タグ:神

  • 勝つための走り方(神のなり方) 選ぶ

    選択肢がある場合、「安定した勝利」に近いほうを選びましょう。 皆が「集中」というのだから勝利には「集中」が必要なのでしょう。 ただし集中を邪魔するものを「雑念」と呼んだ場合、「いわゆる集中」は雑念に属すと思ってく…
  • 勝つための走り方(神のなり方) 諦める

    諦めるのは… マシンの動きをコントロール下に置くこと諦めます。 他にやることがあります。 前回とかぶってるようですが、待つために諦めます。 結果を見ない、確認しないうちに、次のことに視線や思考やアクションを切…
  • 勝つための走り方(神のなり方) 待つ (の補足)

    前回の投稿の意味がわからなかった方。 読み返したら自分でもわかりませんでした。 何を言おうとしていたのか、具体的な例を書きます。 「待て」と言っているのは主にステアリング操作です。 ステアリング操作を行っ…
  • 勝つための走り方(神のなり方) 待つ 

    神は言われました 「時が来るのを待ちましょう。」 焦ってはいけません。 ほぼ全ての事柄に所要時間というものが存在します。 それを待たずに行動した場合「思い通りにならない」「やりすぎ」になります。 キーポ…
  • 勝つための走り方 神になる

    それでは、勝つために、「神」になってみましょう。 最初にお断りです。 これから述べることは、、勝てる人と勝ってしかるべし人が対象です。 モータースポーツに限らずですが、実力を競い合う競技では、実力は…
  • 神になる

    神になって見ましょう。 今回、神は、自身を含めたレース現場を上から見てみます。 アイルトン・セナが「自分の走っているところが見える」と失言して笑われたあれです。 斜め上から見た俯瞰図(鳥瞰図)でも真上から見…

新着記事

  1. ライディングフォームとステアリングと転倒率

    転倒が続くと脱落していくのは年配ライダー 転倒率は低いに越したことはありません。 という…
  2. ニュートラルポジションの重要性

    セッティングとライディングにおけるニュートラルポジションの重要性

    ニュートラルポジションの重要性 セッティングに迷った時にはその場その場で対応するのではなく、初期値…
  3. 車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みの構築

    車の盗難防止のための仕組みを構築することで、犯行から取り合押さえまでパッケージ化された対策を練り、具…
  4. 内足荷重と外足荷重のその正体 ~体幹乗りの勧め

    内足荷重と外足荷重 体幹荷重ができるようになると、内足荷重と外足荷重の正体というか、具体的な役割や…
  5. 内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び

    内足荷重と外足荷重と体幹荷重、セナ足再び マルケスのバランス能力のすごさを表現するのに、時代の違う…
  6. アクセルとブレーキの踏み間違い

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から

    アクセルとブレーキの踏み間違い ~個人攻撃ではなくまずは企業努力から 「人身事故の加害者」の取り扱…
  7. 日常生活の中に急ブレーキの練習を!

    日常生活の中に急ブレーキの練習を! 実は免責対策として 急ブレーキと急ハンドルは厳禁!とか急ブレ…
  8. ABS?

    ECUなんかよりABSでしょ ~#今日のプリウス対策

    何をいまさらABSだとか言いだしているとお思いでしょうが・・・ 結局のところフロントのエアロパーツ…
  9. 逆操舵とバランスと四股とバレエのアン・ドゥオール

    バランス能力を鍛えよう バイクはバランスの乗り物、とはいえ意識しなくてもいいし、鍛えてもいいし。 …
  10. リカバリーと反射神経の関係と四股の勧め

    リカバリーと反射神経の関係 マルケスがあわや転倒という場面から神がかり的なリカバリーを見せるのは実…
HMV検索
検索する

Translate:


ページ上部へ戻る
Translate »