目で入った情報に脳が応え手足に伝える。
これしかないと思います。※

ここでコントロール項目としては
目に何を入れてあげるか、それに対しどのように反応する脳を作るかです。
これについてこの後つらつら述べていきたいと思います。

※これしかないと言っておきながら、外部からの振動やGとかありますがここでは省いてもよいと思われ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ソースネクスト eSHOP

ランダム記事

  1. レギュラースタンスのマイク・ドゥーハン。 グーフィースタンスのノリック・阿…
  2. 同じように見えることでも、「オーバーテイク」を手に入れられる場合と、遠ざけてしまう場合があります。 …
  3. またまたダルマ走法 またまた、マルケスがマレーシアGPでフロントスリップからスリップダウン…
  4. ライディングフォームとタイミング
    ライディングフォームとタイミング アクシスローテーションとニュートラルスタンス たとえば、つま先…
  5. バンキング時のトリガー・アクションとしてステップの踏み込みはあまり得策ではないと前回お伝えしました。…
  6. タイトルのとおりです。 マルケスにしろペドロサにしろ、皆さん後ろ乗りです。 ヘルメットが…

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »