レース後の会見で、「セッティングがうまく行かなかった」とよく聞きます。
この発言で誰が幸せになるでしょうか?
言い訳した本人も、セッティングに携わるスタッフも、友人も、観客も、特にスポンサーは・・・。

きっとレース中も言い訳が成り立った時点で、ある種の安堵感を感じたりしているかもしれません。
「これで勝てなくても仕方がない」。

レース後の言い訳ではなく、
レース中にやること、
未だやれることがあるか、
を考えましょう。

原因がわかれば一番ですが、そうでない場合でも、
とにかく何かを変えるか、
あるいは変えているものをキープするか、
現状とは違う行動、あるいは考え方をすることです。※1

まずはリストアップです。

ステアリングの切り方、
ブレーキの掛け具合、
ライン、すべてが「セッティング」と言われた挙動に影響しているはずです。
細かく言うと、
時間軸があるものすべてをリストアップすると良いでしょう。
ダンパー、
スプリング、
慣性、
ねじれ、
人間、※2
タイヤ、※3
路面も。

さてどのように料理しましょうか?

続く・・・

※1
もちろん順位キープや完走を優先することも大事ですよ。

※2
人間は物理的にも精神的にもものすごく多才です。

※3
二輪だとバンク角などもその要素に加わります。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. ジムカーナ走法の立ち位置とGPライダーの特徴
    GPライダーの言葉の重みは表面的な活字ではなくその裏に隠されたGPライダーたる所以を読み解くことで値…
  2. フロントの旋回性が悪い時はまずはリアを疑うところから
    フロントの旋回性が悪い時に考えること フロント周りの旋回性が悪いからと、フロント周りのセッティング…
  3. 様々なライディンスタイルやライディングフォームがあり、それぞれ特徴やラデメリットやらがあると思います…
  4. オートバイやタイヤが倒れずに自律走行してしまう仕組みは方々で説明されていますね。 スリップアン…
  5. とりあえずセナ足をやってみると、その反動というか結果がステアリングにも表れてきます。これを打ち消すか…
  6. 進入時のテールスライドが必要な理由 その5 最速のトド復活
    進入時のテールスライドが必要な理由 その5 進入スライドの利点 進入スライドは見た目の派手さだけ…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »