街乗りでの停止の仕方です。
特に同乗者がいるときには有効です。

ほとんどのドライバーは車を停止するときにブレーキを、車が停止すまるまでそのまま踏んでいます。
踏んだままだと最後に慣性のおつりが来ます。

格好悪いのでやめましょう。

停止する直前ではブレーキを踏む力(踏力)は限りなくゼロでもよくなります。
ただしサスペンションという時間差を持った邪魔者がいます。
これがおつりの原因です。

ブレーキすることで縮んだサスペンションが戻る時間を停止する前に与えることが必要です。
具体的にはブレーキを弱めます。
サスペンションが平時に戻った時点でさらに弱めます。
そして最後にある路面抵抗だけでも停止すると思われる時点でいったんブレーキをはなした状態で停止を待ちます(ただし下り坂は別です)。
そして最後に改めてブレーキを踏んで停止の完了です。

ただし路面抵抗が大きくサスペンションがやわらかい車は、惰性で停止しても反動が大きい場合があります。
うまくいかないときは下手に気を使うよりメリハリをつけたほうがスムーズに感じるでしょう。

では。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Crescendo Moto イヤープロテクター 耳栓
価格:2380円(税込、送料無料) (2019/5/27時点)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. 少なくとも「ライントレースの練習」中は、自分で走りやすいラインを考えて作るのはやめましょう。 なぜ…
  2. イン側に割り込むということ 野放し禁止 絡めば絡むほどよろこんでじゃれまくり。 本人は手加…
  3. ハングオンの始まりは、ブレーキとともに上体をガバっと起こす一連の動作から始まります。 このガバ…
  4. さすが低速、好き放題できます。 礼儀正しく慣性待ちするとタイムロスなので、 速く走るためには結構…
  5. ステアリングダンパーの功罪 RR > セッティング
    レーシングマシンには欠かせないステアリングダンパーですが、使い方を誤ると手痛いしっぺ返しが待っていま…
  6. タイヤとレーシングスーツのコンパウンド 驚異的なマルケスリカバリーには物理的な裏付けも必要です。 …

基礎

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »