フルブレーキ、奥が深いと思います。
簡単に「フルブレーキした」とかよくいいますが、一度その発言を捨てましょう。
試してみればわかります。

■まず前置き。
二輪は危険なので必ず四輪で行いましょう。
停止するまでということにしましょう。
物理的なことや、四輪あることとかはいったん脇に置いて、前輪を100%制動に使うとします。
100%とはスリップ率10%で、10%を超えたらタイヤがキーと鳴る、ということにしましょう。
対象はタイヤと路面ということで、ディスクやパッドはタイヤを100%使える能力があるということにします。
ご存じのように慣性の持っているエネルギーは速度の2乗です。
しかし、タイヤと路面では、回転していることを無視して、たとえばスリップ率10%とかで考えるとスピードは関係ありません。
熱の問題があるので複雑だとしても一定の踏力でのブレーキ(ブレーキパッドを抑える力)では100%制動につかえたとは言えません。
くりかえしますがエネルギーは速度の2乗だからです。

■練習
ブレーキの力(踏力)を一定にして止めます。
何事もなく止まった場合
これはタイヤを100%つかえていません
さらに強くブレーキしましょう。

強くしていくとブレーキング中のどこかでキーと鳴り出します。
その時の踏力とスピードを体で覚えます。
鳴りだした後はどうでもよいので緩めてください。

一定の踏力では100%使っている状態があったとしても、最初から最後まで100%ではないということがお判りでしょう。

これを停止直前と、ブレーキング開始直後でそれぞれ鳴らせられるようにします。

次に停止直前と ブレーキング開始直後の途中でも鳴らせられるようにします。

仕上げは鳴りっぱなしに挑戦です。

これで2次曲線的なブレーキングが出来るようになりました。

ついでに車体の姿勢的なものにより、踏力を変化させる必要があることを楽しみましょう。
さらに路面のミュー的なのにも詳しくなりましょう。

では


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. しゅうちゅうりょく【集中力】 精神安定剤のように頻繁に使われるが、実際には有用なようでさほど有…
  2. とうとう片足だらりではなく、両足だらりで結果を出す選手が現れてしまいました(スーパースポーツ世界選手…
  3. 集中力の使い所 RR>ストレート 転倒パターン ライバルに追い上げられてハードな時、あるい…
  4. 今回はスタート練習について。 昔のGPでは実際のスターティンググリッドあたりからスタート練習し…
  5. スポーツであり、戦いでもあり、ルールにのっとているとしても、彼はわざわざ相手をリタイアさせてまで勝と…
  6. オートバイやタイヤが倒れずに自律走行してしまう仕組みは方々で説明されていますね。 スリップアン…

Translate:

ページ上部へ戻る
Translate »