カテゴリー:ライン

  • 基本の基:キース・コード的>理想のライン#1

    「ターンインは、ブレーキングの開始とともに始まり、ブレーキングが終了する前に終わる」の続きです。 毎回同じポイントからターンインし、ラインを5cmもずらさずコーナリングするレーシングライダー。 …
  • ケーシー・ストーナーのインタービュー記事

    スライドは、加速には利点はなく、方向を変えることができる、さらにジオメトリー的にも何らかの影響を及ぼすことができるので、頭の使いどころであるといっています。ただしこれも通常のアプローチの欠点や、自身の弱点を補うための、リスクのほうが高いツールであることを忘れてはいけないといっています。
  • 理想のラインと理想のビュー

    人に説明するために「理想のライン」を用いてもよいですが、 自身に対しては「理想のビュー」ではないでしょうか? 自身が理想のラインを走っていると思われる時の、 そのラインの価値の判断基準はそのラインを本当に通って…
  • 抜いて抜かれて抜く ~可夢偉のオーバーテイク 回答編 その5

    同じように見えることでも、「オーバーテイク」を手に入れられる場合と、遠ざけてしまう場合があります。 それは位置的な違い、時間的な違い。 うまく利用したものを後押ししてくれます。 今回は、ストレートの前のコーナー…
  • 可夢偉のオーバーテイク 回答編 その3

    行列に並んだ場合、割り込みはご法度です(喧嘩になります)。 ところが、合流ではきれいに譲り合います(特に東北、関東)。 これはマナーというよりリスク回避です(ある意味大人です)。 これも回答の一部になりますので、よ…
  • 理想的なステアリング (ライントレースの練習 まとめ)

    理想のラインを理想的にトレースしている時はこんな感じです。 ・視線でラインをトレースします(トレースライン)。  トレースラインは走行ライン上とは限りません、本人が一番うまく走れるポイントを見ています(何も見…
  • リアステアっぽく走る その1(ライントレースの練習 その9)

    二輪、四輪ともリアステアという状態・感覚があります。 実際には以下のように様々な状態を指していると思われます。 ・リアを軸に旋回している時 ・慣性が何かしている時 ・実はフロントが何かしている時 ・ドライバー(…
  • セグウェイを知る(理想のコーナリング)

    一輪車に乗れない方はセグウェイに乗ってみることをお勧めします。 セグウェイには左右の二輪構成なので前後輪という概念はありません。 左右の内輪差の問題も構造上問題ないのでいわゆるジオメトリーとかのセッティングを考え…

新着記事

  1. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…
  2. アクセルとブレーキの踏み間違い

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  3. 日常生活の中に急ブレーキの練習を!

    日常生活の中に急ブレーキの練習を! 実は免責対策として 急ブレーキと急ハンドルは厳禁!とか急ブレ…
  4. ABS?

    ECUなんかよりABSでしょ ~#今日のプリウス対策

    何をいまさらABSだとか言いだしているとお思いでしょうが・・・ 結局のところフロントのエアロパーツ…
  5. 逆操舵とバランスと四股とバレエのアン・ドゥオール

    バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  6. リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

    リカバリーと反射神経の関係 マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実…
  7. 肘はライディングのバロメーター

    様々なライディンスタイルやライディングフォームがあり、それぞれ特徴やラデメリットやらがあると思います…
  8. リーンアウトの仕方

    リーンアウトの仕方 見た目ではなくテクニックとしてのリーンアウト いわゆるリ…
  9. 切り返しとジャイロ効果を極める

    切り返しとジャイロ効果 コーナリングのパフォーマンスがタイヤで決定づけられているとしたら、誰が乗っ…
  10. 立ち上がりのラインは加速重視一択なのか? ラインは誰が決めるべきなのか

    最終ラップの攻防! という、聞こえはいいが「たいしてグリップが良くない割に耐久力もない」という切な…
HMV検索
検索する

ライン

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »