大人げない大人

大人げない大人 【新解明国語辞典】

ライダー同士が次元の低い言い争いをしてるのを見て「大人げない」などと良く批判されております。

が、さて「大人げないの大人気」って何でしょう?「大人気の大人」って何でしょう?「大人」ってなんでしょう?
いつもの通り定義してみましょう。

goo辞書で「大人げない」を調べてみると「大人らしい思慮分別に欠けている、幼稚でみっともない」とあります。

大人げない 大人気無い https://dictionary.goo.ne.jp/jn/32094/meaning/m0u/

[形][文]おとなげな・し[ク]大人らしい思慮分別に欠けている。幼稚でみっともない。「―・いことを言う」
類語
たわいない 無分別(むふんべつ) 心ない(こころない)

類似語 https://dictionary.goo.ne.jp/thsrs/4494/meaning/m0u/

  1. 「大人気ない」は、大人であるのに大人らしい思慮分別がないさま、したがって、子供には用いない。
  2. 「たわいない」は、考えにしっかりしたところがない、幼くて思慮分別がない、言いくるめたりするのが簡単である、また、取るに足りないなどの意で用いられる。「たあいない」ともいう。
  3. 「無分別」は、物事の道理、善悪、損得などを常識的に判断できないさま。
  4. 「心ない」は、思慮、分別がないという意のほかに、思いやりがない、情緒を解さないという意もある。

反対語
▼無分別⇔分別 心ない⇔心ある

 

年相応の常識や知性に欠けていることをバカにしたり、それらを保持しているのにもかかわらずそれに従わないことを幼稚だというわけです。

う~ん

まあ他人様を攻撃するときのツールなわけですね。

 

ここぞとばかりに攻撃したいんです。

やっと見下せる所を見つけたんです。

他にないんです。

何か喋りたいのです。

寂しいんです。

 

ということを暴露したいのですね

自己主張…ではないので烏合の衆 に紛れ込みたいのですね

 

 

 

言い直してみます。

常識に欠ける【新解明国語辞典】

じょうしきにかける【常識に欠ける】

  • 自分の学力の優位性を誇り相手をバカにすると気に使う差別用語
    相手がが相応の年齢でないと効果がない
  • 脳内で相手の弱点を無理やり見つけ優越感に浸りたいときのツール。
    実際に言葉として発すると大人気がないという見方をされ、別観点からの己の常識が無いことが世間に周知されてしまう自爆用語となる

常識がない、常識知らずともいう。

大人気ない【新解明国語辞典】

おとなげない【大人気無い】

  • みっともない様を見てたまたま相手がそれ相応の年齢の時に使える差別用語

子供っぽい【新解明国語辞典】

こどもっぽい【子供っぽい】

  • それ相応の年齢の大人なのにいわゆる大人とは違うことができる、という褒め言葉

大人気【新解明国語辞典】

おとなげ【大人気】

  • それ相応の年齢になった時に備わっているだろうという知識や経験則

大人気ない大人【新解明国語辞典】

おとなげないおとな【大人気無い大人】

  • 「大人気無い」ことをする「大人」のこと
    一般に大人はあまり褒められた年齢層ではないことから、逆にほめ言葉(という書籍があります)

大人の作る大人像

子供の語る大人像は、大人に軽視されるので、一般に大人像は大人や、老人や権力層によって作られていると思います。
大人気のない育ちの私には大人像はこう見えています。

「おぬしも悪よのう」は褒め言葉

時代劇でよく聞くこのセリフは悪知恵の働く人でなおかつ実行する人のこと。
賢い知識を悪いこと(悪行)で発揮している人のことですね。

これはより悪人の悪代官様からの褒め言葉です。

悪の組織入りを認められた瞬間です。

対義語は善人ですね。

現代の例で悪人はというと
法律を作る人と、それを有効活用する人が上げられます。

法律は貧乏人にきつく権力層に甘いという、自分本位にのっとって策定されていたりするから
(法律のボーダーラインや隙間をつけばOKという識者向けのルールを作り上げています)
100円盗んで刑務所に入れられる人と何億円盗んでも罰金払って終わりの人
(例えは悪いですが)殺人を犯すと家族親類までもが末代まで後ろ指差されることと、いくら政治不正やら横領を働いてもカムバックできること

どう見ても大人って人格者とは言えないような気がします。

結局のところ…

 

大人【新解明国語辞典】

おとな【大人】

  • それ相応の年月をかけて研鑽し最終的に法と言葉と権力を行使してパワハラする人
  • 上記の大人達からのパワハラに対抗できるように防備した状態の人
  • 自分のことをさておける人のこと

生き抜く大変さが伝わってきますね。

さて、マルケスvsロッシです。

ライダー批判の大人げ度

両者の言い争いを大人気ないと批判しているのを目にしますね。

例によって定義、「他人に対して大人げのない人という人」の定義・権限としては

  • 大人を名指しで批判してもよいと認識している人。
  • 批判するに足る程度には大人だと自覚している人。
  • 大人気ないといってもよい情報を得ている人。
  • 自分の立場を判っていない人。
  • 話題をそらしたい人

とかですが

そして、その彼らの保護者というか上位関係者は、どちらが悪いか成敗するためにデータロガーや映像を見て判断しようとしているわけです。

これらを、正しい意味で「大人げない」といいたいです。

加えて、

  • 大人げないという人

まあ、自分をさらけ出すことは良い事でしょう。

 

 

大人気のある行動

例えばこういうことです。

ルールが明確な時

失格に足る行為を行った時点で、Mは結局失格です。
Mがルールを知らなくても誤解しても関係ありません。
Mが結果的に走り続けたことにより生じた不具合の責任は走り続けさせたレースディレクションです。
Mがルールを知っていたのにもかかわらず走り続けたとしても、それはルールの不備あるいはレースというものの特徴が原因です。
一旦裁定を受け付けると覆せないというか、単独の場合レース結果に後から10秒減算なんてしてくれないからです。

ルールを行使しなかったことによるアクシデント

ライダー同士のバトルのボーダーはルールに基づいた良識と損害によって作られているものです。
騒ぎが想定範囲を超えた場合の責任は主にルールといわれますが、実は「主に」のほかに心理的作用も大きいと思います。
平等に、あるいはルール通りであれば、言い争いに対して大人気ないといえると思います。
ルールに不備、改善点がある場合はその当事者を一切責めてはいけないことになります。

なので、本来であれば、ここは運営側の不手際であり、ペナルティを受けるのは運営側が罰則を受けるのが正しいと思います。

もちろんトカゲのしっぽ切りのような特定の人物を責めるのではなく、組織全体で制裁を受ける、あるいは社会に貢献するリソースを提供するとかのことです。

なので、ここでは、両者のトラブルを、ルールを順守させなかった運営側の不手際で、全力で詫びて、全力で再現しないように改善していくのが正しい運用というものだと思います。

おとななシュワンツ

沈黙、あるいは時間稼ぎをして、ベストなタイミングでいいとこ取りをするという「大人げ」もあります。

良い例
https://itatwagp.com/2018/04/15/motogp-5565/

悪い例
https://itatwagp.com/2018/04/19/motogp-5570/

大抵の場合シュワンツの発言は大筋で最もであり、優等生すぎないように落とし処としてどうでも良い処に軽い私見を入れてまとめあげます。

いきなり感情的にならず、十分効果のあるところでワンショットで決めるわけです。

大人ですねえ!と思う反面、敵に回したら敵わなそうでもあり、「おぬしも悪用のう~」にも仲間入り出来る人ですね。

そしてやっぱり「いいとこどり」に対して「大人げない」という考えも一理あると。

 

対して、他方のお偉いさんは、悪代官様~って感じで間違っても自分の非は認めずにトカゲのしっぽ切をして済まそう、というか面倒を起こすなという感じのパワハラ爆撃炸裂ですね。

これは、悪人は賢いけど悪代官は違うという例でした。(シュワンツはいい人…)

 

しかし、こういう人が大人の鏡というか目指す人物(組織のトップ)として名が上がるのはよいのですが、
その人たちの実態は結果的に得た権力からか、おごりが際立ってきたりします。

こうなってしまった人の言う「大人になれよ」というのは次の意味です。

大人しい『新解明国語辞典』

おとなしい 【大人しい】
  • 偉い人にさからったり避難したりしない。
  • 偉い人より目立たず、控え目
  • 偉い人を敬う、権力にまかれる
  • 己の無力を知っている

こういう人は自分のことを大人以上と思っているので自分のことは含まれません(スーパーサイヤ人みたいなものでしょうか)。

goo辞書によると大人しいの意味は次のとおり


[形][文]おとな・し[シク]《「おとな(大人)」の形容詞化で、大人らしいが原義》
  1.  性質や態度などが穏やかで従順なさま。「内気で―・い子」「―・く従う」

  1.  騒いだりしないで、静かなさま。比喩的にも用いる。「もう少し―・くしていなさい」「健康なときは―・い細菌も体調を崩すと活発に活動を始める」

  1.  色・柄などが落ち着いた感じがするさま。また、大胆さがあまり感じられないさま。「―・い色合い」「―・い着こなし」

  1.  他と比べて際だったところがないさま。抑制しているように感じられるさま。「―・い試合運び」「性能テストでは―・い数値が並ぶが、実際使ったときの感じは数値以上だ」

  1.  大人びている。大人っぽい。

    1. 「年のほどよりはいと―・しく」〈紫式部日記

  1.  思慮分別のある年長者らしい。主だっている。

    1. 「―・しき侍 (さぶらひ) どもをば、太政大臣、左大臣、大納言になし」〈保元・中〉

 

レジェンドの役割

同様にレジェンドと呼ばれるライダーも大人なのに大人気ないです。
ライダーにそれなりの知性が備わっているという前提では「ルールやペナルティが適切ではない」ということは明白なはずです。
(たとえ知性が備わっていなくても知性的にふるまうのが大人で大人げってものだとして)
ライダーについての発言(それは実際には「あおり」に相当します)する時点で大人げないのではなく、大人ではないことの証明(ほめ言葉ではない方の大人)になってしまいます。

結論

運営側が不備を認めて「今後に向けて全力で努力するので、今回のことは決まっているルールの履行と下されたルール以外は不問とする。以上」
といえば済むことだと。
それでもグダグダいうのであれば初めて大人気ないといってもよし。

 

それなりにネタとして盛り上げたところで、適当に収集させるのが大人の世界なので、踊るほうが悪いというのが現実。

MotoGPはボクシングほどの差(天国と地獄)はないので、適当にあしらえば、というのが識者・世間の選択して適切かもしれませんね。

ライダーは、一人の人ではあるけど「テレビの箱の中の役者」の要素のほうが大きいので、自分の役割を演じることに注力したほうが良いでしょう。

大人しくなるより暴れまわるほうがライダーらしいですし。

なんにしても正しい(効果的な)回答を用意しておくことに越したことはないです。

 

※組織が悪いと言いたいがために長々書いているので、文章の信ぴょう性等には大人げないので突っ込まないでください。

 

 

 

大人げない大人

好々爺というかヨーダというか、変な雰囲気を醸し出してきましたね

 

 

 

英語だと?

大人げないと同様の場面では次のような単語があるようです。

 

  • Childish :ネガティブな意味での幼い
  • childlike : Child:子供+like。⇒ どちらかというとポジティブな意味
  • mmature : 未熟、未発達な。 ⇒ どちらかというと、精神的にや内面的に成熟していないという意味

 

どの辺が大人げないのか?

たぶん、今回もかなり反感をかっていると思うのですが…

実はこれも用語の意図・大正などを定義づけをしないでそれぞれ勝手に使うからいけないのです。

で、そんなことも分からずに、第三者を攻撃する意味で使うので、ある意味内定な奴のレッテルを張ってもいいともうのですが…(ますます反感?)

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 二輪の話です。 とうとうリーンアングルが64度と遠心力(加速度)が2Gを超える時代になりそうです。…
  2. 2015全日本ロードレース第5戦ツインリンクもてぎ
    [caption id="attachment_3976" align="alignnone" wi…
  3. ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更で…
  4. もともとは四輪のドライビングねたなので広く誰でも、と思っていましたが、やはり内容がピンポイントすぎる…
  5. マシンセッティングの出させ方 サスセッティングの前途多難さ 前回何気なくHRCのセッティングのペ…
  6. ターンイン時のライダーのアクションには大別して、頭を中心とする頭脳系と、頭を振り子にする愚系とがあり…

コラム, 新解明国語辞典

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »