内足外しを自身のライディングテクニックに加えようと思ったら

諸説はともかく、自分の走りに内足外しを取り入れようと思ったら、次のような場面で行うとよいでしょう。

  1. ブレーキング時にリアタイヤが内側に入ってきては困る時
  2. バンキング時とコーナリング中にリア加重を意識したいとき

ただしやるならやるで適切なタイミングがあるし、へたしたら逆効果になってしまう場合もあるということを忘れてはいけません。

ブレーキング時にリアタイヤが内側に入ってきては困る時

1は前提としてリアが浮き上がってしまう、あるいは浮き上がってしまいそうなときに効果があります。
このような時になぜ足外しが効果があるかというと、ご存じダートトラックが浮上します。なぜモトクロスが含まれないかというと、アプローチの特性の違いがありモトクロスにそんな暇などないからです。
どちらもコーナリング中に脚が邪魔なところから始まるにしても、直前まで我慢する必要のない時間的余裕のあるダートトラックでは、新たなメリットとしてリアタイアが内側に流れるような不利な状態になりにくいというメリット、あるいは安心感を結果的に得られたのでした。
精神的な面に加え物理面でも効果はあり一連の動作がバイクを傾けたり、重心を外側に持っていくのに効果的なことなどが体感できたのでした。
ただしライン的や意思的な制約などを受けるので効果がある場所は限定的です。

失敗例、あるいは無対策な例として、ドヴィツィオーゾ(だったと思う)がリアタイアが内側に入ってモタモタしていた場面が映されていましたね。
改めて逆側に振りなおすのって結構大変、あるいは時間が必要だったりしそうなので、その危険性があると思ったらライン含めた走りに合わせて計画的に行ったほうが良いと思います。
タイミングや感覚がよくわからないという場合は、(モトクロス走りではなく)ダートラ走りで30分も走ればつかめると思います。

 

(詳細は割愛で…)

で、本命の2です。

バンキング時とコーナリング中にリア加重を意識したいとき

やってみれば判るのですが、ステップ荷重では得にくいシート荷重のメリットを活かすべく、いったん足荷重のリセットが行えることです。そのおかげでシート荷重を意識し、さらに意識的なコントロールが出来たりします。
足荷重と、シート荷重の一番の違いは荷重分布ではなく、ねじりのモーメントを発生させられることです。
例えばニーグリップでバイクの傾きを変えようなんて思ったとした場合、それが可能なのはステップ荷重ではなくシート荷重の恩恵になります。
同様に加速時のライダーの荷重分布のさじ加減はシート荷重のほうがはるかにコントローラブルなことは、やってみればすぐわかります。
足外しをする時点でシート荷重を実感でき、脚を元に戻す時点で、荷重コントロールをコントロールすることが出来るようになります。
当然これと同等なことを足外しをしなくても出来ますが、その場合の主体は腕になるわけです。
その場合時間差による荷重コントロールをすることになると思いますがロードの場合ブレーキング中で大忙しだったりするため、そんなことより足を外せば一連の作業を安定して行える、というメリットが浮上してきます。
総じて単純なセンサー的な役割だけでなく、実際の荷重配分をより意識的に行えるというのは大きなメリットとなるでしょう。

そしてこれはバンキング時の押し出し的な加重だけでなく、コーナリング中の前後のトラクション(荷重)比や回頭加減などのコントロールまでやりやすくなります。特に腰というのは慣性の始発と終点までの意図的なタイムコントロールに特化しているし、簡単に制御できるのでダンパーとして優れていると思っていたりします。

 

これ以外にも、例えばリアの接地感というか、リア回りが地面から遠く離れているような感じに陥っているときときにも効果があります。結構ブレーキング時のピッチングで路面との距離感が見えなくなってしまう時があるので。

その他、無理やりにでも理由を付けて整理しておくと次第に正しい効果として集積されてきたりします。

 

上記のこれらは、そうだとか違うとかではなく、そう信じて行うと効果的かもしれない、と思って行うとよいでしょう。
で、最近はリアブレーキを右脚ではなく、手元でもコントロールできるようになってきたので、右コーナーでこそ多用すべき技と言えるでしょう。
なんといっても右コーナーのほうが相対的に多いので。

 

ロレンソの憂鬱

ところで、
以下低次元な話ですが、
私は、足外しの安心感はともかく、わざわざ足を外さなくても同様なコントロールができていました。
それは私が、変則的なグーフィースタンス(スケボー・スノボー用語)だからです。
たまたまでしょうが、わりとこのコントロールに特化しているようだったのです。

反面弱点は致命的で、左コーナーと右コーナーの走りの次元に差があり、そのおかげで今年のマルケスとロレンソほどのタイム差が生じてしまうことでした。

だからなんなのというのは、ロレンソが今年絶不調なんだけど、自分のベストラップの2秒落ちなんて、割と簡単に起こりえるし、さらに本人の態度次第では、いつまでも直らないし、だけどよくあることなので大したことじゃないという慰め、あるいはダメ出しを次回に

マルケス仕様で乗りこなせないとかだとしても、手はあったでしょうという外野ならでは話・・・・

 

関連記事

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 不幸にして、ストレートエンドで前走車にぴったり張り付いてしまった場合、あなたはもう負のスパイラルから…
  2. 個々のライダーのライディングを動画や写真で分析するのは、ある意味危険です。 同様にメーカーによ…
  3. 進入時のテールスライドが必要な理由 その5 最速のトド復活
    進入時のテールスライドが必要な理由 その5 進入スライドの利点 進入スライドは見た目の派手さだけ…
  4. コーナリング番長 RR>マルケスのフロントゴケを斬る その3 特効薬はダート乗り ノリ…
  5. 広〜いランオフエリアで最後に失速ゴケ。とても残念ですね。ランオフエリアの走り方は、そう、全開で駆け抜…
  6. ニッキー・ヘイデン
    ハンドル操作と転倒率 マシンのセッティングをするにあたり、たとえば手放しでも操縦?できるようなセッ…

Translate:

最近の投稿

ページ上部へ戻る
Translate »