カテゴリー:二輪ネタ

  • 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違うレジェンドは適役だとは思えません。 同じスゴイを表すにしても次元が違い過ぎて、どんだけスゴイかという説明が実際のすごさ…
  • リーンアウトの仕方

    リーンアウトの仕方 見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト いわゆるリーンアウトにもいろいろあって、ライダーのフォームのこと、バイクと重心点の角度のこと、そしてライディングの手法のことであっ…
  • チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果の関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性

    チャタリングとサスセッティングとジャイロ効果とステアリングの関連性 主にパーシャル付近でのチャタリングや切れ込み具合に不満がある場合のセッティング変更としてイニシャルや突出しなどを数ミリ単位で変更したりしますね。 今…
  • 肘で乗る! 転ばぬ先の肘

    とうとう片足だらりではなく、両足だらりで結果を出す選手が現れてしまいました(スーパースポーツ世界選手権、SSP スーパースポーツ ラウジッツリンク戦でシェリダン・モライス(SHERIDAN MORAIS)選手がキャリア初…
  • ハンドルをこじる-リーンアウトの仕方と使い方

    ハンドルをこじる - リーンアウトの仕方と使い方 リーンアウトが基本の基だとして、そのやり方と、その使い方についてです。 ハンドルをこじるのはご法度? リーンアウトのやり方で「膝で倒しこむ」「イン側ステップで倒しこ…
  • リーンウィズ? リーンイン? ライディングフォームの基本の基

    ライディングフォームの基本の基 今更な「正しいライディングフォーム」ですが、今一度。 今更ですがこのサイトはレース向けなので視線はタイムと安全性に注目しています。 人の目は気にしていませんことを…。 すべては…
  • 転倒の仕方その1 マーベリック・ビニャーレスの場合

    ビニャーレスがそうだったとは言いませんが、切り返しをいい加減に行うとあんな感じで転倒できます。 いくつか方法がありますが一番簡単な方法を伝授しておきます。 転倒の仕方その1 切り返しに失敗して転倒する高度な方法…
  • 目には目を (抜けたトラクション)

    あて舵 あて舵の逆操舵は全盛期には皆普通に行っていたテクニックでした(何の全盛期?) その逆操舵が実はトラクション抜けな走法ということに前回なりました。 しかし、だからと言ってこの走法がダメなわけではありま…

新着記事

  1. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…
  2. アクセルとブレーキの踏み間違い

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  3. 日常生活の中に急ブレーキの練習を!

    日常生活の中に急ブレーキの練習を! 実は免責対策として 急ブレーキと急ハンドルは厳禁!とか急ブレ…
  4. ABS?

    ECUなんかよりABSでしょ ~#今日のプリウス対策

    何をいまさらABSだとか言いだしているとお思いでしょうが・・・ 結局のところフロントのエアロパーツ…
  5. 逆操舵とバランスと四股とバレエのアン・ドゥオール

    バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  6. リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

    リカバリーと反射神経の関係 マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実…
  7. 肘はライディングのバロメーター

    様々なライディンスタイルやライディングフォームがあり、それぞれ特徴やラデメリットやらがあると思います…
  8. リーンアウトの仕方

    リーンアウトの仕方 見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト いわゆるリ…
  9. 切り返しとジャイロ効果を極める

    切り返しとジャイロ効果 コーナリングのパフォーマンスがタイヤで決定づけられているとしたら、誰が乗っ…
  10. 立ち上がりのラインは加速重視一択なのか? ラインは誰が決めるべきなのか

    最終ラップの攻防! という、聞こえはいいが「たいしてグリップが良くない割に耐久力もない」という切な…
HMV検索
検索する

二輪ネタ

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »