切り返しとジャイロ効果を極める

切り返しとジャイロ効果

コーナリングのパフォーマンスがタイヤで決定づけられているとしたら、誰が乗っても同じ結果になるか?
というとそんなことはない。

例えばラインの問題。
例えばワイドラインを好むロレンソと、タイトなラインを好むマルケスとでは結果が異なることでしょう。
これは同じバイクであれば、タイヤと路面とコースレイアウトとコース幅で大体の最適解ははじき出されるでしょう。

ではライダーの技量の見せ所はというと、つまるところクイックなバンク角速度にかかってくると思われます。
いやそんなことはない、と異を唱える場合、その想定した場面においてはライダーの技量の差はやはり出ないとおもいます。

そこでバンク角速度についてです。

前回の(ほとんど意味不明な)ジャイロ効果で述べたとおり、ジャイロ効果的な見地からはバンク角速度はたいして変わりません。
というより、バンク角速度を早めようと思って単純にエイヤとやっても思ったほど早まりません。

いやそんなことはない!と異を唱える方は、それはなぜなのかヨーク考えてみてください。

ということで、バンク角速度を速めようと思ったら どうすればよいか?を考えてみましょう

前乗りとセンター乗りと後ろ乗りの定義

とりあえずこれらの定義を次のようにさせてください。

前輪と後輪の奇跡が同じ半径だったらセンター乗り、前輪の方が小さかったら前乗り、後輪の方が小さかったら後ろ乗りとします。
いや、それは違うと思われた方、とりあえず、それぞれの半径を変える走法をやってみてください(スライドはさせないで)。

切り返しで考える

切り返しはいろいろなテクニック、あるいはテクニックと同等な行いを、多用しているからテクニックの違いを確認するのにはもってこいなので、切り返しを例にして話してみます。

まずはやってみましょう。
先の前乗り、センター乗り、後ろ乗りで切り返しをやってみます。
もちろんそれぞれできるでしょうが、それぞれイマイチなことに気が付きます。
イマイチなことに気が付いた方は、切り返しという一連のアクションの中に前乗りとか一つのライディングではなく別のライディングもあわせて取り入れているということです。
イマイチだと思わなかった方は、現状の走りがきっとイマイチ低次元であるということになります。

それでいいか?
結局それぞれがそれぞれいろいろなテクニックを駆使して切り返しを行っている、のは当たり前として。

その切り返しの方法は正しいでしょうか?
関連するテクニックを上げてみると、

  • 充て舵
  • 順舵
  • その他のステアリング
  • キープ
  • 荷重
  • 抜重
  • 体重移動のタイミング
  • アクセル
  • ブレーキ
  • 膝擦り
  • エアターン
  • 前乗り
  • センター乗り
  • 後ろ乗り

結果で判断すると
それぞれのテクニックをイチイチ説明はできないので、手っ取り早いラインで判断してみます。
前後のタイヤの軌跡で判断してみます。

  • リアタイヤがきれいなS字
    まずはリアタイヤ軌跡がきれいなS字を描くような切り返しのことです。
  • 前後がきれいなS字
  • フロントタイヤきれいなS字

 

やってみると分かるのですが、リアタイヤはきれいなs字を簡単に書けるのですが、フロントはうまく描けません。

でこのフロントを何とかs字を描くようにあがいてみたり、なぜ綺麗にならないか、とかを実践してみると答えが出てきます。

まず、一定速度では描けない事から、常に加速度が必要なこと、そしてサスペンションという時間差を発生させる装置の存在と、ジャイロ効果がもたらす時間差攻撃を何とかしないといけないことに気がつきます。

これらを見込んで時間差を持たせる、打ち消すあるいは助長させるような操作が必要になってきます。

これらをステップワークやアクセルワーク、あるいはステアリングで行うことになります。

この操作は当然のごとくジャストポイントというのが存在し、それはことが起きてからでは遅いので、時間の遅延が伴うサスの関与が見込まれた時点で、路面上のポイントよりも前に行うことになります。

見た目の操作の前に行う操作があるということになります(例えばあて舵という技はこれにあたると思います)。

そしてタイミングが重要なのかその力量が重要なのかもその操作によって明確になってきます。

 

で、この操作が上手くできるようになったとします。

 

さて、この操作はやりたかったステアリング操作と連動しているか関連があるのでしょうか?

頭の中でやりたい操作とは別に、それとは関係ない前処理というか準備作業とかの形でこの作業も上乗せして、分けて処理することが出来たとします。

いままで一つの操作のつもりで適当なポイントで行っていた処理が、それぞれ別の目的を持った二つの処理を行っていた!と考え・認識しなおすことが出来るようになると思います。

 

そうすると

切り返しは、力技のジャイロ処理と、繊細なステアリング処理を分けて考えることが出来より適切な操作となることでしょう。

切り返しに限らず、クイックな操作の後のおつりを最小限に食い止めることが出来るようになっているはずです。

 

※「書きかけを見つけたので取り急ぎ体裁を整えました」シリーズです。
当時、何を言いたかったが見えてきたら追記補足します。

 

 

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ヤマハの切り返しが重たい理由
    ヤマハの切り返しが重たい理由 マシン作りとライダーの関係 ヤマハの切り返しが重たい理…
  2. いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け
    いっそのこと衝突被害軽減装置の装着義務付け最初からそういうレギュレーションにしておけば一連のトラブル…
  3. アタックラップの走り方 マルケス式アタックラップ マルケス選手の予選のアタックラップでとってもア…
  4. ノーブレーキ走法を極める(四輪)
    ノーブレーキ走法を極める(四輪) 二輪のノーブレーキ走法 以前に紹介したキース・コードが勧めてい…
  5. バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3)
    バンキングさせようーハードな順操舵と逆操舵(膝すり小僧乗りその3) ハードな順操舵と逆操舵 引き…
  6. 2016年式MotoGPライディング
    2016年式MotoGPライディング 2016年ロードレース世界選手権MotoGPクラスのライディ…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »