セッティングを感じるのは、体中です。
体中ががセンサーです。

しかし、適当に走ってその状態のセッティングを感じとるのは、実際のところかなりの経験を必要とします。
そこで今回は、セッティングについての経験を積みましょう。

結局のところ、4輪をコントロールしているのは足と手しかありません。
手と足では手のほうが、より思った通りに動いてくれます。
ということで手を使います。

コーナリング中についての状態について経験を積みましょう。
試す方法は「ソーイング」です。

パターンは次のとおりです。

☆ステアリングを切る方向について
・イン側
・アウト側
・両方

☆車体の状態について
・ニュートラル
・オーバーステア
・アンダーステア

☆ステアリングの状態
・イン側に力を入れている
・ニュートラル
・アウト側に力を入れている

☆ステアリングを切るスピードについて
・速く
・遅く
・普通に?
・一定に
・不安定に
・振動させる(切ったり戻したり)

この組み合わせを試すことで次のことがわかります。
というか、わかるまで様々な組み合わせを試しましょう。

・現状
・異常
・車体の硬さ
・タイヤの空気圧
・サスのスプリング的な
・サスのダンパー的な
・シートのクッション
・ハンドルの遊び
・慣性的な
・重力的な
・加減速度的な
・消耗的な
・空気抵抗的な
・その他、時間差を生み出すいろいろなパーツによる、何か

とりあえず最初は普通に旋回中にイン側にちょっと力を入れてみる、
あるいはちょっと力を抜いてみるところから始めると良いでしょう。
注意点は同伴者がいるときは控えめにすることです。
かなり不快なようです。

効果がわかるようになったら、様々な組み合わせを試すことになりますが、
ステアリング動作を音の波形と置き換えるとわかりやすいです。
正弦波、三角波、ノコギリ波、周波数、強弱、まるで一緒です。

アイルトン・セナはこれを足でやっていました。
ので、これを「セナ手」と呼びましょう。

試す車はなるべくふにゃふにゃな車が良いです。
レーシングマシンでは硬すぎてわかりにくく、有効な周波が高周波になってしまうので体感できないでしょう。

これを時間をかけてたくさん経験を積むと、幸せなレーシングライフをおくれるかも知れません。

続く・・・

2014f1

 


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方
    上り坂と下り坂の違いとブレーキングの仕方 街乗りを想定するとなかなか書きにくいので別投稿で補足しま…
  2. 「ベストな走り」の結果、通ったラインを「ベストなライン」とします。 で、人・マシンが進化すれば常に…
  3. 今回は腕を例にとり説明しましたが脚でも腰でも同じようなものです。特に伸身抜重と、屈伸抜重はタイミング…
  4. 二輪のレース関係者は以下のように定義すると用語の実用性が上がります。 すりっぷ【スリップ】 …
  5. あて舵 あて舵の逆操舵は全盛期には皆普通に行っていたテクニックでした(何の全盛期?) その逆…
  6. オブザーバー対策 ミスジャッジ? 「これが失格でなかったらどれが失格になるんだ」 ライダー…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »