ライディングフォームとステアリングと転倒率

転倒が続くと脱落していくのは年配ライダー

転倒率は低いに越したことはありません。

ということで今回はフロントのスリップダウンに注目してみましょう。

正解はマルケス

先に答えを書いてしまうと「マルケスを真似しよう」になります。

同類のライダーとしては、ストーナー、ビアッジ、青木琢磨、原田哲也、レイニー…

別タイプのライダーとしてはドォーハン、ノリック、シュワンツとか。

ライダーがステアするとき

例えばコーナが10か所あったら、ライダーが行うステアリング操作は10回で済んだりします。

バンキングの前後で一瞬ステアするだけです。

後は、大した役はしていなかったりします(不要だとは言ってません)。

その一瞬x10 以外でもハンドルにしがみついているわけですが、当然フロントがスリップダウンしかかっているときにもです。

その、スリップダウンの直前で、あるいはスリップダウン中に、仮に両手を離したらどうなるでしょう。

吉に転ぶか凶に転びか?

スリップダウン前後のライダーによるステア

オーバートラクションなり、トラクション抜けなりにしても、スリップダウン前後では、前後左右方向の加減速、Gの変化や、挙動不審な振動や揺れなどがタイヤ回り、マシン回り、同様にライダーも発生します。

それぞれの接点に力が加わるわけですが、その時のその手大丈夫ですか? というのが今回の趣旨です。

フロントがスリップダウンしそうなときにとりあえずやれたらいいのはステアリングを内側にステアすることだったりします。

しかし、ほとんどの挙動不審で、ステアリングをアウト側に切ってしまうような、ライディングしてませんか?

内側の腕を、脇を閉めたりなんかした日にゃあっ・・・

外側の腕を伸ばし切ってぶら下がった日にゃあってやつです。※

 

そして、今一度マルケスを見てみると、ニュートラルなのです。

絞るの反対の一文字に近いハンドルポジションは前後からでも、上からでも、可動域に対して自由度の高いセッティングです。

そのハンドルバーに対して適切なポジションをとると、前乗りというか、ガマガエル、みたいな感じが良いのでしょう。

マルケスのポジションだけが正解というわけではないので、それぞれのプライオリティとを天秤にかけてフォームやら着座位置やらをきちんと見直すとよいでしょう。

少なくとも左コーナーで左手で体重支えちゃってるようなフォームはいけません。

ノリック乗り(&ドォーハン)で、イン側の肩を入れるようなフォームって、イン側のハンドルに変な力が入らなかったりしそうです。イン側の肩を前に突き出すので、変な力が入りそうですが操作系に対してはあまり効果的なポジションにもならず、加えて外乱時には何の役もしません(褒めてます)。操作系の支点が前方&上方になる傾向がありフロントフォークの延長線上に近づくというメリットがあり加重には適していると思われます。対して外側の肩の力みや肩入れは、外乱にそのまま反応しそうな特徴があると思います。(ジムカーナやモトクロスなどのオフ系の場合は逆に外側の肩を前方に出し、かつ上から抑え込むポジションをよく目にしますが、ハングオフのフォームでは内側の肩でしかやれない)

 

ポジションのセッティングにいつまで時間をかけるんだ

で、ライダーが、ポジションに不満やら改善の意思があるときに、どのくらいの時間が必要なのでしょうか?

もしもチームやらスタッフやらが前向きに、真摯に対応したら、そんなもの数日で方向性を出せてしまうたぐいのものだと思ってしまいます。

重要性に気が付いていないのでしょうか?

ロレンソの出遅れは企業努力が足りないと、・・・

 

そして必ずしもライダーの意思を尊重するのが最善とも限らないでしょう。

ビックバイクで変にねじったポジションは手首を痛めてしまいそうですし。

 

ハンドルバー(の角度)を広げることの弊害は、移動量が大きく大変疲れるという点が上げられます。
絞ったハンドルが衝撃や振動のみだとして、それにストロークが加わる感じと言えるのではないでしょうか。

ライダーがステアするのではなく、マシン側からライダーをステアされるのって結構疲れると思います。
昔のエルフや4輪車のようにハンドルバーとフロントフォークを直結させないって手もあるので改善できると思います。
必要な時だけステアして、後はステアリングフリーにして衝撃を減らすとか。

ついでにつなぎの素材も、素材の摩擦力に方向性を持たせることで、ステアリングあるいはホールドの補助にできそうですね。

言いたかったのは、

このマシンはこの角度からこのくらいの力で押さえ続けないとトラクションが確保できないとか、それを基準とするとかのマシン情報を伝えずにいきなり乗せてもセッティングなんかでやし無いでしょ! って事。

そして、セッティングではなく自滅しているかもよってこと。

 

昔、ホンダは誰が乗っても同じように乗れるバイク、ヤマハは技量がないと乗れないバイク、がコンセプトだとか言われていましたが、(低次元の方々はともかく)乗りこなそうと思っているライダーにとっては逆転していたりします。
「誰が乗っても」とは「何もしないこと」ではないため、ライダーが何をやらかしても無反応なバイクを作らない限り同じ様なバイクは作れないことになります。
誰にでも同じように乗れるバイクは、ライダーは何もしなくてもよい、ではなく簡単な作業をやり続けることこそが安定して同じように乗ることにつながると思います。

なので、このマシンは、「170cmの標準体形のライダーがこの位置に座って、肘の角度はこうで、フルバンク旋回中はイン側のハンドルを軽くプッシュ、とかがデフォルトでニュートラルになる仕様」だ、これにライダーが固有の味付けでさらに次元を上げられるかトライしろ。とかのほうが伝わるし、垢率もよいのではないでしょうか。
特にフロントのトラクションを片時も抜いてはいけないような仕様のマシンの場合、デフォルトのライディングスタイルの固定化は重要でしょう。

 

以上

なんだかんだ言って、フォームを真似するならこの二人

加藤 大治郎 Telefonica Movistar HONDA

 

ワイン ガードナー  1990/HONDA NSR

ニュートラルな位置に体を置くことは、可動性も可能性も可用性も可塑性にも良い位置だとおもわれ。

 

そして習才ならマルケス、天才ならストーナー。
何も考えなくともそこにいられるのではないのなら習ったもの勝ち。

マルケスがポカするのは、それが天性のものではないからやり忘れてしまうのでした。

ケーシー・ストーナー

※フロントがスリップダウンしそうなときに、フロントタイヤをイン側に向ければいいとは必ずしも限らないことは周知のとおり。
その時々で、フリーにするのが良かったり、ホールドするのが良かったり、無理やりステアするのが良かったりです。

※全ての画像はhiroさんのものです。hiroの写真の部屋

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 見た方に進むと巷ではよくいわれていますが必ずしもそうではないです。 少なくとも考え方としてそう思わ…
  2. 接近することがポイント
    レースにたらればはない よく聞く言葉ですが、使い場所が違います。 結果は結果…
  3. キース・コード的立ち上がり RR 〉 立ち上がりロードレースにおける立ち上がり時のプロダクトは次の四…
  4. 著者の伝えたいことは大抵たった一つの言葉で表せる(読者) キース・コードの著作『ハイスピードラ…
  5. マレーシアGPのロッシとマルケスの接触転倒劇は、またまた物議を醸すのでしょうね。 運営側はとも…
  6. リアブレーキとチェーンによるアンチスクワット効果 「加速時にリアサスペンションは伸び上がる」は間違…

セッティング

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »