カテゴリー:コーナリング

  • コーナリング論の誤り

    同じことをしても「伸びるものも伸びなくなる」ということです。 「コーナリング中のハンドル(ステアリング)は一定に」とか、「ラインをトレースする」とかいうドライビングテクニック論が当たり前のことのように日常交わされて…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源 その3

    その3です。 レース目的でのラインの話題では、一般的な「理想のライン」は、そのゾーンをより短時間で走るために、侵入はアウトギリギリから、クリッピングではインギリギリまで、脱出はアウトギリギリだと思います(もちろん例…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源 その2

    ラインを考える前に、「ライン通りに走れるか」を振り返ってみてください。 レコードラインを通れるという人、自身のベストラップになりましたか? ベストラップになった人は、もっと速く走れますよ。 ベストラップにならない人は、スピードもアプローチもそのレコードラインとは合っていません。
  • 当て舵を極める (シューマッハはジオメトリーを変える その2)

    テクニック編です。 これはぜひマスターしてください。 四輪では説明できないので、二輪で説明します。 しかし二輪では危険なので、四輪で試してください。 二輪でカウンターステアをあてる(逆操舵)という、ターンイン…
  • 「理想のライン」は諸悪の根源

    もし速く走るための練習中にインに張り付いたらそれは練習失敗です。 そこのポイントにたどり着く前の、走りの次元、完成度を高めることが出来なくなるからです。 このラインが正しいかどうかを判断する機会も失われます。 また繰り返し間違ったラインを通り続けることの様々な弊害も考えられます。
  • 荷重ではなく抜重で考える

    二輪の話 これは広くもう行き渡ってますよね。 荷重(正確には加重)したくても体がのびきっていたら何もできないし、 荷重の度合いを決めるのも抜重にかかっています。 考えないといけないことはその抜重には時間が必要…
  • シューマッハはジオメトリーを変える

    コーナリングアプローチについてです。 鈴鹿の予選での、シューマッハの1コーナーの走り覚えてますか。(何年か忘れた) とても完成度が高く、他のドライバーとは一線を画していましたが 翌年のF1ドライバーは皆、フロン…

新着記事

  1. ニュートラルポジションの重要性

    セッティングとライディングにおけるニュートラルポジションの重要性

    ニュートラルポジションの重要性 セッティングに迷った時にはその場その場で対応するのではなく、初期値…
  2. 車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みを構築することで、犯行から取り合押さえまでパッケージ化された対策を練り、具…
  3. 内足荷重と外足荷重のその正体 ~体幹乗りの勧め

    内足荷重と外足荷重 体幹荷重ができるようになると、内足荷重と外足荷重の正体というか、具体的な役割や…
  4. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…
  5. アクセルとブレーキの踏み間違い

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  6. 日常生活の中に急ブレーキの練習を!

    日常生活の中に急ブレーキの練習を! 実は免責対策として 急ブレーキと急ハンドルは厳禁!とか急ブレ…
  7. ABS?

    ECUなんかよりABSでしょ ~#今日のプリウス対策

    何をいまさらABSだとか言いだしているとお思いでしょうが・・・ 結局のところフロントのエアロパーツ…
  8. 逆操舵とバランスと四股とバレエのアン・ドゥオール

    バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  9. リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

    リカバリーと反射神経の関係 マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実…
  10. 肘はライディングのバロメーター

    様々なライディンスタイルやライディングフォームがあり、それぞれ特徴やラデメリットやらがあると思います…
HMV検索
検索する

コーナリング

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »