リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

リカバリーと反射神経の関係

マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実はホンダ車のおかげというお話です。

他のGPライダーでもホンダ車に適切に乗れば同様のことができるはずだということです。

 

ホンダのバイクの利点というものを私見100%で決めつけてみたいと思います。
すべてに「例えば」とか「仮に」とかつけるのは面倒なので決定事項のように書いてあったとしても
すべてに「例えば」とか「仮に」とかがついていると思ってください。
仮定であっても事実と違うにしても、物作りやセットアップの傾向と対策の参考にはなったりしますので容認してください。

話そうとしていることは、如何にホンダは正しいアプローチを選択しているか ということです。

各メーカーの違い

ホンダは良いバイクを作るための要因としてライダーをあまり重視されていないように思われます。
良いバイクを作ってそれを試してもらうため、証明してもらうためにライダーがいる感じです。

ヤマハは積極的にライダーが参加して、人車一体のパッケージとしてバイクを作ろうとしているように思われます。

ドカは作る側の喜びのために作られたバイクで、そのバイクを気にいるかどうかは二の次のような感じがします。

他のメーカーは・・・良くわかりません ので割愛

だからどうした?

これがマルケスのあわや転倒からの復活劇を支援しているという話。
日本の偉大なるいぶし銀の辻本聡氏が「マルケスの凄さはまてること」と解説している通り、
リカバリーは単純に反射神経と経験だけで何とかなるものではないということを前提にしています。
最近はバランスボールというものの登場でバランス力が向上しているという事実はさておかれるわけです。

要は「バイク自体がリカバリーを試みるのでライダーは邪魔しないで見守っていてください」なわけです。

この考え方がヤマハ車、ドカティ車で成り立つかといえばさにあらずなわけです。
ホンダ車と同じように、傍観していれば立ち直るようなバイクを作ろうともせずにそもそも作ろうにも作るだけの実績データがないというのが実情でしょう。

 

じゃあバランス能力は必要ないかというとそんなことはもちろんありません。

バランス能力とはいいかえると、素早く検知して、正しい処理を、適切に、素早く行う、事の繰り返しだということだとすると、もちろんこれはいいことづくめです。

これらが欠けていていいことはどこにもありません。

バイクの場合はさらに次のことが加わります。

適切な位置にいて、邪魔をしない、邪魔にならない。

慣性モーメントを味方につけてバイクの本来持っている能力の邪魔をせずに、適切なタイミングで操作を起こせることをバランス能力と呼んでいるかもしれませんね。

 

四股しよう

バランス能力に加えもう一つ大事なのが、余計なことをしない事。

体幹というか体力、筋力も大事だということです。

これの練習・習得にに相撲の四股をお勧めします。

やってみれば判ると思いますが、結構ライディング中のフォームに近いものがあると思います。

そして意外とできてしまうと思います。

相撲は勝つこともそうですが、勝ち続けるためにけがをしない事にも重点を置いていると思います。

詳しいトレーニングの方法は、いくらでも手に入ると思いますので省略します。

 

※書きかけ投稿を公開します。

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ニュートラルポジションの重要性
    ニュートラルポジションの重要性 セッティングに迷った時にはその場その場で対応するのではなく、初期値…
  2. 車が誰かに曲がらせられるポイントと、車が自ら曲がりたいポイントは異なることがあります。 同様に車が…
  3. 諦めるのは… マシンの動きをコントロール下に置くこと諦めます。 他にやることがあります。 …
  4. フロントゴケが止まらないー後ろ乗りと逆操舵 状況の悪化は賢者にとって朗報である フロントタイヤが…
  5. 峠の下りコーナーで曲がりきれなさそうでヒヤリとしたライダーに朗報です。 ダートトラックのブレー…
  6. 参考グラフです。 ラインを道なりにして、横Gを一定にしたS字カーブの例です。 通勤中なのでゆっく…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »