街乗りでの停止の仕方です。
特に同乗者がいるときには有効です。

ほとんどのドライバーは車を停止するときにブレーキを、車が停止すまるまでそのまま踏んでいます。
踏んだままだと最後に慣性のおつりが来ます。

格好悪いのでやめましょう。

停止する直前ではブレーキを踏む力(踏力)は限りなくゼロでもよくなります。
ただしサスペンションという時間差を持った邪魔者がいます。
これがおつりの原因です。

ブレーキすることで縮んだサスペンションが戻る時間を停止する前に与えることが必要です。
具体的にはブレーキを弱めます。
サスペンションが平時に戻った時点でさらに弱めます。
そして最後にある路面抵抗だけでも停止すると思われる時点でいったんブレーキをはなした状態で停止を待ちます(ただし下り坂は別です)。
そして最後に改めてブレーキを踏んで停止の完了です。

ただし路面抵抗が大きくサスペンションがやわらかい車は、惰性で停止しても反動が大きい場合があります。
うまくいかないときは下手に気を使うよりメリハリをつけたほうがスムーズに感じるでしょう。

では。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. シートストッパーでわかるライダーの前向き加減 ストレートで空気抵抗を減らす工夫 シートカウルから…
  2. 遠征と温泉とウォーミングアップと運動能力アップ なんと予選・決勝の2〜4日前に40〜42度くらいの…
  3. あて舵 あて舵の逆操舵は全盛期には皆普通に行っていたテクニックでした(何の全盛期?) その逆…
  4. 周回数の間違えさせ方ライダーに優勝したと思わせガッツポーズをさせるが、実際にはレース途中のため恥と落…
  5. 他人を裁く者は自身の非を認めるくらいの裁量は備えていてほしいものです。 現時点ではマルケスのパ…
  6. 我々?ライダーは、雪道も歩くのではなく、いきなり走ります。 雪道、あるいはアイスバーンの走り方…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »