タグ:後乗り

  • 前乗りと後乗りの使い分け マシンセッティング(頑張れヘイデン)

    前乗りと後乗りの実情 フロントスライドができるとマシンセッティングがはかどりますよ!と前回フロントスライドの仕方を書きましたが、 きっと、マスターするところまではいっていないと思うので、中休みを。 &nbs…
  • シートストッパーでわかるライダーの前向き加減

    シートストッパーでわかるライダーの前向き加減 ストレートで空気抵抗を減らす工夫 シートカウルからのオンボード映像が配信されるようになってから、世に広まるようになった走法にストレートでの後座りというのがあります。 …
  • 基本の基:ジムカーナ>切り返し #2

    目指すはフルボトムな切り返し! 切り返しの具体例を紹介します。 いきなり極め付きの切り返しです。 普通に切り替えしてみるとわかりますが、切り返し途中の直立付近での…
  • 基本の基:ロードレース>前乗りと後乗りとタダ乗り

    往年のスペンサーとかケニーとかの、見た目同じようなリアのスライド走法はどうでしょうか? こちらはフロントを頼っていない割にいきなり旋回していきます。 思い描く走行ラインは、スライドしてるリアタイヤから創造されていると思います。 これこそは後乗りな感じだと思いませんか? もう旋回を開始したとたんに後乗りです。
  • 基本の基:ジムカーナ>前乗りと後乗りの方法

    ライダーはバイクからグリグリ落ちて、バイクはそれをグイグイ拾うのです。 そのためにはライダーが落ちている間に更に旋回度を増して、 ライダーが落ちようとしているその下にバイクがもぐりこむわけです。 もぐりこむためには角加速度的な加速か、速度的な加速を利用します。 ライダーは角加速度的な加速の場合は横に、速度的な加速の場合は前方に落ちます。
  • 基本の基:ジムカーナ>前乗りと後乗り

    例えばいざ旋回が始まったら何もすることがないのが前乗り。 旋回中もせっせと仕事をするのが後乗りです。 見た目にはフロントサスの余力で判断出来ます。 ボトムしたフロントサスに意図的に荷重、抜重できる余力のないのが前乗りです。 対して後ろ乗りでは、更に旋回すべく、フロントサスの伸び縮みを利用できるように準備されています。
  • 前乗りと後乗りの定義 (新解明国語辞典)

    まえのりとうしろのりのていぎ【前乗りと後乗りの定義】 「どうでもいいことの解説はさらにどうでもよい」の典型例 「よく解からないけれど、とりあえず解説する」の典型例 「間違ってはいないけれど、あまり役に立…
  • 基本の基:ジムカーナ>旋回・立上り

    ジムカーナの旋回・立上りは他の競技と違いぬるくありません。 グイグイ曲がって、ドピュッと立ち上がります。 ジムカーナの旋回時と立上り時のテクニックは、些細なことは多数あるにしても一番のテクニッ…

新着記事

  1. ニュートラルポジションの重要性

    セッティングとライディングにおけるニュートラルポジションの重要性

    ニュートラルポジションの重要性 セッティングに迷った時にはその場その場で対応するのではなく、初期値…
  2. 車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みを構築することで、犯行から取り合押さえまでパッケージ化された対策を練り、具…
  3. 内足荷重と外足荷重のその正体 ~体幹乗りの勧め

    内足荷重と外足荷重 体幹荷重ができるようになると、内足荷重と外足荷重の正体というか、具体的な役割や…
  4. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…
  5. アクセルとブレーキの踏み間違い

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  6. 日常生活の中に急ブレーキの練習を!

    日常生活の中に急ブレーキの練習を! 実は免責対策として 急ブレーキと急ハンドルは厳禁!とか急ブレ…
  7. ABS?

    ECUなんかよりABSでしょ ~#今日のプリウス対策

    何をいまさらABSだとか言いだしているとお思いでしょうが・・・ 結局のところフロントのエアロパーツ…
  8. 逆操舵とバランスと四股とバレエのアン・ドゥオール

    バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  9. リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

    リカバリーと反射神経の関係 マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実…
  10. 肘はライディングのバロメーター

    様々なライディンスタイルやライディングフォームがあり、それぞれ特徴やラデメリットやらがあると思います…
HMV検索
検索する

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »