるいはリアサスをアクティブに思い切り縮めてめてしまうとか。

 

なかなか根が深そうですね。

いっそのことレギュレーションで逆回転禁止にしてしまうのに一票!

街乗り的にも正回転のほうが無難そうだし。

何でもかんでも制御する傾向は、面白くないです。

 

レギュレーションと言えば、セルモーターの実装を義務付けてほしいですね。

バッテリーが問題なのならゼンマイ式でもいいんじゃないかと思うのですが。

転倒によるロスタイムが減ればレースが面白くなります。

 

ジャイロ効果はこの辺で(解決してませんが)、次にリアタイヤの制御ですね

最初にサスセッティングだろうという思われますが、違うと思います。

なぜなら今頃そんなことやっているようであれば手遅れだと思うからです。

それを変更するっということはゲームの振出しに戻すようなものだからです。

(ちがう形のタイヤを履き直すことも振出しに戻るようなものですがそこは不問で。)

 

リアタイヤの制御

長くなりそうなので。。続く

次がいつになるかわからないので結論は書いておきます。

結局のところ、慣性と時間差を制することです。

 

 

 

あの、この投稿は、どこかのチームの批判ではなく「いろいろ大変なんだろうな」というような意味でです

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 前回の投稿の意味がわからなかった方。 読み返したら自分でもわかりませんでした。 何を言おうと…
  2. それでは、勝つために、「神」になってみましょう。 最初にお断りです。 これから述…
  3. テクニック編です。 これはぜひマスターしてください。 四輪では説明できないので、二輪で説明します…
  4. 前回の記事が片手落ちなので補足します。 前回の補足 補足するのは、以前の走法はどうだったのか? …
  5. カウンターアタックとカウンターステア カウンターパンチ カウンターといえば、モータースポーツでは…
  6. ヤン・マーデンボローの例を出すまでもなくコンピュータゲームはリアルな世界でも役に立つ。 F1ド…

コーナリング, 基礎

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »